概要 タッチキーボードの表示を停止するには「Touch Keyboard and Handwriting Panel Service」のサービスを停止・無効化する必要があります。その手順を紹介。

20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-00

Surfaceなどのいわゆる2 in 1タイプのPCやタッチができるノートパソコンをお使いの方も増えてきたように思います。

タッチができるのは便利なのですが、Windows 10で困ることはタッチキーボードが頻繁に出てきてしまうことです。


私はSurface Pro 2を自宅ではWacomのペンタブレットに繋げて操作しているので、以下のような感じで頻繁にタッチキーボード(手書き入力)が出てきて困っていました。



●タッチキーボードが出てきて困る例

Wordを起動して、何か入力します。入力したい場所で、ペンタブレットのペンでクリックします。

20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-01


すると、下にタッチキーボード(または手書き入力)が下の方に表示されます。

便利な時もあるのですが、「いやいや、入力はキーボードからするから出てこなくてもいいよ!」「編集画面が見えなくなる!」と思っても出てきます。

20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-02

というわけで、頻繁にタッチキーボードが出てくるので、これを出てこなくする(停止する)方法を紹介します。



●タッチキーボードの表示を停止する方法

まずはタスクバーにある「○」をクリックするか、Windowsキーを押しながら「Q」キーを押します。

(以下の画面はタスクバーが上に来ています)

次に、下の方にある検索ボックスのような所に「サービス」と入力します。

20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-03


「ローカル サービスの表示」をクリックします。

20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-04


サービスが表示されるので、「Touch Keyboard and Handwriting Panel Service」を探します。下の方にあることが多いです。

20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-05


「Touch Keyboard and Handwriting Panel Service」の文字の上で「右クリック」をします。

20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-06


コンテキストメニューの中から「停止」を選択します。

20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-07


これで一時的にタッチキーボードが出なくなるのですが、また出てくるので、完全に出てこないようにサービス自体を無効にします。

「Touch Keyboard and Handwriting Panel Service」の上で、右クリックをして、コンテキストメニューの中から「プロパティ」を選択します。

20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-09


「スタートアップの種類」を「無効」にして「OK」ボタンをクリックします。

20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-10


これでタッチキーボードが出てこなくなりました。



●タッチキーボードをまた使いたくなったら

またタッチキーボードを使いたくなったら、「Touch Keyboard and Handwriting Panel Service」のプロパティにある「スタートアップの種類」を「自動」にして「開始」ボタンをクリックすればOKです。



それでは、よい入力ライフを。



●参考

  • タッチキーボードの無効化(マイクロソフト コミュニティ)


  • ●こんな記事も読まれています



    ブログ著者

    笹川純一・jdash2000

    名前:(Google+のプロフィール)

    ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

    お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

    ブログ著者について


    コメントをどうぞ


    サイト内検索