概要 出典:えきねっと(JR東日本)|えきねっとトクだ値:えきねっと限定の割引きっぷ JR東日本が運営しているネットでキップが買えたりする「えきねっと」はご存じですか? 私は存在自体は知っていたのですが、全然使ったことはなかったです。 しかし、先日知人から『「え
20120609-JR-えきねっとトクだ値-00


JR東日本が運営しているネットでキップが買えたりする「えきねっと」はご存じですか?

私は存在自体は知っていたのですが、全然使ったことはなかったです。


しかし、先日知人から『「えきねっと」で新幹線のチケットを買うと安いよ。グリーン車もお得に乗れるし。』とか聞いて、新幹線に安く乗る方法はTYO位しか思いつかなかった人としては、心が動かされました。

というか直近のライブ(※)で横浜アリーナに行ってきて、帰りは新幹線で帰ってこようと思っていたので実にタイムリーな情報でした。ありがとう。


早速申し込んでみたら本当に安くなったので、記事を書いてみた次第です。
使える時は使った方が良いぞ、これは。



※ライブは『THE IDOLM@STER 7th ANNIVERSARY 765PRO ALLSTARS みんなといっしょに!』ですよ。



乗ろうとしている新幹線が対象か確認しよう

まず、最初に書いておきますが、全ての新幹線のキップが安くなるわけではありません。

対象の新幹線が限定されていますので確認しておきましょう。


新潟から東京間の上越新幹線のページは以下のリンクから。



割引率はなんと最大35%

ここに「お先にトクだ値」というのと「えきねっとトクだ値」ってのがありますが、割引率が違います。


「お先にトクだ値」はなんと35%割引!
「えきねっとトクだ値」は15%割引!


35%って割引がかなり大きくてビックリしてしまいます。


申し込み期間は『乗車日の1ヶ月前(同日)の午前10時00分から13日前の午前1時40分まで』となっていますので、結構前から予約できるみたいですね。

35%割引はかなり魅力的なので、1ヶ月前の朝10時はかなりの争奪戦が予想されますね。


ギリギリ15日前に予約しようとした私の画面はこんな感じでした。
20120609-JR-えきねっとトクだ値-01

もうほとんどない状態…。
当然35%割引の所は残席なし…(汗)。

それでも15%割引のところが空いているので、選んで予約しました。


画面を見て、あれ?と思った方もいるかもしれません。


実はこの「トクだ値」は指定席のみの販売なのです。
だから自由席の料金からが割り引かれるわけではないのです。


だったら結局高いのでは…と思いませんか? 特に15%割引だと…。


私は「これはJR東日本の罠なのでは! 割引率をちらつかせて実は自由席より高い金額を払わせたいだけでは?」と思いました。


本当に安いのか確かめてみた

なのでトクだ値の新幹線の指定席(15%割引)と通常の新幹線の自由席の金額を確認してみましたよ。

まずは新幹線の自由席の料金。
合計で9,760円です。
新幹線に乗る時はいつもこの料金を払っていましたよ。

20120609-JR-えきねっとトクだ値-02


つづいて新幹線の指定席でトクだ値の15%割引の料金。
合計で「8,720円」です。
20120609-JR-えきねっとトクだ値-03

というわけで自由席より指定席の方が安い、ということがわかりました。
これで安心して予約できますね。


ちなみに35%割引の場合だとどうなのかを調べてみました。
まだ空いている月曜日の朝の新幹線の指定席です。
20120609-JR-えきねっとトクだ値-04
合計で「6,530円」ですか!
安っ!!!
次回はぜひこの価格で新幹線を利用したいです!


これなら夜行バスを使わずに、その料金にちょっと(?)上積みして新幹線を使ってもいいかなぁ…なんて思ってしまいました!(※)
夜行バスはどうせ寝ているので時間は短く感じるのでしょうけど、ちょっと疲れますしね。
新幹線なら時間も短くて疲れないですから。



これは絶対にお得だと思うので、読んだ方はぜひご活用いただければ嬉しいです。

それでは。



※ただし今回は横浜直行の夜行バスにしたので、結論的には新幹線との価格差は結構大きかったです。そんなに早く行く必要はないのですが、ちょっと横浜を散策したかったので。



【注】画像の出典は全てえきねっとからです。またお申し込みはえきねっとなどへの登録が必要です。



関連ページ






ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索