概要 Adobeが関わっているセミナー・イベントの一覧ページを紹介します。無料のイベントも多いみたいです。

Adobeが関わっているセミナー・イベント(主催以外も含む)の一覧ページをTwitter経由で知ったので、こちらでもお知らせ。

こんな感じのページです。

20140531-Adobeセミナー・イベント一覧-01

画像出典:イベント : 月別(Adobe)


知りませんでした。大きなセミナー・イベントしか掲載されていないようですが、大都市圏近郊の方はご覧になってはいかがでしょうか?


あとは補足です。



●フッターの中にページに行くリンクがあります

なお、Adobeの各ページにあるフッターの「イベント」からこのページを開くことができます。

以下の画像はAdobeのトップページです。黒い部分のフッターの右側に「イベント」のリンクがあります。

20140531-Adobeセミナー・イベント一覧-03

画像出典:アドビ システムズ - 日本(Adobe)



●製品別ページは分かりづらい

イベントの案内のページには、月別・製品別というタブがあります。

ここで「製品別」をクリックすると、製品毎に分けられたイベントの紹介が…出ているのでしょうか?

私にはよくわかりませんでした。


現在のAdobeの製品・サービスは今や10や20ではありません。

例えばCreative Cloudを見てみますが、Creative Cloudに含まれるアプリは20個、その他のサービスが9個(+ファイル共有サービス)あります。他にもAdobe Marketing Cloudなど、製品別と言っても色々ありすぎて、分かりづらいのでは。

20140531-Adobeセミナー・イベント一覧-04

画像出典:Adobe Creative Cloud : ツールとサービス(Adobe)

20140531-Adobeセミナー・イベント一覧-05

画像出典:Adobe Creative Cloud : ツールとサービス(Adobe)


製品別のページは何かしらのフィルタリングの仕組みを導入して、自分の使用しているアプリ・サービスに関するイベントだけ表示する仕組みにすべき。

もしくは各イベント名の近くにアプリ名・サービス名を書くべきでしょう。


いちいちセミナー・イベントの内容を読まなければ対象のアプリやサービスが分からないのでは、時間がもったいなく感じます。

20140531-Adobeセミナー・イベント一覧-02

画像出典:イベント : 製品別(Adobe)



●参考



●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索