jdash 2000 site

DTP・Web制作・CSS・マーケティング・スマートフォン・印刷などの色んなものに四苦八苦しながら次なる営業展開を考える営業部所属の人のブログ



 「日本のお茶は緑茶なのになぜ「茶」色はブラウンなのか」なんてことを聞かれたら、私はこう答えるだろう。「番茶はブラウンだから」と。

 日本緑茶協会のページに「茶色の理由」(o-cha.net)なんてページがありますが、日本茶といえば緑色なんですかねぇ。
記事の続きを読む



まぐまぐ!文庫

 Word・PDFデータを入稿して気軽に自己出版してしまおうという「まぐまぐ!文庫」(mag2.com)がスタートした。おめでとうございます。自己出版(自費出版)の道を開いてくれるこのサービスは歓迎されるものでしょう。

 さて、仕事柄Wordデータってどうなんだ、みたいなところがあり対応のデータを見てみると、Word95〜2002(XP)まで対応とWord95あたりが入っているところがなかなかビックリで、なおかつWord2003に対応していないところがある意味すごいなこりゃと思わないこともないです。新しくパソコン買ってWord・Excelがプリインストールされている人はどうしたらいいのでしょうか。(とはいえWord2002で「開く」から問題ないのか)

記事の続きを読む



 「消費者は価格だけで決定する!」とまでは言っていないが、価格が最重要項目だと結論づける調査結果が「Zubaken.net」というオンラインショップ検索サイトを運営しているファンコミュニケーションズという会社から出てる。

「1年間にネットショッピングする回数、4回以上が6割〜ショッピングサイト検索サービス「ズバケンネット」調べ〜」(fancs.com)

 そもそもこの調査結果・レポートには少々疑問点がある。
 (詳しい調査方法はわからないのだが)この調査の調査対象の18,493名は「Zubaken.net」のユーザーであろう。ということはこのサイトにはオンラインショップを使おうという意欲のある人たちが集っているので、調査対象が「全体の8割以上がすでにオンラインショッピングを経験している。ネットユーザーにとってオンラインショッピングはあたりまえの行動になっている。」というのは、そのサイトのユーザーでは当たり前の結果であって、それをネットユーザーという広範囲の対象に拡大するのはいささか性急ではないだろうか。「あなたの周りで8割の人たちが買い物をしています」という言葉はどうも実感を持って聞けない。主にメールしかしない、という人も多くいるわけで、そういった人たちを含めて8割という数値は疑ってみなければならないと思う。(メールに関しては次項目で)

 レポートでは「欲しい商品を探すためにどのような方法を使用するか」という質問があり、「検索エンジン」が54.9%で、「ショッピングモール」が46.2%で、「オークション」が35.8%という結果が出ている。オークションが35.8%というのは意外な結果だが、それはさておき、検索エンジンがやはり強い。

 これはオンラインショップはやはりSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)が必要であることを示している。これは実は「ショッピングモール」の項目や「オークション」の項目にも当てはまる項目なのではないだろうか。ショッピングモール、例えば楽天で買い物をする際に、ディレクトリを辿る方法もあるだろうが、多くの方は検索のフォーム・ボックスから欲しいものの名前を入れて検索するのではないだろうか。Yahoo!オークションでも同じではないか。つまりは検索されて出てこないのは「告知されていないと同じ」ことを示している。

 さらに「購入する際の重要なポイント」として、「価格が安い」が77.6%、「送料が無料」が54.9%、「セキュリティ対策がしっかりしている」が42.0%、「注文方法が簡単」が37.9%であるとしている。このレポートは簡単なコメントしかないため読み違えてしまうと、「ネットショッピング、利用の決め手は「低価格で送料無料」」(itmedia.co.jp)のような取られ方をされてしまう。もしかしたらレポートを書いている人もそう思ってしまっているのではないかという感さえある。

 ここで先ほどの「探す方法」に目を向けると、いくら価格が安くても見つけられなくては存在しないも同じであるから安い単価で客を惹きつけて多く売って利潤を出すというモデルは成立しない。0にいくら数をかけても0でしかない。もちろん安い商品は消費者に請求力があるため有効であるがそれだけでは中途半端だ。インターネットのような広範囲の市場がターゲットの場合は「安い」商品を作るだけではなく、同時に告知する仕組み作りが必要ではないか。
記事の続きを読む



どこまで下がるか固定発携帯着の通話料,NTT東日本が業界最安値の17.5円(nikkeibp.co.jp)

固定電話発携帯電話着信の料金の値下げ合戦が激しさを増しているようです。

先日、勤めている会社でケータイに発信する際には0038をつけて発信しなさいという連絡が来たばかり。

「0038+携帯の番号」
※ちなみに070は対応していません。私はPHSなのですが(汗)。

0038はIP電話(と書くと今は意味合いが違うか)の雄「FUSION COMMUNICATIONS」の番号だが、1分あたりが19.95円(税抜19円)だそうだ。これは安いなぁ…なんて思っていたらNTT東日本が「ドコモ」に限り1分18.375円(税抜17円)のサービスを始めちゃいました。ちなみにNTT東日本の番号は「0036」です。

NTT東日本:「0036」固定電話発・携帯電話着通話サービス【ご存知ですか?】(ntt-east.co.jp)

フュージョン・コミュニケーションがどのような巻き返しをしてくるか、それと会社の連絡が月曜日にどうなるのかが注目です(笑)。

※番号通知されるのか?という疑問があったので試しに社員のケータイにかけたところ「0038」を頭に付けても正しく発信元の番号が表示されました

平成電電(hdd.co.jp)という電話を取り扱っている会社では、逆に「00847携帯発サービス」(hdd.co.jp)というサービスを行っている。安いのかよくわからないが、1台のケータイでプライベートとビジネスを分けられるのはいいんじゃないかしら。
記事の続きを読む



六本木ヒルズと言えば回転ドアというくらい最近は回転ドアが話題のようだが、回転ドアが何もかっこいいとかそういう理由だけで付けられているワケではないようで。

建築士の人から聞いた話だと、回転ドアは基本的に中から見ればドアが閉まりっぱなしの状態が続いているので、空調(冷暖房)への負担が少なくなり省エネだということ。なるほどそういう理由もあって採用されていたのね(それだけじゃないでしょうけど)。

でも回転ドアは人の移動が直進じゃないし、速度も(基本的に)一定なので車イスとか足の不自由な方には向いていないわけで、バリアフリーではないようで、一長一短といったところ。

そこでこんな回転ドアを紹介された。実際見たことがあるし、通ったこともあるけどどこのビルかは忘れてしました。

神奈川ナブコ<オーバルスター>

この回転ドアは直進で進めるので、普通の回転ドアよりは障害者に対して優しい感じだ。

#そういえば新潟空港にも回転ドアがあったなぁ。確か動く速度が可変なんだけど、意味があるのかしら。
記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索