概要 古印体と思われるフォントが広島平和記念公園の案内板フォントとして使われているようです。フォントのイメージが古いイメージというより少し怖いイメージがあるので、なぜこのフォントになったのか謎…。

TwitterのDiscovery(見つける)機能で見かけたツイート。

広島の平和記念公園の案内板らしいのですが、フォントの選択が間違いすぎている気がします…。どうしてこうなった。

20140524-広島平和記念公園の案内板フォント-01


ずいぶんおどおどろしい感じになっていますね…。

ただ、これは古い印(ハンコ)のフォントか何かだと思うので少し調べてみました。



この手のものはダイナフォントなのかな…と思って調べてみたのが「DF古印体」「DF康印体」。

ダイナフォントのTrueTypeは試し打ちができるのでわかりやすいですね。

20140524-広島平和記念公園の案内板フォント-02

画像出典:DynaFont詳細(ダイナコムウェア)


20140524-広島平和記念公園の案内板フォント-03

画像出典:DynaFont詳細(ダイナコムウェア)


あら…どちらも違う感じです。

和文フォント大図鑑 [古印体]」のページも見てみましたがちょっとわからず。

何のフォントなんでしょうかね? 結局分かりませんでした。



●余談:案内板は全て古印体?

Googleストリートビューで見てみましたが、全ての案内板が古印体っぽいフォントではないみたいです。

20140524-広島平和記念公園の案内板フォント-04

画像は https://www.google.co.jp/maps/@34.3941617,132.4542171,20z?hl=ja あたり


●関連ページ



●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索