概要 大日本印刷応援歌「バーニングDNP」というものがあるらしい。タイトルからして熱い曲だが、そもそもバーニングは印刷会社としてタブーの言葉ではないだろうか?

20140203-大日本印刷応援歌-バーニングDNP-01

画像出典:DNP大日本印刷応援歌【バーニングDNP】(YouTube)


TwitterのRTで「大日本印刷(DNP)の応援歌がヤバイ」とか流れてきて、YouTubeで聞いたら腹筋崩壊な歌だった。

歌が松崎しげるさんということで「熱い曲」は確定過ぎるので嫌な予感がしますが、歌詞はこんな感じ。



20140203-大日本印刷応援歌-バーニングDNP-02

チャレンジを 忘れたら

心は重たい ただの荷物

ときめけよ

きらめけよ

炎の勇者にふさわしく


時代の風を熱くして

試練の夢を虹にして

瞳は未来をターゲット

アアアア


バーン バーン バーン バーン

燃えろ 燃えろ

バーン バーン バーン バーン

燃えろ 燃えろ

燃えろ バーニング DNP

DNP大日本印刷応援歌【バーニングDNP】(YouTube)

※太字は筆者


いや、この歌詞を見て、印刷会社は基本的に紙を扱うので火気厳禁で、燃えろ燃えろとか言われても「それは受け付けられません」(真顔)と返すしかない。


大体、なぜ最初に「炎の勇者」にしてしまったのだ。

企画段階でもうちょっと何とかならなかったのか?



…といっても、現在の大日本印刷は出版の印刷や商業印刷だけをやっているわけではない。


電子書籍・秀英体(書体)への取り組み・ICTソリューション・ビジネスフォーム(帳票)・ICカード・デジタルサイネージなど、様々な分野へ活躍の場を広げている。


さらにディスプレイや半導体製品の電子デバイス、太陽電池や細胞培養で使用するツールといった印刷とは一見、無関係に見えそうな分野にも手を広げています

20140203-大日本印刷応援歌-バーニングDNP-03

画像出典:製品・サービス(DNP 大日本印刷株式会社)


IR情報のページを見ると、北海道コカ・コーラボトリングが子会社として所有しているなど、結構身近なところに大日本印刷が関わっていることがわかります。


どんなものなのかと有価証券報告書等を見てみると、第2四半期連結累計期間(2013年4月1日〜9月30日)の清涼飲料セグメントの売り上げが26,146,000,000円(261億円)と結構あって驚きました。一体何の会社なんだ(笑)。


とにかく色んな分野に進出しているので、単純に「印刷会社だからバーニングはあかん」と思わず、他の歌詞の「言葉はトライがキイワード」の精神で進んできたので、とりあえず良しとしませんか(誰に言っているんだ)。


オチはありませんが、情熱を持って仕事に取り組むことはイイと思います。



それでは、バーニング!


●情報元


DNP大日本印刷応援歌【バーニングDNP】(YouTube)



●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索