2016年10月の記事一覧



20161022-Google-Fontsでフォントが見つからなかったときの顔文字-00



●Google Fontsのページがリニューアル

Google Fontsのページがリニューアルされ、モダンな感じのサイトに変わりました。

Google Fontsのサービスは、ウェブページで使えるフォントを提供しているページで、指定の通りにHTMLやCSSを角だけで、様々なフォントが使用できるサービスです。


日本語のWebフォントも試験的に何種類か追加され、9種類から選べることが話題になっていますね。

閲覧者のPCにフォントがインストールされていなくても指定したフォントを表示できるウェブフォントは、閲覧者の使用環境にウェブサイトのデザインが左右されないため非常に便利なのですが、アルファベットとは違い文字の種類が多いため日本語に対応したウェブフォントが少ないのも事実。そんな中、Googleが日本語フォント9種類をウェブフォントとして試験的に無料公開しています。

(略)

ウェブフォントとして利用できるようになったのは以下の9種類。もともとGoogleは独自開発したフォント「Noto Sans Japanese」を日本語フォントとして公開していましたが、今回はそれに加えて、「M+ FONTS」や「はんなり明朝」といった日本語フォントがウェブフォント化されています。

無料で使える日本語ウェブフォント9種類をGoogleが公開中(GIGAZINE)
記事の続きを読む






ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索