概要 お風呂場の照明などで使われる白熱電球〈National 60型シリカ 100V54WL〉の代替品はオーム電機のLW100V57W2PAなどがあります。E26口金のものを買えば大丈夫だそうな。

お風呂に入っていたら、バチッという音と共に照明の電球が切れてしまいました。

照明の電球はいわゆる白熱灯(白熱電球)といわれるもので、こんなもの。

いわゆる、アイデアが浮かんだ時に頭の上にピコーンと表示されるアレですね。

20141120-National-60型シリカ-100V54WLの電球-01


電球のトップには型番が書いてあるので見てみると「60型シリカ National 100V54WL」と書いてあります。ってNationalかよ!!古っ!(Nationalブランドは2008年にPanasonicブランドに統一)

「National」ブランド使用は2008年6月30日製造・出荷、発売分を以て終了し、翌7月1日より順次「Panasonic」への一本化を開始した。

パナソニック - Wikipedia

20141120-National-60型シリカ-100V54WLの電球-02


これはもうないな〜と思って、近所のケーズデンキで上の写真を見せながら、この電球はありますか?と聞いてみました。

すると、そのまま「こちらです」と商品を見つけてくれました。早いよ!!探してないよ。

もしかして同じことを聞いてくる人が多いのか?

それも100V54WLというものはメーカーによって微妙に違うそうで、同じものでなくても良いそうです。なんだそりゃ。



●購入したのはオーム電機のLW100V57W2PA

ということで購入したのがこちらOHM電機(オーム電機)の白熱電球。型番はLW100V57W2PA

2個白熱電球が入っているタイプで税込み175円でした。1個あたり87.5円です。

20141120-National-60型シリカ-100V54WLの電球-03


LW100V57W2PAは、どうやら57Wで60W電球の明るさということでお得っぽいです。わずかに…。

ということは、その記述からすれば、今まで使っていた100V54Wは54Wで60Wの電球相当の明るさということで、そっちの方が省エネじゃないか(汗)。

とはいえ、商品がないのでコレを使わざるを得ませんね。

20141120-National-60型シリカ-100V54WLの電球-04


パッケージの側面。販売者はオーム電機ですが、製造者は旭光電機工業というところだそうです。

20141120-National-60型シリカ-100V54WLの電球-05


反対面。あ、もういいですか。

20141120-National-60型シリカ-100V54WLの電球-06



●箱を開けて中身をチェック

箱を空けるとこんな感じで2個電球が入っていました。

20141120-National-60型シリカ-100V54WLの電球-07


普通の白熱電球の形ですね。

20141120-National-60型シリカ-100V54WLの電球-08


電球のトップには「アサヒ」の文字が。これは製造者の旭光電機工業ですね。

20141120-National-60型シリカ-100V54WLの電球-09



●早速設置してみた

早速お風呂場に設置してみます。バッチリ点灯しました。これで安心。

別に暗いということもありませんでした。

20141120-National-60型シリカ-100V54WLの電球-10



●白熱電球ってLEDに変えないとダメなの?

Panasonicでは2012年10月末日で白熱電球の生産を終了しています。

パナソニック株式会社は、省エネランプの普及促進への取り組みを加速させ、一般家庭用白熱電球(E26口金タイプ)の生産終了の前倒しを実施致します。一般家庭用白熱電球の代替商品がほぼ揃いましたので、一般的な白熱電球の生産終了について、当初予定の2013年3月31日を、半年前倒しの2012年10月31日に致します。

省エネランプ普及促進への取り組みを加速 一般家庭用白熱電球(E26口金タイプ)の生産終了を10月末に前倒し | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic


今時だと、LEDに移行しないとダメなのかな?


とよく考えたら、白熱電球の代わりは、よく考えたらLEDじゃなくても電球型蛍光灯もあるんだった。

上記Panasonicのプレスリリースの最後には、以下の図があり今回のE26口金でシリカ電球の60W型は電球型蛍光灯の製品があることが示されていました。(ピンクの囲みは筆者による)

20141120-National-60型シリカ-100V54WLの電球-11

画像出典:省エネランプ普及促進への取り組みを加速 一般家庭用白熱電球(E26口金タイプ)の生産終了を10月末に前倒し (Panasonic)


また、インプレスの家電WatchのPanasonicへのインタビュー記事でも無理にLEDに変える必要はないとの見解が出されていました。

 「特に白色系の光色で比べた場合、現時点ではLED電球よりも電球形蛍光灯の方が色は良いです。また、電球形蛍光灯は300円台から買えるものある。無理して割高なLED電球を買わなくても、予算と使い方に併せて、最適な電球を使っていただければと思います」(鈴木氏)      

【そこが知りたい家電の新技術】ついに白熱電球の生産が終了、パナソニックの白熱電球76年の歴史を振り返る - 家電 Watch


白熱電球は寿命が1000時間とのことで、この先買い換えはなかなかないかもしれませんが、次は電球型蛍光灯にしようと思います(値段の関係で)。


それでは。



●白熱電球と電球型蛍光灯の購入リンク

最後に白熱電球と電球型蛍光灯のリンクを。Panasonicの電球型蛍光灯(パルックボール)は高かったので、NECのコスモボールを貼っておきます。


オーム電機 ホワイトシリカ電球 60W【2個入】OHM LW100V57W2PA
by カエレバ


NEC 電球型蛍光ランプ コスモボール 60W相当 電球色 EFA15EL/12-C5
by カエレバ




●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索