CSR関連の記事一覧



20150504-ネパール地震の募金にTポイントや楽天ポイントを使う-00

ネパールでの地震から1週間が経って、阪神淡路大震災の死者6434人を超える7000名以上となったそうで、自然の力に驚かされると共に、現地の方へ哀悼の意を表します。

(CNN) ネパールの国家緊急事態対策当局は3日までに、マグニチュード(M)7.8の地震に伴う犠牲者は7040人に増えたと報告した。負傷者は1万4398人。いずれも現地時間2日午後8時半ごろの時点での数字となっている。
CNN.co.jp : ネパール地震の死者、7千人超す 負傷者1万4千人


ネパールの地震に対して、何かできることはないかと思っていたら、自分のブログにネパール大地震の支援(募金)をお願いするユニセフの広告が表示されていました。

なるほど募金という手段があったな…と思って、ユニセフのページを検索して(自分の設置したGoogle広告をクリックするのは規約違反なので…)募金しようと思ったら、なにやら登録する項目があって、ちょっと面倒に思えてしまいました(すみません)。


ふと考えたら、Yahoo!や楽天ならサービスの登録をしているので、すぐに募金できるかもと思って探してみたら、どちらも募金を行っていましたので紹介します。

記事の続きを読む




3月8日は国際女性デー(国際婦人デー)だそうですね。

Wikipediaによれば、アメリカの婦人参政権に対するデモが起源のようですね。

1904年3月8日にアメリカ合衆国のニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こした。これを受けドイツの社会主義者・クララ・ツェトキンが、1910年にコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱したことから始まった。

国際女性デー - Wikipedia


私は思わぬ所で、それを知りました。

それはゲーム。

20150309-国際女性デーをゲームで知る-04

Marvel Contest of Champions(マーベル オールスター バトル)です。

このゲームはマーベルの色々なヒーローが戦う、いわゆる格闘ゲームです。

記事の続きを読む



まさに良いCSRの例だ!と感じたサービスがソフトバンクグループから発表されたので紹介します。

その名も「かざして募金」というサービスで、「かざして募金」のスマートフォンアプリを起動して、特定のエリア(ポスターやデジタルサイネージなど)を撮影すると、募金がすぐにできるというもの。

20140307-CSR-ソフトバンクかざして募金-01

画像出典:かざして募金(ソフトバンク)



記事の続きを読む



年末の掃除をしていたら、日本郵便から届いていた封筒が出てきました。

郵便局で投資信託をしているのでNISA開始のお知らせでした。(届いたのは2013年6月)


裏面を見てみると…

20131231-紙幣パルプ混抄紙-01

「紙幣パルプ混抄紙 この封筒は役目を終えた紙幣を再利用しています。(銀行券裁断屑を30%使用)」と書かれていて、お金(紙幣)から作られた封筒なので、NISAという投資でお金が増えそうなイメージがあります。

担当者の紙のチョイスがすばらしい!


コストだけ考えればどう考えたって、再生紙より普通紙の方が安いわけですが、金融商品を取り扱う会社がこうした形でお金に関係する形で社会と繋がるのは素晴らしいことだと思います。

この紙を選択したのは社会課題に対しての回答のひとつとして(CSRの一環)と考えられますね。




記事の続きを読む



Facebookでファストファッションで有名なH&Mの取り組みを知りました。

LONG LIVE FASHION!という取り組みで、服も再利用を進めていく取り組みのようです。

CSR(企業の社会的責任)の活動としても業態にマッチしていて良いですね。

20131230-H&M-LONG-LIVE-FASHION-01

スライドを読んでみると、捨てられる服の「95%の服には再利用の可能性がある」と書かれています。

95%とは非常に高い値です。

ほとんど再利用できると言っても過言ではない。

もし、そんな状況であったとしたら、そのままゴミとなってしまうのはもったいない、そう思うのが自然な感想ではないでしょうか。


記事の続きを読む



10月13日に今井彩子さん主催のCSRコミュニケーション研究会の第4回に出席してきた。

今回はCSRの専門雑誌「オルタナ」の第34号を読んできて、それに対して、色々と話し合ってみるということだった。



今回の特集は「D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)が企業を強くする」というもの。

D&Iは初めて聞いたが、D&Iとは、DはDiversity(多様性)・IはInclution(包摂)とのこと。
包摂はDTPの文字に関することをしていれば聞いたことがある単語かもしれないが、包摂は簡単に言えばその中に含まれることと考えてもらえばいい。


つまり人材の多様性を尊重し、多様な人たちを社会や組織に取り込んでいく・参加してもらうことは、今後の企業の競争力を高めるために重要とのこと。


字面で見てみると、もっともらしいことを書いているが「本当」にそうなのか。
また課題は何なのかを考えてみた。


記事の続きを読む



20130930-CSRワークショップ-01

「CSRってよく聞くけどなんだろう?」


8月31日の土曜日にCSRのワークショップへ参加するために新潟市中央区の「ほんぽーと」へやってきました。
ワークショップは第3回目とのこと。


このワークショップは私は初参加でした。
Facebookでお友達からFacebookイベントに招待されていたのですが、全然返事をせず、当日のワークショップ開始1時間くらい前にようやく「参加する」ボタンをクリックするくらいの感じで参加しました。(一応参加するために電車で新潟駅には来ていたのですけどね)

このイベントでCSRの基本やメリット、そして取り組むべき課題や参加者が構想中のCSRへの取り組みなどを学んできましたのでレポートします。

なお、このレポートは結構前に書いたけど中途半端になっていて、最近書き上げたものです。すみません(^-^;
記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索