環境関連の記事一覧



印刷関係のニュースで変わり種の面白いニュースを。

東芝がプリンターを発売開始します。
最大の特徴は印刷した文字が消えるトナーを使用し、何回でも印刷を消去して用紙を再利用できるという点です。

20121113-Loops-01


そもそも「東芝がプリンター」という点で既にどんなプリンターなんだ、謎過ぎる…福山雅治が宣伝するREGZA Printerか、とか思ったりもしないでもないですが、オフィス用の真面目な複合機プリンターです。(※REGZA Printerは実在しません)


先ほども書きましたが、最大の特徴は消えること。
「Loops」は、瞬時に消せるトナー*3を使って紙に印刷やコピーをする「LP30(専用複合機)」と、使用した紙のトナーの色を消す「RD30(専用消色装置)」から構成されます。瞬時に消せるトナーは、消色装置「RD30」に紙を通して一定以上の高温で加熱することによって色が消える特殊なトナーです。
東芝テック: 世界初、「消色」「分別」「電子化」を同時に行う複合機システム「Loops(ループス)」の発売について 〜循環型社会に貢献するエコ・プリンティング〜

高温で加熱すると消えるというと、やはり、あのペンで使われている技術か?と思ったら、やはりそうでした。

*3 本製品で使用する消せるトナーは、株式会社パイロットコーポレーションとの共同開発です。
東芝テック: 世界初、「消色」「分別」「電子化」を同時に行う複合機システム「Loops(ループス)」の発売について 〜循環型社会に貢献するエコ・プリンティング〜

フリクションボールペンは以下の写真のペンですね。便利に使っています。

20120719-フリクションペン-芯替え-01


消えるトナーを実際にプリンターで使うというのは面白い試みだと思います。

一時的にしか見ないような文書の場合、普通だったら、一度印刷した紙は裏紙として使って、おしまいなので最大2回しか使えませんが、この東芝のプリンター「Loops」は何回でも紙を使用できます。

これ、印刷したものへの書き込みもフリクションボールペンを使ったら、色を消す際についでに消えたら更にナイスな商品だと思うのですが、どうなんでしょうね。
原理的には消えるはずですが。


もう一つこのプリンターシステムには面白い点があります。


記事の続きを読む




PAGE2008の間、池袋北口にある東横インに宿泊していたのですが、備え付けの櫛(くし)が珍しかったので紹介。

↓ものとしてはこんな感じです。至って普通のプラスチックっぽい櫛なのですが…。

紙の櫛-1


↓櫛に書いてあるマークを見ると何と紙のマーク。

紙の櫛-2

紙だからといって、この櫛がすごくグニャグニャ曲がる剛性の低い使えない櫛かというと、もちろんそんなことはなく、よくあるプラスチックの櫛と同じ感じの櫛の堅さでした。

印刷に携わっていると紙に触れることが多いわけですが、印刷用氏以外にも紙の色々な使い方があるのだなぁと改めて思いました。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


一応どこのメーカーなのかなぁとGoogleで「*紙のクシ」を入力して検索したら、どうやら「環境総合研究所」というところの商品みたいですね。写真の櫛の形状が全く同じです。

マプカ® 紙のクシ|株式会社環境経営総合研究所ホームページ

この紙のクシがどういうものかはこのページでこう書かれていました。

主成分が植物系の原料であり、『紙』として可燃物処理が可能です。

有害化物質、VOC勧告物質、EU指令禁止物 資(RoHS指令)が含まれていません。

樹脂成形品と比べ、静電気が発生しにくくなります。

耐熱(max130℃ 既存品の1.5倍)、耐油、耐薬に優れています。

*マプカ® 紙のクシ|株式会社環境経営総合研究所ホームページ

櫛なので、静電気が発生しにくくなるのは良いですね。女性でなくても、男性でも結構髪からバリバリ静電気を発生する人がいそうですからね。(笑)


また、この紙の櫛は「マプカ」というらしく、古紙を主原料として作られているそうです。

「マプカ」は古紙を主原料にポリオレフィン系樹脂をバインダーとして、成形できる素材として開発されました。プラスチック製品と同様の射出成形、押出成 形、シート成形、サーモフォーミングにより成形品を作る製品の総称です。 (特許出願中)

マプカ事業は、古紙パウダーとポリオレフィン系樹脂の混練技術の確立により生まれた成形材料で す。紙の性質をそのまま保ちながら、プラスチックと同様に成形できる新素材であり、使用後は紙製品と同様に処理できるプラスチック製品代替の切り札です。

*マプカ® 事業|株式会社環境経営総合研究所ホームページ

これからがおもしろそうな素材ですね。中国の古紙の買い取りが増えていく中で古紙の価格が上がっているので、価格面での訴求はなかなか難しそうですけど、なんとか頑張っていただきたいですね。

記事の続きを読む



六本木ヒルズと言えば回転ドアというくらい最近は回転ドアが話題のようだが、回転ドアが何もかっこいいとかそういう理由だけで付けられているワケではないようで。

建築士の人から聞いた話だと、回転ドアは基本的に中から見ればドアが閉まりっぱなしの状態が続いているので、空調(冷暖房)への負担が少なくなり省エネだということ。なるほどそういう理由もあって採用されていたのね(それだけじゃないでしょうけど)。

でも回転ドアは人の移動が直進じゃないし、速度も(基本的に)一定なので車イスとか足の不自由な方には向いていないわけで、バリアフリーではないようで、一長一短といったところ。

そこでこんな回転ドアを紹介された。実際見たことがあるし、通ったこともあるけどどこのビルかは忘れてしました。

神奈川ナブコ<オーバルスター>

この回転ドアは直進で進めるので、普通の回転ドアよりは障害者に対して優しい感じだ。

#そういえば新潟空港にも回転ドアがあったなぁ。確か動く速度が可変なんだけど、意味があるのかしら。
記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索