2009年07月の記事一覧



えーっと、今は…2009年だよな…。
なんかの見間違いだろうか…(笑)



4GB・SCSI接続で19,800円!



4TBじゃなくて4GBで、
eSATAじゃなくてSCSIだよ!


まぁ、なんか聞いた話だと、Apple純正じゃないとMacが起動しないらしいんでこういう価格になっているとか。
記事の続きを読む




DTP Booster 05 タイトル

「DTPに関する技術やノウハウを学びユーザー同士の結び付きを強めるためのセミナーイベント」である“DTP Booster”も第5回目を迎え、ますます内容が充実したものになっていますね。

DTP Booster 05

日時は2009年8月27日(木)14:00〜17:30です。



今回のセミナー講師の方々は
  • 市川 せうぞー さん
  • 森 裕司 さん
  • 大石 十三夫 さん
  • 杏珠 さん

です。


みなさんブログやウェブサイトを運営していらっしゃるので、ご存じない方はリンクを張っておきますのでよろしければどうぞ。




内容は
  • 「InDesignの10問20答 〜2009夏の陣〜」
  • 「あえてInDesignの常識に軽〜くツッコミを入れる」
  • 「InDesign上で作れるグラフィカルなページの制作方法と、ユーティリティを使っての作業効率化の方法 〜ゲーム雑誌・スキー雑誌の現場から〜」

となっています。詳しくは以下のバナーをクリックだもんげ。

DTP Booster 005(Tokyo/090827)(2009年8月27日、大塚商会セミナールームで開催)

記事の続きを読む



xfy Blog Editorってのはジャストシステムが開発したブログエディタ−。Windows Live Writerに変わる何かがないかなーと思って見つけた。

↓これ

*ブログ記事作成・管理ソフト xfy Blog Editor

さっそくインストール。

こんな画面でエディット。

スクリーンショットは貼り付けると一旦名前を付けて保存しなければいけないのが面倒。あと、その場でトリミングできないのか。面倒だのぉ。

また、見ての通り、なんだかサムネイルの縮小画像がとっても残念になっている^^;

画像編集は一旦ファイルに保存して、「画像ファイルの編集」という機能を選択すれば編集ができるが、透かし文字が実は透かしになっていなくて普通の文字入力になっていたりとツメの甘さが見受けられるね。

あと、画像を上書き保存の時に上書きしても良いですか?って聞いてくるのは止めて欲しい…。

画像の貼り付けなどはWindows Live Writerならもっと柔軟にできるのに…。(でもWindows Live Writerはlivedoorブログに非対応…)

むぉー。もうちょっとがんばれ、ジャストシステム。

記事の続きを読む



そろそろ投票の期間も終わるんだけど貼っておこうかな。投票は7月31日までですー。


ってなわけで「DTPでライセンスフォントを使用していますか?」というアンケート。
回答は↓から。


*[8010][アンケート]DTPで「ライセンスフォント」(フォントレンタル)使用していますか?


今見ると、3割くらいの人が知らないって答えているんですが、まぁダイナフォントで制作していれば要らないし、古いMac環境で作業していれば必要ないわけで、必要なければ知らないですわな。。


※LISLOGが変更されて使いづらくなった…orz
記事の続きを読む



会社に行く途中にある看板。

ポンプ


日本語の文字というものは柔軟なんだなぁと思える看板ですな。


「ポンプ」の「プ」の「゜」(半濁点)が「フ」の右下に。
これでも普通の人は「プ」と読むのだからすごいですよね。

これはやはり字面を大きく見せるために空いている右下に「゜」を入れたのでしょうけれども、じゃぁ…と言って「フ」の右下に「゛」(濁点)は付けないことも明らか。

これは「゜」の図形としての形に方向性がないのに対して「゛」の図形としての形に方向性があるから、という違いも関係しているのではないかと思います。


また、同じように「ホ」の右下に「゜」(半濁点)だったら誰も「ポ」と読まないことも明らか。不思議なものですね。



※下に書いてある「(株)川崎ポンプ店」は普通に書いてある。
記事の続きを読む



うわー。
↓ここにある活字がばらけてしまったら本当に大変そうだなぁ

活版印刷


活版印刷(活字の印刷)については全然わからないのですが、本文中の文章に寄れば、文字の大きさ毎に並べられているというので、阪神大震災の時には元の状態に戻すのは大仕事だったでしょうねぇ…。


エントリーの冒頭の段落で
いまでは活字を作っている所が無く,活字製造をやめる前に100万円分ほど注文した活字が使えなくなったら終わってしまう技術です.
*活版印刷: item-s design blog

って書いてあったけど、雑誌か何かで、機械を使って活字を作れる人が掲載されていたなぁ。その雑誌か何かには活字が壊れても、また活字を作るみたいなことが書いてあったような…。


とはいえ、そういう技術を持った人も数少ないのでしょうけれどもね。


活字の印刷は味わい深い印刷(&印刷としても誰にでもわかりやすい印刷方式)なので、最近また静かなブームとか。ウチの近くにも活字がある印刷会社さんってないかしら…。
記事の続きを読む



ベージュ色のMacも最近あまり使わなくなりました。
結構CPUとかをパワーアップして使っていましたが…。
私が業務で使っていたのはPowerMac7300だったような気がします。

PowerMac7300
*Power Macintosh 7300/180
(↑の解説で「16MBのRAMを標準実装」にコーヒー吹いてしまった



そんなわけで最近のモダンなMac(昔のMacだって当時としてはモダンなんだろうけど)は壊れやすいんじゃないか?というご意見が。

どーもMacの外装デザインがオシャレになってからというもの、こういう動作不良でマシンがお釈迦になることが激増したような気がするのは、私だけでしょうか?
…って、行きつけの中古Mac屋さんも似たようなことを言っていたような。
ボディがアイボリーの頃のMacの方が多少の無理をしても、結構へっちゃらだったような気がするのですが。
とはいえ、Macって今でこそ一般市民でも手に入りやすい値段で販売されているけれど、アイボリーの頃のMacって1台数10万円の世界だった分頑丈な作りだったのかな?
なーんか、イマドキのカメラ事情とちょっと似ていませんか?

*Rue de Petite Photo : 発狂寸前のキャリブレーション


うーん…。
確かに電源周辺の機器などは異様に頑丈だった気がしますね。
マウスやキーボードもなかなか壊れない(笑)。いや、使っていたのは標準のマウスと拡張キーボードでしたけど。


ただ、ディスクに関してはどうかなぁ。頑丈だったかなぁ。
うーん、うーん(忘れた)

ディスクは物理的に壊れるというよりは、論理的に壊れる(カタログB-Treeが壊れる)方が多かった気がするので、起動はCommand+optionキー押しながらでデスクトップファイルの再構築ーみたいなことをかなりの回数やっていたように思えますね。


最近のMacはベージュの頃のMacに比べると発熱量がかなり多くなっているように思うので、電源ユニットや基板などへの負担もかなりあるのでしょうね。だから壊れやすいのではないでしょうか。


Rue-de-Petite-Photo 発狂寸前のキャリブレーション
*Rue de Petite Photo : 発狂寸前のキャリブレーション
記事の続きを読む



ほうほう。

シルク印刷って、正直よく知らないのですが(業務内容がオフセット印刷のため)こうやってやるんですねー。ブログでこう言うのが知ることができるというのは良い時代になったものですねぇ。

シルク印刷
*A1サイズの印刷: シーガルハウス ブログ [東京・神奈川/シルク印刷]


大きなサイズの印刷も2度刷りすることでOK。
理論的にはもっと大きくても3度刷り、4度刷りをすればできるってことか(笑)。大変だとは思いますが


それにしてもなかなか味のあるデザインの印刷ですな〜これ。おもしろい。(ブログには印刷されたものの拡大写真もあるよ!)
記事の続きを読む



オーバープリント禁止モードがあればいいのに…そう思ってしまう今日この頃です。皆様こんにちは。



正直なところ、アクションでオーバープリントの解除するのと、JavaScript(ExtendScript)でオーバープリントを解除するのはどちらがよいのかな?




(スウォッチパターンの中のオブジェクトのオーバープリントはともかく)こうやって普通にアクションでオーバープリント解除する場合、何か問題点ってあったっけ?


あとIllustratorの書類のカラーモードがRGBモードのドキュメントでもオーバープリントが設定できるって意味わからんけど、設定できるのはなぜなんだぜ。(特色以外適用されないですが)
記事の続きを読む



昨日書いたエントリー「*Amazonのオススメは一体何をどうして欲しいんだ?(DVI・RGB(VGA)・HDMI変換アダプター編)」の続き。


Amazonのオススメがちょっとそれは方向性が間違っていない?っていう話だったのですが、今回はその逆。

私のAmazonのオススメのページの話。(←*Amazon.co.jp: おすすめ商品;皆さんそれぞれのオススメの商品が表示されます)


リコメンドサービスがばっちり効いた結果がコレだよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事の続きを読む




ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索