タブレット関連の記事一覧



20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-00

Surfaceなどのいわゆる2 in 1タイプのPCやタッチができるノートパソコンをお使いの方も増えてきたように思います。

タッチができるのは便利なのですが、Windows 10で困ることはタッチキーボードが頻繁に出てきてしまうことです。


私はSurface Pro 2を自宅ではWacomのペンタブレットに繋げて操作しているので、以下のような感じで頻繁にタッチキーボード(手書き入力)が出てきて困っていました。



●タッチキーボードが出てきて困る例

Wordを起動して、何か入力します。入力したい場所で、ペンタブレットのペンでクリックします。

20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-01


すると、下にタッチキーボード(または手書き入力)が下の方に表示されます。

便利な時もあるのですが、「いやいや、入力はキーボードからするから出てこなくてもいいよ!」「編集画面が見えなくなる!」と思っても出てきます。

20160612-タッチキーボードを無効にする(表示させない)-02

というわけで、頻繁にタッチキーボードが出てくるので、これを出てこなくする(停止する)方法を紹介します。

記事の続きを読む




ということでSurface Pro 2を購入しまして、もう3週間が経ちました(開封写真レポートはこちら)。

さて、Surface Pro 2にはデジタイザーペンという操作用のペンが付属してきます。
20131120-SurfacePro2のデジタイザーペンの代わり-01

このデジタイザーペンなのですが、Windows 8スタイルで使うWindowsアプリでは指でのタッチ操作を基本にして作成されていることが多いので、あまり必要ありません。あると便利なアプリもありますけどね。

ですが、デスクトップアプリ(いわゆる以前からあるWindowsのソフト)を使用する際には、UI(ユーザーインターフェイス:いわゆる操作画面)がマウスでの操作を基本としているので、クリックやタッチするパーツが画面上でかなり小さいことが多くあります。設定で、ある程度大きくすることができますが、パーツだけではなく他の部分も大きくなるので、情報を表示する領域自体がかなり小さくなってしまい、操作感が悪くなってしまいます。

このため、デスクトップアプリを使う場合にはデジタイザーペンが必須なのですが、本体内にデジタイザペンが内蔵できないのが難点です。
本体の脇の電源ポートに磁力でピタッと装着されるのは格好が良いのですが…
20131120-SurfacePro2のデジタイザーペンの代わり-10



いかんせん、カバンの中にSurface Pro 2を入れていると、電源ポートにデジタイザーペンを装着していても、外れてしまうのですよね…(外れないくらい強力に装着されたら普通の時に外れなくなってしまいますしね)。


デジタイザーペンが本体に内蔵できないので忘れてしまった!
先日そんな体験をしましたが、そんなときに代わりに使えるペンを偶然発見したので紹介します。


記事の続きを読む



20130606-DTP・印刷アンケート-タブレット-01


ということで、「DTP・印刷関係のアンケートについて(感謝)」で書いたアンケートですが、まずはDTPerがタブレットをどのくらいの方が持っているのか?というアンケートを開始しました(会社で)。

発案は樋口さん。



樋口さんには、アンケート内容を確認してもらいました。ありがとうございました。


ということでアンケートの質問は「タブレットを所有しているか?」「タブレットのOSは?」「タブレットのディスプレイサイズは?」「普段から使用しているか?」の4つしかないので、すぐに終わると思います。


あと、持っていない方もぜひ「持っていないと回答」をお願いいたします。
そうしないと最終的に「なんかよくわからんけど皆iPadとか持っている…なんなのこのクラスタ…」という結果になってしまいます!


記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索