2006年05月の記事一覧




なんかPだかQだかなんだか知らないけど、なんとか情報の保護のために社内のMacOS(Classic)撲滅するとかいう話が。

なんだそれ。ふーん、世の印刷会社でなんとかマークを取っている会社はMacOS(Classic)はないわけだ。初めて聞いたな。

なんかWindowsMeもダメなんだとさ。へーそんなんどこに書いてあるのかねー。ソースを見たいよ、わたしゃ。


記事の続きを読む





PDFの変換冊子の残り数も段々減ってきて、まぁ良い感じ。でもDTP WORLDのプレゼントは何も言ってこないってことは反応が悪かったんだろ。残念だ。orz


で、今度は100ページ超で作れとか。それもA4で。

あふぉか。制作はオレ1人だぜ。(今あるPDF変換冊子はQuarkXPress3.3→InDesignCSへの変換作業で3名程手伝ってもらったが…)


とかいっても9月にはちょっと人事異動で自分の立ち位置が無くなりそうなんですけどね。あはは。ワガママばっか言ってらんねーか。だってサラリーマンだもんね。(^-^;


記事の続きを読む




しっかし、何だか分からんが、突然来月からスーツ着てこいとか言われた(社長に、じゃないよ)。意味わかんねー。全然わかんねー。

外に出ないのに。誰も来ないのにー。(というかそういう部署なんだけど)

単なる気まぐれで言っているようだったので付き合うには付き合うが、社長には「社長が言ったんですよね!?(^-^)」ときちんと聞いておかねばならんな。


記事の続きを読む



コメント欄に対して言及するのもアレなんだが。
DTPの勉強会
DTP初心者です。勉強会本当に参加したかた。距離の問題?(正直いうと$$$の問題)大阪までいけない。次回の勉強会ネットカメラ発信でも(すくなくても)音声公開していただけないでしょうか?SKYPE系の通信方法もあり、日本全国のDTPにこまっている皆さんも大歓迎!!世界の皆さんも大歓迎!?
InDesign居残り補習室 「DTPの勉強部屋」 ブログ、スタート

Podcastということも良い発想ですねぇ。

ただ、DTP関係の話だとどうしても画面の移り変わりとかどうなってんの、とかが欲しくなることが多いと思うのでそこをどうするかが問題かなぁ。VidePodcastといってもファイルサイズとか転送量の問題とかが発生しそうですしねぇ。

コメントに出てくるSkypeですが、Skype 2.5βではSkypecastという100人まで通話に参加できる機能があります。コレを使えば、音声だけですが、非常に多くの人たちがリアルタイムに参加することができますね。(SkypecastってのはShoutcastとかLivedoorねとらじの双方向版だと思えば良いと思う)

うーんビデオかー。それを実現するには、まぁ簡単なのはWindows Media エンコーダーでストリーミング配信することかな。設定だけ見れば結構簡単そうに見えるけど、ビデオなので帯域が問題かも。(^-^; あとMacの人見れないし…。(あ、SkypecastってMac対応していないや…ゴメン)


1対1ならYahoo!メッセンジャーのVideo機能とかがあるのでいいのですけどねぇ…。


新潟ではあんまりDTPの勉強会なんちゅうのは聞いたことがないので(メーカーさんのはたまにあるみたいですが)、こういうのが遠隔地でも参加できればとても良いなぁと思いました。


もし勉強会の内容の配信が「有料」とかなるのであれば(回線費用や手間などを考えれば多少は仕方がないだろうね)個人でも導入できるマイクロペイメントの「はてなポイント」や「Livedoor POINT」を使うと良いかもしれませんね。


■関連ページ



ラジオ日経では既に放送にSkypecastを使ったみたい!
すごいね。ちなみにLivedoor動画ニュースLive!ではSkypeを使っていますよー。



人にあげられて、リアルマネーに還元か、物を実際に買えるのは以下の2つ以外に何かあるのかな?

記事の続きを読む



Skype Livedoorインターネットの無料電話ソフトといえばSkypeですがSkypeをWindowsMeのマシンに入れようと思ったけど、どうやらSkypeはWindows2000以降の対応らしい。
対応OS: Windows 2000 Professional, Windows XP Professional / Home Edition
livedoor ダウンロード

気にせずインストールしてみようと思った(笑)。

結果としてはインストールの画面は文字化けが起こっているけど「I Agree」っぽいところや「同意します」みたいなところを勘でクリアすればすんなりインストールできました。


自分のアカウントでログインして、コンタクトリストがきちんと表示されることや、SkypeInできちんと電話を受信して音声通話もできました。


でもきっとWindowsMeだとOS的に不安定なんだろうなぁと思ったり。長時間通話しても大丈夫かどうかは不明。


あと、マシンがAMD K6-IIIのマシンなので貧弱。音声通話やチャットくらいなら良いけど、Skype Video機能は無理だろうなぁというところ。(試していない)


使ってみて何か気づいたら追記しますー。

記事の続きを読む



国分太一レディオボックス国分太一レディオボックスを風呂の中で聞いていた。(現在新潟では土曜日の20時からの放送になっている)

そんで、投稿者の中にkinsen1715だっけな、東大に毎年何名か入るような高校に入った娘(エンディングの雰囲気から推測するに女性だと思う)が、「ギリでこの高校に入ったから受験後の春休みに猛勉強して春のテストで1番を取りました!」っていう話が。受験後にまたすぐに勉強かぁ。今の大学生にも聞かせてあげたいZE。


いやーすごいね。こういう子がいるんだーって思った。


オレは高校に入ったは良いけど、あんまり勉強しなくて最初の英語のテストで赤点取っちゃったよ(笑)。


で、そのあとの「ノットオンリー」というコーナー(ノリだけですすめるコーナー)で「線路は続くーよー 親の敷いた線路だけどー」とかあったのがちょっとスタッフなりの返しなのかもしれないなぁと思った。

ああ、Wikipediaによれば知らないうちに好きだった「そこでエンドロール」「今夜もナイスショット」が終わっていたよー。Σ( ̄口 ̄;)!!
あと結構放送の曜日が違うのね。通りでTechnoratiで検索しても出てこないわけだ。
記事の続きを読む



西新発田イオン妹と母親が新発田のイオン・ジャスコに行きたいと言うので、場所をlivedoor Mapsで行き方を調べて向かった。

というか今、そこにいるわけだが、なんか新潟のショッピングモールっぽくない作り。床が絨毯張りというのもあるかもしれないが、天井が高くて非常に解放感のある気持ち良い作りに仕上がっているなぁと思った。

中はジャスコ側は生鮮食品売り場以外なんか適当な感じだが専門店街は女性向けの店舗がほとんどな気がする。これはかなり時間が潰せそうなところだなぁ。

レストラン街はあんまりないサラダバーがある店舗や和食っぽい洋食みたいな店舗や卵料理専門の店舗などがあった。2階にもさぬきうどんや鉄板焼きの店舗があり食べて帰りたいところだが、まぁ自分の家で食べることに。ほかにはマックやミスドや31アイスクリームもあった。(でもマンゴーのクレープと31のアイスを食べた)

新新バイパスを使えば、新潟方面から来た場合、新発田のIC(?)で直進し続ければ着く。何もなさそうな西新発田駅の前。(あとでエントリーに地図のリンクを入れる予定)場所はわかりやすいな。新発田まで来たときはぜひ!(って誰に向かって言っているんだ)


関連ページ



記事の続きを読む



mixiログイン画面
mixiのコミュニティでトピック立てるまででもない質問はこちらへというのが良くあるけど、実際どうなのかね。

あとで検索する時にトピック名ですぐに内容を判断できないからやりとりを埋没させるだけの悪法な気がするのだが。


トピックが乱立するからヤダ!ってのは分からないでもないけど、「トピック立てるまででもない質問」ってどこからがそうなのか分からないし、「初心者の質問はこちら」とかはどこまでが初心者なのかがよくわからない。


これって単なる階層構造を作っているだけな気が…。ちょっと気持ち悪いね。というか気分が悪いね。



大体「トピック立てるまででもない質問」とかの質問&回答&補足&補足要求は複数の質問&回答&補足&補足要求が入り交じってしまうことがあるから読みづらいったらありゃしない。mixiのプロユーザー(?)はそういうことを考えないのだろうか?(私はmixi初心者ですが)


これからは検索を含めた2次利用を考えて1トピック1Permalinkじゃね?とか言われている時代にこういうことを考えたのは誰なのであろうかと思ってしまう金曜日の夜なのでした。


#掲示板じゃあんまりそういうのは見ないのにな…。


関連文書



記事の続きを読む




ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索