概要 五泉市の村松地域では1年の半分が終わる6月30日に神社にお参りに行く風習「禊(みそぎ)」があるそうです。ということで、村松の日枝神社にお参りに行ってきました。
五泉市の村松地域では1年の半分が終わる6月30日に神社にお参りに行く風習「禊(みそぎ)」があるそうです。
ということで、村松の日枝神社にお参りに行ってきました。


日枝神社の階段を上っていくと、狛犬(こまいぬ)がお出迎えです。



神社の階段を上っていくと、しめ縄の輪っかがあって、8の字にくぐって、本殿に向かいます。



右手では、お札などを燃やすための火が焚かれていました。



本殿にお参りをして、戻ってきたところ。
時間は21時頃でしたが、地元の方々が次々といらっしゃっていました。



「禊」というのはなんなんだろう…?

「禊」と聞いていましたが、私の住んでいる地域ではそういう風習がないので調べてみたら、全国各地の神社で行われているものなのですね。

正しくは「禊祓(みそぎはらえ)」というらしいですね。それが略されて「禊」として村松地域には伝わっているみたいです。
禊祓(みそぎはらえ)- 禊は身体の穢れの浄化、祓は精神の穢れの浄化。
 ・大祓(おおはらえ) - 六月晦と大晦日に行う禊祓(⇒大祓詞)。
禊 - Wikipedia
「晦(つごもり)」とは最終日のこと、つまり6月30日。


この禊祓(大祓)は全国的なものだそうですね。
大祓(おおはらえ)とは、古来6月及び12月の晦日(つごもり)に、親王以下在京の百官を朱雀門の前に集めて、万民の罪や穢(けがれ)を祓った神事。現在も、宮中をはじめ全国各地の神社で行われる。中臣の祓とも呼ばれる。また、これらの神事から、俳句や短歌では夏や冬の季語に用いられる。
禊 - Wikipedia

百人一首を紹介しているページでも違う言葉ですが、6月30日に穢れをを祓い落とすための行事「六月祓(みなづきばらえ)」というものが行われていたことがわかります。
「みそぎ」は「六月祓」のこと。川の水などで身を清め、穢れを  払い落とすこと。神道では、毎年旧暦の6月30日に六月祓(みなづきばらえ)=夏越の祓(なごしのはらえ)といって、その年の  1月から6月までの罪や穢れを祓い落とす行事が行われました。  12月30日の晦日祓(みそかばらえ)とも対応する大きな行事です。
【百人一首講座】風そよぐならの小川の夕暮は みそぎぞ夏のしるしなりける─従二位家隆 京都せんべい おかき専門店【長岡京小倉山荘】

こうした情報から、新年の初詣に対応するものではなく、大晦日のお参り(2年参りとか)と対応する行事なのですね。



また、日枝神社の麓には、住吉神社、松尾神社というものもあり、そちらもお参りしてきましたが、松尾神社はお酒の神様だそうです。
神様を呼ぶ「鈴のガラガラ」(あれ、なんていうんでしたっけ?)の持ち手にはキチンと五泉市の酒造の「金鵄盃酒造」さんの名前が彫られていました。


なんにせよ、こうした行事は全然知らなかったので、勉強になりました。


最後に五泉市村松の日枝神社の地図を紹介しておきます。


大きな地図で見る


それでは、また。




●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索