2005年11月の記事一覧



iTunesでPodcastを聞いていて思った。

iTunesでRSSを読む

よくPodcastを配信しているサイトでは『この画像(RSSにリンクしている)をiTunesにドラッグアンドドロップしてください』と書いてある。


iTunesはRSSを読み込んでMP3などの配信状況を読み込んで、自動的にダウンロードしてくる。同じようにMP3だけではなく、HTMLのようなコンテンツを読み込んできて、表示することも可能なんじゃないか!?と思った。つまり普通のRSSリーダーとして使うことができるのではないかしらと思ったわけだ。そう思ったのはiTunes Music Store(iTMS)みたいな表示ができるのであれば、RSS内のHTML的なコンテンツくらい読み込めるろ?と思ったのですが、結果は失敗。

iTunesでRSSを読む2

テキストくらいなら展開ができそうな気もするけどなぁ(というかSafariっぽいコンポーネントでなんとかなるだろ?)。これができれば、世の中にあるアプリケーションとして考えて、インストールされているRSSリーダーとしては最もインストール数が多いものが誕生するような気がするのですが。Google Reader・はてなRSS ReaderみたいなWebベースのものは別ですが。

とにかくRSSを普及させたいのならば、最初からRSSリーダーがインストールされているえばいいわけで、その器としてはiTunesが最適なのではないかと。RSSを読むにはRSSリーダーをインストールして…とかじゃなくて。iTunesに何でもドラッグアンドドロップしてくださいで完結できればRSSの認知度の向上も簡単な気がするわけです。
記事の続きを読む




来年は戌年(いぬどし)。犬年とは書かないわけだが、そんな犬用の高級おせちが登場。
いやぁ5万円ですよ。5万円。みんな大好きセブンイレブンでは人間用おせちはどうなのよ?と調べると、おせち三段重が15,750円。イトーヨーカドーの二段重は21,000円。全然敵いませんな。

セブン-イレブン・ジャパン ニュースリリース
イトーヨーカドー おせち料理

 老舗の味など高級志向のおせち料理の人気が高まる昨今、愛犬用に5万円のおせちまで登場した。来年は戌(いぬ)年とはいえ、お犬様はそんなに豪華なものを食べる時代なのだろうか。【浜田和子】

 全国的に愛犬用のおせちは90年代から出始めたが、当初はペットフードや干物の詰め合わせ程度だった。最近では百貨店やペットショップで1〜2万円前後のおせちも登場している。

 5万円のおせちを売り出すのは、生活デザイン会社「シュウ」=東京都練馬区、小泉秀章会長(65)。グループ会社の高級仕出し割烹料理「日展企画」(同)が製造する。
livedoor ニュース - [おせち料理]お犬様用に5万円 親心くすぐる商品に


でもまぁこういう商品が出てきたということは家族構成の中で犬が非常に大きな位置を占めてきたといえるのではないか。猫ではなく犬がというところもツッコミポイントなのだが、これは比較的小さなペット売り場で見る限り犬の販売ゾーンが大きい(=需要が多いと見るか、販売促進しやすいからと見るか)からとも言えなくもないので、言及は避けておく。

普通の百貨店のおせちが21,000円しかしないのに犬用が50,000円ということは人間があまりいない家庭というか子どもがいない家庭が多く増えてきたということもいえるのではないだろうか。だって犬が50,000円で人間の子どもがそれ以下ってちょっと愛情の傾け方が歪な感じがするでしょう?

ということはやはり最初から子どもがいないとか購入者の他に人間がいない(つまり独り暮らし)という市場が大きくなってきたということが考えられるね。実際最近の出生率もあまり高くはないし(国立社会保障・人口問題研究所によれば1.29人)、グラフを見ればどう見ても減少の方向にしか向かっていない。

出生率(合計特殊出生率)は、低下が始まる前、1971年の2.16から、2004年には4割減の1.29になっています。この数値は長期的に人口を維持できる水準(人口置換水準)の2.07よりかなり低く、人口減少、人口高齢化の促進につながります。
出生数及び合計特殊出生率の推移



「404 Blog Not Found」で「子どもが減って何が悪いか!(赤川 学 著)」の内容に触れられていたので引用(孫引きは良くないのだが)。
著者のスタンスは、子供を生む自由も生まぬ自由も双方保証されるべきで、そしてどちらかの選択をした場合も選択に対するペナルティーを課すべきではない、というものだ。よって目指すべきは、少子化そのものを解決するのではなく、少子化が社会問題化するのを防ぐことをもってよしとする。出生率を上げるのではなく、出生率に依存しない社会体制を確立することが肝要なのだと著者は説いている。

このアプローチ、すなわち「出生率に依存しない社会体制の確立」に私は賛成なのだけど、しかしそれが少子化の根源的な問題を解決するともまた思わない。
404 Blog Not Found:子供が減るのが悪い理由


本書を読まないで書くのは気が引けるが、生まない場合のペナルティというものは日本に今現在あるのだろうか。生んだ場合の優遇措置はあるかとは思うが、ペナルティは明らかに言葉としては罰というかそういうものでしょう。罰金でも取られるのでしょうかね。

確かに「出生率に依存しない社会体制の確立」は重要なんだけど、結局の所、社会体制って言葉ってなんなんだろうな、と思ってしまう。出生率の問題って詰まるところ、金の問題に大きく結びついてしまうわけですよね。年金はわかりやすい例ですけど、労働力の低下による税収の落ち込みで社会保障が減ってしまうという問題があるわけでしょう。そこのところは残念ながら国の財政に合わせて質の低下は仕方ないと割り切るしかないような気がしますけどね。

もちろん国の歳出の見直しを含めて考えていかないとダメですけどね。入ってくるものが少ないのであればそれに合わせた予算にしないと。今の国会の議論やテレビや新聞の論調は何となく今の状態を何とかして維持したいという所からスタートしているからなんかおかしな話になっているような気がする。絶対今の水準を堅持みたいな。借金大国の日本がそうした贅沢を言っている場合じゃないと思うのですがね。

あとiTunes Podcastで聞いている「Japan Now」という番組で「1918年頃の世界の人口は12億人」という話が出ていた。そう考えると人口が減ることに関して敏感になっているけど実際100年くらいで5倍に人口が増えたわけだから、今までがちょっと異常だったのかもしれませんしねぇ。まぁこれは世界全体の話で人口増加は局所的な問題が原因かもしれませんが…。

livedoor ネットラジオ/ねとらじ
鳥インフルエンザの恐怖&駐留費分担額(mp3形式)


犬のおせち料理の話は、少子化と大きく結びついていて、この流れは今後しばらく続くのではないかな。国がマジで緊縮財政を行って社会保障が薄くなってくれば、こうした愛情のかけ方は減ってはいくのだろうけど(=自分たちで精一杯)、当面はトレンドと見ていいと思う。同じ考え方で子どもがしていることをすべてペット(犬)にやらせるサービスだってビジネスとしてはうまくいくかもしれないね。七五三の写真撮影とか(犬の歳の取り方は人間の8倍だから微妙だが)だっていいじゃない。最近は子どもの写真撮影もかなりお金を掛ける人が増えてきているというし。

あと、自分も犬を飼っていて思うのだが、残念ながら犬の寿命は人間よりも短い。そうした儚いところが、犬の高級おせちという「良いものを食べさせたい」という心情を生んでいるのかもしれないね。そういう気持ちは買っていた犬が死んでしまうと何となく分かるよ。



* * *


 犬の食べ物に詳しい研究者たちを紹介してもらい、「ネギ類、チョコレート、ブドウの皮はダメ」「高血圧になりやすい塩分、虫歯や肥満の原因となる糖分は人間よりはるかに薄く」などのアドバイスを受けた。料理長の追川明さん(50)と4年間研究。社員の飼い犬にも協力してもらい、犬の好みを取り合わせた品々を開発した。
livedoor ニュース - [おせち料理]お犬様用に5万円 親心くすぐる商品に


子どもの頃、買っていた犬にビックリマンチョコを食わせていたぜ。ありゃぁ。まずかったのかね、あれは。

記事の続きを読む



以前は丸数字(○の中に1)とか、一文字で(株)みたいないわゆる『機種依存文字』といわれた文字がWEBやメールで使われていると、なんじゃぁこのウェブサイトの制作者は…とか、MacとWindowsで見え方が違うんだよ素人が(笑)…とか思っていたのですが、どうやらそういった古い常識は段々的はずれになってきたみたいですね。

こんなことを思ったのは、会社のお問い合わせのフォームから送られてくる内容に機種依存の文字が含まれている場合が結構多く、たぶん○の中に1とか2だろうという文字が、営業窓口のWindowsのメールソフトで受信すると、「(日)」「(月)」に変わってしまう現象が起きているのです。私が勤めている印刷業界は、まだまだMacOSな方々が多いため、当然のようにそういった機種依存文字を使っても問題はないと考えているのでしょうけれども、残念ながら(私を含めて)メールの受信の多くはWindowsだったりします。

結果的に、正しい意思疎通が行われない場合が多くあり、何とかならないものかなと思って、WEBを検索したりしていると、AllAboutで以下のような記述が。

もう1つの解決策として、文字コードに UTF-8(Unicode)を使うという手もあります。 Unicodeは、世界の文字を共通の文字コードで表現するために作られたもので、丸囲みの数字も定義されています。 ですから、UTF-8 などの文字コードで保存できるテキストエディタを使ってHTMLを記述すれば、普通に丸囲みの数字を使っても、文字化けすることはありません。
丸囲みの数字など機種依存文字を使うには - [ホームページ作成]All About


マジですか。そうなんですか。と思って会社のブログで実験してみると確かに「○の中に1」はMac・Windowsともに正常に表示できる。これは意外…というか文字コードの仕組みをよくご存知の方なら、当たり前なことなんだろうけど、機種依存文字という言葉の呪縛にとらわれている人にとっては「○の中に1」などという文字は「絶対悪」という考えしかなかったわけです。

そんなわけでメールもUnicodeにすれば良いのでは…と思い、メールソフトを調べてみました。MacOS9で一番よく使われていると思われる「Microsoft Outlook Express」は大丈夫。MacOSXではどのメールソフトがよく使われているか分からないけどとりあえず標準装備の「Mail」は当然OK。営業が使っているWindowsの「Microsoft Outlook」は大丈夫。私が使っている(笑)「Justsystem Shuriken Pro4」はOK。

だったらまぁOKなのかなと。

メール送信には MIME::Lite モジュールを使用しました。日本語などを扱うときに問題になるのがエンコーディングですが、ここでは Subject は UTF-8 + B エンコード、本文も UTF-8 として送信するようにしました。近頃の MUA であれば UTF-8 でも問題なく読めますから問題は少ないでしょう。どうしても無理な場合は ISO-2022-JP などに変更する必要があります。
Blog Developer's Cookbook : RSS をメールで送信する


という感じで、UTF-8で送っても多くは問題は発生しないのではという方も世の中にはいらっしゃいますからね。あえてフォームから送信された内容をJISに変換して文字化けとかよりは、入力した状態をそのまま送信できる方がツールの使い方としては正しいのではないかと思うわけですよ。(まぁ、Windowsでユーザーの多いとか言われているBeckyは古いバージョンだとUTF-8には対応していないという社内からのツッコミもありましたが…)

で、会社のCGIをちょこちょこって直して実験してみたらうまいこと行きました。サブジェクト(タイトル)はさっきの引用に書いてある「Bエンコード」がちょっと分かっていないので、ISO-2022-JPのままですが、会社のフォームから送るメールは既にサブジェクトが決まっているので文字コードの変換による文字化けなどの恐れはないので良しとします。まぁ「Bエンコード」がわかったら取り組みますが。

そんなわけでMac・Windowsともにフォームからのメール送信が良くなったわけです、が、まだ正式に動かしていません。11日に会社の通信回線をADSLから光回線に変えたので色々な問題が発生しそうで、トラブルに巻き込まれないために今は前のまんまです(弱気)。

※自分の家からはFTP接続ができなかったり。(古いIPアドレスで接続しようとしている)


ホームページもお客様の依頼の中にあった「○の中に1」を使ってくださいという要望も、UTF-8をWEBのエンコードにすることで解決しそうで良かったです。ええ。(今までは(1)にしていた。)
記事の続きを読む




ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索