2016年03月の記事一覧



20160321-Creative-Cloud-Typekitの日本語フォント-00

Adobe Creative Cloudの契約をすると、印刷やWebで使用できるフォントが選べる「Typekit」というサービスも使えるようになります。

Typekitって、欧文フォントは充実しているけど、和文フォントはほとんど無いよね?という印象がありました。

しかし、そんな時代は終わりました。

いつの間にやら、日本語書体がかなり増えていました!


実際の所、2015年10月から使えるようになっていたわけだけど、Typekitって最近まであまり関心がなかったもので(汗)

今日の基調講演の中で、日本視点からの注目ポイントとしては、Creative Cloudのフォントライブラリサービス「Adobe Typekit」へのモリサワ書体とグループ会社タイプバンク書体の追加が挙げられるでしょう。

日本時間の2015年10月6日から、Creative Cloud のサブスクリプションユーザは、追加費用なしでリュウミン、太ミンなど計20書体の一部ウエイトが使用可能となります。

Adobe MAX 2015基調講演レポート:さらに進化するWeb制作環境 すべてがつながるCreativeSync、レスポンシブデザイン対応のMuse、TypeKitのモリサワフォントサポートなど(Adobe Creative Station)


Webフォントを使い始めて、Typekitに関心が出てきたので、覚え書き的に現時点でAdobe Creative Cloudユーザーが使える日本語フォントを紹介します。


記事の続きを読む




20160318-Illustratorの文字組みや詰めをWebで再現する-00


●Webでタイポグラフィはムダ?

はてなブックマークで話題のページでこんな記述がありました。(以下は原文ママ)

文字の間隔や改行位置がデバイスやユーザーの環境によって変わり同じ見た目を保証できない中、それをコントロールすることに注力すべきでしょうか?それを実装するエンジニアの工数は効果に見合ったものでしょうか?ユーザーはどんなメリットが得らるのでしょうか?何をもって美しいタイポグラフィとするのでしょうか?

Dear Web designer(Medium)

なるほど。

でも、作り手の苦労はクライアントからしたら結構どうでも良くないですか?


クライアントも、何の考えもなしに「紙とWebって同じようにできませんかねぇ」と言っているのではなく、(レイアウトやタイポグラフィ含め)印刷物で表現した世界観をWebでも同じように再現できれば、「紙のカタログは凝っているけど、ウェブはちょっと違うな…(メイリオフォント)」みたいな世界観の断絶を少しは和らげられるのでは、と思って発言されているのだと思います。

それをメディアが違うから…と頭ごなしにバッサリ切ってしまうのは、少し違うと思うのですよね。(もちろん考えなしに発言する人も多いでしょうが)


当然、コストの問題もあると思いますので、(改行位置はともかく)ユーザーの環境で同じように見えて、工数が少なければ良いのか!(ポジティブ思考)と考えて、Illustratorで制作したタイポグラフィ・文字組みを同じようにWebでも反映したいという要望に敢えてチャレンジしてみました。


記事の続きを読む



20160312-Photoshopでプレデターを出さずに雑に家を消す-00

Photoshopで「画像の中にある●●を消す」といった作業は画像編集でよくある作業だと思います。

togetterで「初心者のPhotoshop加工はプレデターが生まれる→「例えが秀逸」「あるある」と腹を痛めるTL」というまとめがありました。その最初のツイートがこれ。


おもしろい例えですね。スタンプツールで補正をすると、同じパターンが連続してしまうパターンです。

Photoshopで●●を消す作業の基本はスタンプツールですが、スタンプツールでチマチマ消す時間もない!という方には塗りつぶしの「コンテンツに応じる」がオススメです。

今回はこの機能を使って、雑な作業の割にサクッと建物を消す方法を紹介します。(Photoshop CC 2015を使用しています)



記事の続きを読む




ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索