概要 iPhoneのSiriに「あけおめ!」と話しかけると、どんな反応があるのか試してみました。
20140101-Siriにあけおめ-01

iPhoneのSiri、みなさん使っていますか?


古くからのMacユーザーの方はMac OS 8とか9とかを元日(三が日もOKだっけ?)に起動すると「謹賀新年」と起動時に表示されるというものがありました。
日本の礼節を大事にするMacでしたね。Mac OS Xになってからは忘れてしまったみたいですけど…。


そんな礼節はSiriが引き継いでくれました。


Siriに向かって「あけましておめでとうございます!」と元気よく言ってみましょう!
…と思いましたが、最近は「あけおめ!」なので、「あけおめ!」と言ってみました。

20140101-Siriにあけおめ-02

Siriからの返事は…




きちんと認識して「あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。」とやたら丁寧に返してくれました!
20140101-Siriにあけおめ-03


もっと新年のアイサツをしてみましょう。


「あけましておめでとう!」→返事が短くなったけど「!」で元気に返信。
20140101-Siriにあけおめ-05


同じ言葉でも…。
20140101-Siriにあけおめ-06


こちらも少しだけ丁寧に言ってみる→お祈りされた!
20140101-Siriにあけおめ-04


ちょっと難しい言葉でも…認識!
20140101-Siriにあけおめ-07


他におもしろい反応があれば教えて下さい!

それでは、よいお年を!(違)


ネタ元

丸山 章 - Mac OS9までは元旦に起動したら起動画面に「あけましておめでとうございます」って出てたのに、OS...(Facebook)のコメント欄。

昔のMac


▶ iBookから新年の挨拶 - YouTube


●こんな記事も読まれています



ブログ著者

笹川純一・jdash2000

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について


コメントをどうぞ


サイト内検索