概要 Fbメッセージでは画像ファイルを作らなくてもコピペで画像が送れます(これはChromeブラウザー限定)。また、画像ファイルをドラッグ&ドロップで送信できるので画像をよく送信する人は覚えておきましょう。

ツッコミがあるようにウィンドウ枠に直接ペーストできるのはChromeだけっぽい(IEとSafari、FireFoxでは不可能)けど、先日からツイッターのパソコン版公式ウェブにおいて、ファイルの一覧からの指定だけではなく、ドラック&ドロップでも画像のアップロードが出来るようになっていた。

パソコンのツイッター公式ウェブで画像のアップロードがドラックで可能になっていた - 【ネタ倉庫】ライトニング・ストレージ

という不破雷蔵さんのブログ記事を見て、あれ、意外と知られていないのかなと思ったので、Facebookでの小技(Tips)を書いておきます。



●スクリーンショットをそのままFacebookメッセージで送信する

みなさんはFacebookメッセージでクリップボードに入っている画像を、そのままダイレクトに送信できるってことをご存じでしたか?


使い所は画面の状況などを伝えてもらう際に、クリップボードに画面のスクリーンショットを入れてもらって、そのままメッセージに貼り付けて送ってもらうといったもの。パソコン操作のサポートなどでいいかもしれません。


簡単に手順を書いておきます。

Windowsでは「PrintScreenキー」を押せば画面全体のイメージ(スクリーンショット)がクリップボードに入ります。

次の写真のキーね。ノートパソコンなどだとFnキーを押しながら「PrtScr」みたいな文字が書いてあるキーを押します。

20141113-Facebook-スクリーンショットをメッセージに貼り付け(ただしChromeのみ)-03



そして、Facebookのメッセージの画面を出して、メッセージ欄を1回クリックした後、Ctrl+Vで貼り付けします。

20141113-Facebook-スクリーンショットをメッセージに貼り付け(ただしChromeのみ)-01


すると、クリップボードに入っているスクリーンショットがメッセージ欄に貼り付けられますので、コメントなどを書いて「返信」をクリックします。画像ファイルを作らなくても良いので簡単ですね。

20141113-Facebook-スクリーンショットをメッセージに貼り付け(ただしChromeのみ)-02


なぜかこのクリップボードの画像を貼り付け機能はChromeブラウザーでしかできません。

さらに、近況アップデートの所は、Chromeブラウザーでも貼り付けができません。なぜだ。



●画像ファイルをドラッグ&ドロップで画像追加できる

Facebookメッセージ・近況アップデートでは、書き込みをする欄の所にエクスプローラーなどから画像ファイルをドラッグ&ドロップすることで、画像追加ができます。複数の画像ファイルもOKです。


ここでは近況アップデートの例を紹介します。

エクスプローラーから画像ファイルを近況アップデートの欄にドラッグしてくると「写真をドロップ」と表示が切り替わるので、ドロップします。

20141113-Facebook-画像ファイルをドロップして追加-01


送信中はプログレスバーが表示されるので、じっと待ちましょう。

20141113-Facebook-画像ファイルをドロップして追加-02


プログレスバーが右端まで到達すると、画像追加の準備が終わりました。あとはコメントを追加するなりして、投稿しましょう。

20141113-Facebook-画像ファイルをドロップして追加-03

以上です。


これで分かるのは、写真を単純に追加するだけなら投稿欄の下にある「カメラアイコン」をクリックしたり、上の方にある「写真・動画」をクリックする必要はなく、いきなり画像ファイルをドロップすればOKだということです。

1つの画像をアップする人も、大量の画像ファイルをアップする人も簡単で便利な技ですよね。



Facebookの操作が少しでも楽になったら嬉しいです。

それでは、よいFacebookライフを。



●謝辞(ネタ元)

ちなみに、クリップボードの画像がそのままFacebookメッセージで送信できる技は小杉聖さんに教えてもらいました。

ありがとうございます!便利!



●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索