概要 TWINBIRDのサイクロン掃除機「TC-E123SBK」を使う時に引っかかりやすいコードのうまい取り回し方法を紹介します。
20131211-ツインバード-サイクロン掃除機のコード-03
画像出典:サイクロン スティック型クリーナー TC-E123SBK(ツインバード工業株式会社)


YouTubeを開いたら「3000円以内で買えるサイクロン掃除機「TWINBIRD TC-E123SBK」レビュー - GIGAZINE 3000円以内で買えるサイクロン掃除機「TWINBIRD TC-E123SBK」レビュー - GIGAZINE」で掲載されている動画があったので見てみました。


すると、なんかコードが無造作に床にあって、掃除がやりづらそうな感じ…。


サイクロン掃除機「TWINBIRD TC-E123SBK」で掃除をしているところはこんな感じ(YouTube)



TWINBIRD(ツインバード)のサイクロン掃除機はかなり前から使っています。
なぜか結構安くて、掃除をあんまりしない人にもオススメすることもあります。(ゴミが溜まるのを見るのがおもしろいのだ)

なので、使っていた経験から、コードはこうするとちょっと使い勝手が良くなるよ!というワザを紹介します。



このタイプのサイクロン掃除機を使うと、掃除機を押すときは良いのですが、引くときにコードの位置を気にしないといけなかったりします。
20131211-ツインバード-サイクロン掃除機のコード-01


イラッとしますね! (・ω・#)ビキビキ

充電式の方がいいんじゃないの?とか思いますが、コード式の方が充電しなくてもコンセントを挿せばすぐ使えるのでコード式の方が気は楽です。


さて、このコードですが、こうするとちょっと良いですぞ。
20131211-ツインバード-サイクロン掃除機のコード-02

仕舞うときに使うコード掛けの部分ですが、掃除をするときにも上の方のコード掛けに1回引っかけてから、床に垂らすと、コードがある程度空中に浮いている分、取り回しが良くなります。

手元にコードがあるので、コードが邪魔になっても、わざわざしゃがまずに、手元から引っ張ったりすればコードの移動がある程度できる様になるので便利です。


と言うことでTWINBIRDのサイクロン掃除機を使う時は試してみて下さいね!


TWINBIRD(ツインバード工業)さんは新潟の企業なので応援!(新潟県燕市の企業です)



それでは。



それでもやはりコードレスな充電式が良い人は6000円以下でこういう商品もあるそうな。



●余談

書き終わった後に、TWINBIRDさんの製品ページの写真を見たら、どうやら今回紹介したコードの取り回し方が公式みたいです。他の写真もよく見るとそうだわ…。
20131211-ツインバード-サイクロン掃除機のコード-04
画像出典:スティック型クリーナー サットリーナ サイクロン TC-4227BL(ツインバード工業株式会社)



自分で編み出したと思ったら、既にメーカーが考えていてショックだわ(笑)。
でも、こうやって使った方が便利なのがお墨付きになったらいいか。



●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索