デザイン関連の記事一覧



201303110-鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか」-00
出典:鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか」


Facebookで鶴ヶ城のプロジェクションマッピングの写真がアップされていて、隣の県だし、ちょっと行ってこようかな…と思ったけど、YouTubeの動画を見て、行くのをちょっと躊躇した話。


まず、プロジェクションマッピングとは何なのかということですが、ニコニコ大百科から引用します。
プロジェクション・マッピングとは、物体に映像を投影する表現手法のことである。

概要

ビデオやCGなどの映像を、プロジェクターによって直接建造物・自然物などを含めた立体物に投影する。しばしば「最先端」と呼ばれる新しい表現手法である。

周囲を暗くし、投影する距離や角度を緻密に計算することによって、あたかも投影されている物体そのものが発光していたり、形が変わったり、透けたりしているかのように見せることができる。特に建造物などの大規模なものは圧巻で、音楽や効果音が加わることによって空間そのものをデザイン・演出してしまう。その仮想と現実が入り交じったような迫力のある映像には思わず見入ってしまうだろう。
プロジェクション・マッピングとは (プロジェクションマッピングとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
ということで、スクリーンではなく、物体に映像を映し出すところが新しいとされています。


プロジェクションマッピングで有名な所としては2012年9月の東京駅のプロジェクションマッピングでしょうか。これは圧巻でしたね。何度も動画を見てしまいました。

出典:TOKYO STATION VISION 東京駅プロジェクションマッピング - YouTube



それで今回の会津の鶴ヶ城のプロジェクションマッピングですが、見た動画は次のものでした。

出典:ふくしま 会津 鶴ヶ城 プロジェクションマッピング 「は る か」 - YouTube


見た印象は「…うーん…」という感じでした。

記事の続きを読む




Illustratorでフチ文字の隙間を埋める件で、@morimoto_kanako(もりもとかなこ)さんの方法を「Illustratorでフチ文字の隙間を埋めるアピアランス設定(by かなこさん)〜その1」という記事で書きましたが、同じようにアピアランスを設定してもうまくできないという意見があったことを受けて、他の方法も公開されています。

今回は方法を紹介します。


ふち文字の隙間を埋めよう(正解の手順編:その2)

20130103-Illustrator-ふち文字の隙間を埋める-その2-01

※本人からデータをもらって書いています。
記事の続きを読む



ということで、かなり遅くなってしまいましたが、Illustratorでフチ文字の隙間を埋める件で、@morimoto_kanako(もりもとかなこ)さんの方法を紹介します。(本人からデータをもらって書いています)


さて、フチ文字の隙間を埋める設定をしていない場合はこんな感じです。
20121229-Illustrator-ふち文字の隙間を埋める-かなこさん-01



これのフチ文字の隙間を埋める設定は以下の通りです。

「線」のオブジェクトに対して「パスのアウトライン」+「分割」+「中マド」を適用します。
「分割」の項目をダブルクリックしてオプションにて「分割およびアウトライン時に塗りのないアートワークを削除」のチェックを外しておきます
20121229-Illustrator-ふち文字の隙間を埋める-かなこさん-02
(↑クリックで拡大されます)


これは正解ですね。
文字の中にある隙間がキチンと埋まっていますし、文字間の隙間だって埋まっている。


私が前に記事で書いた「【見た目がワンランクアップ!】フチ文字の隙間を埋めるIllustratorのアピアランステクニック」は実は、最初の要件の「BとC」の間の隙間を埋める件は満たしていませんでした(汗)。
20121212-Illustrator-フチ文字の隙間をアピアランスで埋める-02


記事の続きを読む



20121212-Illustrator-フチ文字の隙間をアピアランスで埋める-02



なんかTwitter見ていたら気になることが見えたんですよ。


あ〜、言われてみるとフチ文字の隙間は気になるかも…。


20121212-Illustrator-フチ文字の隙間をアピアランスで埋める-05

比べてみると確かに右の方がスッキリした感じで良いですね!

細部にキチンとこだわることがクオリティを上げるポイントということでしょうか。
全然気にしていなかったので、今度から気をつけます。


さて、この隙間の問題、Illustratorのアピアランスの機能で解決できます。
頑張って考えてみましたので紹介します。


記事の続きを読む



20120909-10分でわかるデザインの基本-新潟プレゼン研究会-00

9月2日に新潟プレゼン研究会のプレゼンターとして参加してきました。


今回、私は「10分でわかるデザインの基本」というタイトルでプレゼンを行いました。


デザインというものはセンスではなく、正しく情報を設計することで伝えたい相手に伝わるようになる。
デザインの基本となるポイントは4つ
ということでお話ししました。



当日使ったプレゼンの資料はこちら。


デザインの基本となる4つのポイントは
  • まとまり
  • 並び
  • 繰り返し
  • コントラスト
となります。
文字や図形を配置する際、もしくは文字や図形の大きさや色を決定する際に、これらの4つの項目を意識することで、伝えたい相手に対して配置・大きさ・色からも情報の意味を伝えることができるというものです。

記事の続きを読む



20120824-Microsoft-ロゴ-01

新しいMicrosoftのロゴがやってきました!


Windows 8の販売開始を控え、色々動き始めて興奮しますね。


ロゴは今までの斜体で勢いのあるイメージのMicrosoftのロゴタイプから、ノーマルなロゴタイプに変更されました。
左側のシンボルは、4色のカラーで表現されており、Microsoftの多彩な製品ポートフォリオをイメージしたものになっています。


さてこのロゴと紹介用の動画を見ていて気になったことがあります。


記事の続きを読む



20120817-シャガール展-新潟-01

新潟県立万代島美術館で開催されている「シャガール展」に先日(8月15日)行ってきました。

あまりこういう美術鑑賞はしないのですし、シャガールは名前しか知らないのですが、一緒に行った人が「何とも言えないおもしろい絵を描く人だよ」と教えてくれたので、勉強する気持ちで行きました。

記事の続きを読む



20120606-紙扇子-00

夏場のノベルティでよく見るものと言えば、やはりウチワ(団扇)ですね。


色々なシーンで配られますし、とても良いノベルティです。

家にも10年くらい前にもらったウチワがまだあります(笑)。

長寿命のノベルティです。


ただ、難点といえば、もらう側から見て「もうちょっとコンパクトにならないの?」ってのがあります。(特に外出時にカバンが小さかったりするとしまうことができないのでイラッとするんですよね…)


そこで今回紹介するのは、全て紙でできている「紙扇子」です。

20120606-紙扇子-01


紙製…?と思われる方もいるかもしれませんが、結構良かったです。

レビューは続きから。


※なお、この記事に出てくる会社と私はなんら資本関係はありませんし(笑)、会社でこの紙扇子の受注をしているわけではありません(汗)。


記事の続きを読む



先日の記事の「metaタグのkeywordsの記述はGoogleのSEOには無意味」で掲載したイメージ画像のお話。


先日の記事では以下の画像を利用させていただきました。

Key Note
Key Note by william.neuheisel


大きな古いタイプの鍵(キー)をずるずると引っ張る人を表現した作品ですね。
この画像をFlickrで見てみたらビックリした作品だったので、その勢いだけで紹介します。


記事の続きを読む



Google+が新しいUIに切り替わりました。

なかなかスッキリしていて良い感じですね。
ストリーム(※)にかなり集中できるデザインだと思います。


さてこのGoogle+ですが、ストリームが左側に寄ったことでブラウザのサイズによっては右側にかなり余白ができてしまいます。
20120414-Google+の新しいUI-01

まったく情報がないので無駄と言えば無駄ですが、これを今後Googleがどのように使うのかを予想してみました。


※ストリーム:Twitterのタイムライン(TL)、Facebookのニュースフィードと同じようなものでユーザーの投稿が流れていく場所のGoogle+での呼び方。


記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索