概要 ワゴンRスティングレーで冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)から夏タイヤ(ラジアルタイヤ)に履き替えた時にタイヤの感覚がかなり変わったので、原因を考えてみました。
20130415-ワゴンRスティングレーのタイヤ-01
写真は冬タイヤ


冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)から夏タイヤ(ラジアルタイヤ)に変えてからしばらく経ちました。

それでかなり乗り心地などで違いが出たので書いておこうと思います。


夏タイヤに履き替えた時に感じた印象は「随分とポンポン跳ねるような動きをするねぇ…」ということです。
通勤路は山道で段差も結構ある道なのですが、この段差をかなり拾ってしまう動きをしているように感じました。
この動きはかなり気になります。


この動きの原因を考えてみました。




ワゴンR、そしてワゴンRスティングレーXのタイヤは155/65 R14というタイヤになっています。
今回購入したワゴンRスティングレーTは走りを重視したタイプなので、タイヤは165/55 R15というタイヤになっています。

このタイヤの違いは、タイヤの幅が大きくなっていて(155→165)、偏平率が下がっています(65→55)。偏平率が低いということはタイヤが薄いということになります。
タイヤの幅が大きくなることで安定性が増して良いのですが、偏平率が下がったことでハンドリングは良くなるのかもしれませんが、地面の段差がよりダイレクトに伝わりやすくなり、乗り心地は悪くなります。


また、今回165/55 R15の冬タイヤは値段が高いので、ディーラーに155/65 R14をお薦めされました。
冬タイヤは雪上や氷上で使用することを考え、タイヤが柔らかくなっています。偏平率も標準の55ではなく65なので、ショックを吸収する力は大きく、結果として乗り心地は良いのです。
このため夏タイヤに変えたときに乗り心地が悪くなるのは必然と言えます。

そもそもKei自体が165/70 R14という偏平率の高いタイヤを装着していたので、また感覚が違うのかもしれませんが、冬タイヤからは乗り心地が悪くなるのは仕方がないですかね。
20130415-Keiのタイヤ-01
出典:スズキ Keiのカタログ2000年5月版


もちろんKeiとワゴンRスティングレーとは13年も時代が離れているのでサスペンションなどはかなり進化しているのも合わせて感じます。
地面の段差は感じますが、軽い揺れに変わっているのです。
先程夏タイヤでは、ポンポン跳ねると書きましたが、Keiであれば、段差の揺れは車全体が揺れる、もう少し重く揺れる感じなのです。
このため、ワゴンRスティングレーは乗り心地が悪いというわけではないです。乗り心地はかなり良いです。


他には、コーナーを走る時の、地面への吸い付きといった接地(グリップ)している感が冬タイヤから減ってしまって、安定感が少しなくなった感じです。少し不安。ひっくり返ることはないのでしょうが…。
これは最初だけかと思いましたが、しばらく乗ってもこんな感じなので、ポンポン跳ねる感じと合わせて乗り続けてそういうものだと感覚を合わせていくしかないようです。


他に影響がありそうなものは、タイヤの空気圧です。
タイヤの空気圧も、ドアのところにある基準値を見てみると2.4とかなり高めです。比較対象はKeiですが。前のKeiは1.8じゃなかったかな。タイヤがそういうものなのか、燃費のためにこうなっているのかはわかりませんが、少し気になります。


ということで、なんら夏タイヤの感覚は解決していませんが、これから11月末くらいまでは夏タイヤを装着することになるので、感覚を調整して安全運転ができる様にしていきたいと思います。


それでは。


余談

そんなことを思っていて、乗り心地をよくするにはどうしたらよいかをネットで検索していたらタイヤのインチダウンの話を見つけました。
タイヤサイズ「165/55R15」を「155/65R14」に変えると、乗り心地がソフトになりますか?

高速道路の継ぎ目で、ガタガタという振動を強く感じます。
タイヤサイズ変更程度ではあまり効果はありませんか?

[補足]
車は、ワゴンRスティングレーTなので、サスペンションは硬めです。
空気圧は、基準値よりも10%ほど高めにしています。
タイヤサイズ「165/55R15」を「155/65R14」に変えると、乗り心地がソフトになりま... - Yahoo!知恵袋


車種は偶然にも同じワゴンRスティングレーT(笑)。
この質問者は基準値より更に空気圧を高めに設定していた方らしいので、想像するに、かなり地面の凸凹がダイレクトに伝わっていたのではないかと思います。

いや、地面の状態が分かるのは結構なのです。分からないと困ることもありますので…。
でも、普段乗りの場合はそこまで分からなくても良いかな、という面もあり、地面の凸凹がダイレクトに伝わってくるのはそれはそれで疲れるので。
タイヤが変わるので当然かもしれませんが、インチダウンもやはり一定の効果があるようです。


別のタイヤ関係のサイトににもズバリ
★乗り心地重視でしたら、やはり70扁平65扁平までをお薦めします。★
タイヤサイズの話
と書かれていますし…。(あらこのお店は閉店しちゃったのですね…)


初めから知っていれば、最初から155/65 R14にしていたのになぁ…うーん。



●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索