概要 timeタグは日時を表すタグです。Movable Typeでページの更新日時を表示することで検索エンジンや閲覧者がこのページの情報は新しいのか古いのかが分かり便利です。

●ページの公開時間や更新時間はGoogleの検索結果に表示される

早速本題ですが、ページの公開日時や更新日時をHTMLタグでページ内に書いておくと、Googleで検索する際に表示されますよ、というお話。

パッと見で、新しい情報か、古い情報かがすぐ分かって便利ですね。


以下の画像は「授与品袋」で検索した結果。

スニペットの部分に「2010/50/21」と日付が表示されています。

20150227-HTML5のtimeタグでページの更新日時-01


これは、授与品袋・手提げ紙袋・たとう紙(吉田印刷所)のページのフッター部分にある「公開時間」が反映されています。横に更新時間もありますが、そこの日時はGoogleの検索結果では出てきていません。

つまり、検索結果をコントロールすることができるのです。

20150227-HTML5のtimeタグでページの更新日時-02


そのために使うのが、HTML5のtimeタグです。

timeタグは日付を表す際に使用します。それだけで特に公開日時や更新日時を表すものではありません。


細かなtimeタグの話は上記ページをご覧頂くことにして、記事タイトルにある「ページの更新日時をHTML5のtimeタグを使用して表現」してみましょう。

●Movable Typeのテンプレートコード

それではテンプレートコードを書いてみます。

まず、Movable Typeではページの更新時間を出力するMTタグがあります。


ウェブページとブログ記事では以下の2つが該当します。

こちらは「再構築した日時」ではなく、内容を保存・更新した日時が出力されます。


ところがトップページなどで使うインデックステンプレートは、そうしたタグはありません。

ですが、MTDateタグを使うと再構築された日時が出力されるので、そちらを使います。


また、MTPageModifiedDate・MTEntryModifiedDate・MTDateタグは、それぞれモディファイアとしてformatがあり、細かく出力を設定できるので、そちらも使います。


ということでできあがったテンプレートコードは以下の通りです。

想定としてはフッターに入れることを考えました。

MTIfタグで各テンプレートを分岐させて、あとはtimeタグで更新日時を囲むだけ。


<mt:If name="main_index">
    更新日時:<time><$mt:Date format="%Y-%m-%d %H:%M"$>time>
<mt:ElseIf name="page_archive">
    更新日時:<time><$mt:PageModifiedDate format="%Y-%m-%d %H:%M"$>time>
<mt:ElseIf name="entry_archive">
    更新日時:<time><$mt:EntryModifiedDate format="%Y-%m-%d %H:%M"$>time>
mt:If>


簡単でしたね。出力は「2015-02-26 13:10」という感じになります。

format部分をいじれば、以下の様に「年」「月」「日」の文字を入れたり、更新日時の秒まで入れることができますよ。

<$mt:EntryModifiedDate format="%Y年%m月%d日 %H時%M分%S秒"$>


ぜひ試してみてください。

それでは、よいMovable Typeライフを。



●補足

Movable Type編とありますが、この記事を書こうかなと思ったキッカケは以下の記事からで、Movable Type編以外はありません(笑)。


書くとしてもライブドアブログ編くらいかな。


●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索