概要 ロッテのアイスCoolishのパッケージの文字や枠の縁がギザギザになっているのがとても気になります。もっとシャープな印刷ではできなかったのでしょうか?

暑いですね。アイスの美味しい季節になりました。

風呂上がりにロッテのアイスCoolishを飲んでいると、ちょっと幸せな気持ちになります。

そのCoolishですが、パッケージの裏面を見ていたら文字が気になりました…。

裏面はこんな感じ。

20140626-アイスCoolishのパッケージの文字-01


特に変なところはなさそうに見えますが、文字をよく見てみると…。



文字の縁がギザギザしていませんか?(枠線もそうだけど…)

20140626-アイスCoolishのパッケージの文字-02


バーコード部分もギザギザしています。

20140626-アイスCoolishのパッケージの文字-03


印刷会社に勤めているためか、エッジがシャープじゃないと何か気になってしまいますね。


一般的な印刷物でもこのような事が起こることがあります。

PDFや文字をPhotoshopで画像化(ラスタライズ)した時にこのような現象が多く見られます。これはアンチエイリアスという機能で画像の境界線を補間によって滑らかにしてくれる機能ですが、AMスクリーンのオフセット印刷の場合、この機能でできたグレースケールの部分の表現が網によって表現されるので、縁がギザギザになってしまうことがあります。

20140626-アイスCoolishのパッケージの文字-04

たぶんCoolishのパッケージの印刷でも同じようなことが起きているのでしょうが、詳細は不明です。

Coolishのパッケージは紙ではなく、プラスチックなので、様々な事情があるのかもしれません。


でもちょっとギザギザって気になるよね(笑)。

気になったので、記事を書いてみました。他のアイスで紙以外のパッケージも手に取ったら見てみたいと思います。


それでは。


ロッテ クーリッシュ バニラ 24個入
by カエレバ


●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索