概要 DTPデータのチェックソフトとして一世を風靡したMarkzware Flightcheckですが、Markzware社のページに日本語ページがあることがわかりました。
会社で設置しているDTPの掲示板で「InDesignの孫リンクのファイルを収集したい」みたいな質問が書き込まれていたので、「昔だったらMarkzwareのFlightcheckだよなぁ…」などと思って読んでいました。

QuarkXPressに貼り込まれているIllustrator EPSの中に貼り込まれている写真はPhotoshop EPS画像みたいなのは日常茶飯事でありましたし、普通の事だったと思います。
QuarkXPressから見たら、Photoshop EPS画像は孫にあたるわけで、これがRGBなのかCMYKなのかチェックして、入稿用に部品ファイルを収集するということができなくてはいけなかったわけです。

Markzware(マークズウェア)のFlightcheck(フライトチェック)というソフトは、これができたソフトで、部品ファイルの収集機能などというものがソフトに内蔵されていない当時としては非常に画期的でパワフルなソフトでした。
20131122-markzware-FlightCheck-03
画像出典:製品情報/Markzware/Markzware FLIGHTCHECK CLASSIC-J v4.1(swtoo)


日本語版はFlightcheck Classic 4.3Jで止まっていて、対応するDTPソフトのデータはこんな感じでした。
InDesign 1.5英語版、Illustrator 9が最新ってのが時代を感じますね。まだMac OS X時代ではありません。
(当時の記憶では確か英語版のパッチを当てるとIllustrator 10のデータもチェックできたような…会社のFlightcheckはそうなっているはず)
■対応アプリケーション/バージョン

 ・QuarkXPress v.3.1 - 4.1
 ・Adobe PageMaker v.4.2 - 6.53
 ・Adobe Photoshop v.4.0 - 6.0
 ・Adobe Illustrator v.5.5- 9.0
 ・Adobe InDesign v.1.0 J - 1.5 E
 ・Adobe Acrobat v.3.0 - 5.0(PDF v1.2 - 1.4)
 ・Macromedia FreeHand v.7.0 - 10.0
 ・Microsoft Word v.8.0 - 9.0
 ・PostScript Lev. I , II , III
製品情報/Markzware/Markzware FLIGHTCHECK CLASSIC-J v4.1

私はこのソフトが好きです。


そのMarkzwareのFlightcheckですが、何とはなしにMarkzwareのページを見たら、なんと英語ではなく、日本語のページがあるではないですか!
20131122-markzware-FlightCheck-01
画像出典:Markzware FlightCheck(プリフライト)製品ページ(Markzware)


かなりビックリしましたよ!


それもアドレスが「http://ja.markzware.com/」から始まっていて、日本語サイトですとアピールしているように見受けられます。




●おかしな日本語

で、よくページを見てみると…
20131122-markzware-FlightCheck-02

ん?
「彼らは高価な印刷ミスになる前に問題を発見」?
「これは、商業印刷に宛てた文書を持っている必要があります」?


機械翻訳かよ!


まぁ、マイクロソフトの技術情報も機械翻訳ですけど、ひどい翻訳の場合がありますよね!って調べたら以前同じ事を書いていたわ(笑)。

それでも日本語が無いよりマシって感じですかね…。
なんだかんだ言って、日本語版のFlightcheckは日本で販売されていないので、新しいバージョンを求めて来る人もいるのだろうし…。
オンラインマニュアルも機械翻訳ですが、日本語なので、何とか理解できるかもしれません。


●Flightcheck最新版で対応しているソフト

20131122-markzware-FlightCheck-04

なお、Markzware Flightcheck最新版で対応しているソフトは以下の様に書かれており、CC(Creative Cloud)に対応しているのが時代ですね。
バージョンサポートリスト

 ・Adobe InDesignのv1.5 - v9.1(CC)
 ・アドビイラストレーターv6.0 - v17.1(CC)
 ・Adobe Photoshopのv4.0 - v14.x(CC)
 ・Adobe社のAcrobat v3.0 - v10.x
 ・QuarkXPressのv3.1 - v9.x
 ・PDF
 ・はるかに... フルバージョンのサポートリストをダウンロード
フルバージョンのサポートリストをダウンロード

最後の「はるかに…」ってなんだよ(笑)。英語サイトを見たら「much more...」でした。


そんなMarkzware Flightcheckですが、最新版はv7だそうです。


●30日間使える体験版もあるよ(Mac版のみ)

体験版がダウンロードできますが、Flightcheck 7が試せる雰囲気で体験版請求のページの上部には次のように書いてあります。
無料30日間、完全に機能FlightCheckの7をお試しください!
FlightCheckデモ - フライトMarkzwareの無料30日トライアル
しかし同じページのフォームの下の方に6.90と書いてあって、実際ダウンロードできるのは6.90のようです。なんなんだ…。
FlightCheckのv6.90デモ請求フォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックした後、あなたの提出を確認するメッセージが表示されます。
FlightCheckデモ - フライトMarkzwareの無料30日トライアル
20131122-markzware-FlightCheck-05


●時代はサブスクリプション!

Adobe Creative Cloudが本格的に始まって、時代はサブスクリプションタイプのソフトの買い方になってきたな…と思いますが、なんとFlightcheckも永久ライセンス版と別にサブスクリプションタイプの購入方法が追加されていました。

  • サブスクリプションタイプ:19,880円/年
  • 永久ライセンス:39,860円
となっていました。


え? サブスクリプションタイプ、2万円以下/年なら結構安いと思うのですよね。
DTPのソフトのバージョンはどんどん新しくなっていくわけだし…。
継続的なサポートが必要ですよね。


永久ライセンスもこんなに安かった?と思って日本語版の4.1Jを見たら70,350円でした(汗)。
なんにせよ、安いです。


もし気になったら、まず体験版から試してみてはいかがでしょうか。


それでは。


●関連ページ


※ソフトウェアトゥーのページにつながらないのでInternet Archiveのページを利用しました。



●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索