概要 2013年7月17日にアルト・ワゴンR・スペーシア・ソリオにシートベルトんおリコールが発表されていました。シートベルトがロックされない場合があるそうです。
20130725-ワゴンR-シートベルトリコール-01

ワゴンR スティングレー 4WDでESP搭載車のリコールが来ていたので、ついでにESPについて調べてみた」で書いたように、私の購入したワゴンR スティングレーは横滑り装置のリコール該当車でした。

昨日、ようやくリコールの修理をしてもらったのですが、車の返却時に「また他のリコールが…」ということを伝えられました。また他のリコールが発生したのか…ちょっとガッカリ。




リコールの内容はシートベルトの不具合

リコールの内容はシートベルトの不具合で最悪の場合、正常なロック動作をしない可能性があるとのことで、これは危険ですね。

衝突時や急な動作(急ブレーキなど)の時に、シートベルトがガチッと動かなくなるのが正常な動作ですが、これが正常に動作しないということになります。


シートベルトをしたまま、急に前屈みになって床に落ちたものを拾おうとしても、ガチッとロックされた経験が何回もあるので、たぶん私の車は不具合が出ていなかったと思います(笑)。
前 席用シートベルトにおいて、巻取装置内部のロック機構部の製造方法が不適切なため、圧入部が緩み、シートベルト脱着時に異音や引っ掛かりが発生するおそれ があります。そのまま使用を続けると、最悪の場合、圧入部品が外れ、衝突時にシートベルトのロックが作動しなくなります。
スズキ株式会社 リコール情報 2013年7月17日 アルト、ワゴンR、スペーシア、ソリオのリコールについて


実際にチェックしてもらったら、不具合はなかったそうです。良かった。
全車両、当該シートベルトを点検し、圧入部が緩んでいないものは、当該巻取装置の内部に緩み対策部品を取り付けます。圧入部が緩んでいるものは、当該シートベルトを良品に交換します。
スズキ株式会社 リコール情報 2013年7月17日 アルト、ワゴンR、スペーシア、ソリオのリコールについて

それにしても、いきなり2個のリコールがあると少し心配になってしまいますね。
隠されるよりは、全然マシですが。


新車種開発競争が激しいから?

軽自動車の新車種の開発・販売サイクルが最近はかなり短くなっているようなので、検証時間も短くなっているのかもしれませんね。(スズキだけではなく、ダイハツなどもリコール出ていますしね…)

役立つ機能の追加などは素晴らしいですが、それによって全体的な安全性が損なわれている事態を引き起こしているとしたら、残念なことです。
不具合0の製品は難しいでしょうが、それに向かって努力して頂きたく思います。



余談

それにしても、前回のESPのリコールは、フルタイム4WDの車に2WDのプログラムが入っていたのだから、駆動系のパワーバランスやコントロールがおかしかった…ということだと認識している。
だから通常のカーブなどでもフィーリングが変わるということなのだろうと思っているのだけど違うのかな?


●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索