SEO関連の記事一覧



20160428-Google検索で「ページがモバイルフレンドリーではありません。」-00

●Googleはモバイル対応を促進している

Googleがモバイル対応を促進していることは以前から知っていました。

昨年(2015年)の4月にモバイルでの検索結果のランキング要素として、モバイル対応している(=モバイル フレンドリー)ページかどうかということが重要になりました。

Googleの公式ブログでも書かれていますね。

今年の 2 月に発表したように、本日より、Google は全世界でモバイル フレンドリー アップデートを開始します。これにより、モバイル版の検索結果では、モバイル フレンドリーなページの掲載順位が引き上げられ、検索ユーザーは、小さなスクリーン上でも読みやすい、高品質で関連性の高い検索結果をより簡単に見つけることができるようになります。

モバイル フレンドリー アップデートを開始します(Google ウェブマスター向け公式ブログ)


そして、今年(2016年)の5月にも、検索結果のランキング要素にモバイル対応しているかどうかを、更に強めて採用するアップデートを行うことがGoogleの公式ブログに掲載されています。

どんな端末を使用していても、的確で関連性の高い検索結果が表示されるべきだ、と Google は考えています。スマートフォン、パソコン、タブレットのどれを使用していても、検索結果は的確で見やすいものであるべきです。そこで、Google では昨年より、サイトがモバイル フレンドリーかどうかをモバイル検索でのランキング要素の一つとして使用し始めました。この 5 月からは、当該ランキング要素の効果を高めるアルゴリズムのアップデートを段階的におこなっていきます。このアップデートにより、モバイルでも見やすいページが検索結果でさらに多く表示されるようになります。

ウェブをさらにモバイル フレンドリーにするための取り組み(Google ウェブマスター向け公式ブログ)


会社のウェブサイトはPCから見ている方が多いので、別に慌ててモバイル対応しなくてもいいかな…なんて思っていたのですが、PCからGoogle検索してみてビックリ!!

え? アドレスの下に何か書いてあるよ!?

20160428-Google検索で「ページがモバイルフレンドリーではありません。」-01

記事の続きを読む




検索エンジンはユーザーにとって最適な情報を提供しようと改善を続けています。このため、企業にとっては必ずしも都合が良い検索結果にならないこともあるようです。


●目次



●謎の「ヤフー」という検索ワード

録画してあったとあるテレビ番組を見ていたら小嶋屋さんのテレビCMを放送していました。

年末ということで「年越しそば」の宣伝を行っているようです(現在、年越しそばの販売は終了しています)

そのテレビCMの最後に表示されたとある部分に私は「えっ?」と思いました。

それはここ。

20151229-ヤフー・長岡小嶋屋-01

「●●で検索」の●●の部分が「長岡小嶋屋」ではなく「ヤフー 長岡小嶋屋」になっていました。

この「ヤフー」という検索ワードが追加されていることに、もの凄く違和感を感じました。

「そば」などの関連した検索ワードではなく、なぜ「ヤフー」?

記事の続きを読む



Googleはモバイルファーストを強力に薦めている証拠かもしれません。

Googleのウェブマスターツールから「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」と題した警告とも受け取れるメッセージが届きました。(今見ているこのブログページの話ではないです)

20150116-Google-ウェブマスターツール-モバイルフレンドリーではない-01

Google のシステムは、貴サイトの 848 ページをテストし、そのうちの 100% に重大なモバイル ユーザビリティ上の問題を検出しました。この 848 ページの問題の影響で、モバイル ユーザーは貴サイトを十分に表示して楽しむことができません。これらのページは Google 検索でモバイル フレンドリーとは見なされないため、スマートフォン ユーザーにはそのように表示、ランク付けされます。

「重大な問題」だそうです。

記事の続きを読む



20141021-Googleウェブマスターツール-サイトマップとRSS-01


サイト作成者にとってGoogleの検索結果に表示されることは非常に重要なことのひとつです。

そのためには作成したコンテンツをGoogleに発見してもらわなければいけないのですが(いわゆるSEOのひとつです)、Googleは「Googleウェブマスターツール」というページで管理しているページの登録などを行うことができます。


さて、そのGoogleウェブマスターツールですが、「クロール」という項目の「サイトマップ」の項目でサイトマップ(sitemap.xml)(以下XMLサイトマップ)やRSS・Atomなどのフィードを登録することができます。この項目は「サイトで登録すれば良いページのリスト」を登録するわけです。そうすると、Googleが効率よくページを登録できますし、更新情報をいち早くGoogleに知らせることができます。

20141021-Googleウェブマスターツール-サイトマップとRSS-03


このサイトマップの項目にはXMLで記述されたページの一覧であるXMLサイトマップとRSS・Atomのフィードが登録できますが、どちらの形式を登録すべきなのでしょうか?

記事の続きを読む



20140725-Zenbackからのアクセス数が落ちている-05

画像出典:Zenbackであなたのブログに全てのフィードバックを。(Zenback)


みなさん、Zenbackのウィジェット使っていますか? ブログを運営されている方は結構使っている方が多い様に感じます。

Zenbackのウィジェットを使うと関連の記事やソーシャルメディアでの反応などが表示されて、それはそれで便利なのですが、やはりブログ運営者としては関連サイトのZenbackキーワードページからのアクセス誘導が魅力的です。

ちなみに、Zenbackキーワードとは以下の様に説明されています。

zenbackキーワーズは、zenbackを利用しているブログから、特定のキーワードにマッチする記事をまとめ、壁新聞のように1ページにまとめて見せるサービスです。

[新機能]「zenbackキーワーズ」、「関連キーワード」を公開しました - Zenback ブログ


Zenbackキーワードのトップページはこんな感じ。

20140725-Zenbackからのアクセス数が落ちている-07

画像出典:zenbackキーワーズ

記事の続きを読む



20140112-Google-Analytics-サイト検索-07

画像出典:Google Analytics(Google+)


みなさん、Google Analytics使っていますか?

今回はGoogle Analyticsの機能を使って、サイト訪問者の知りたいこと、ニーズを知る技を紹介します。



●その前に検索キーワード取得について

検索エンジン(GoogleやYahoo!)から検索して来たサイトの訪問者が知りたいことは、その検索で使用したキーワードに含まれています。

例えば「グラシン紙 封筒」というキーワードで調べていたら、その方は「グラシン紙の封筒に関心がある方」なのだと考えられます。グラシン紙で封筒を作りたいのか、デザインを探したいのかはこのキーワードでは分かりませんが、グラシン紙の封筒に関心があることは間違いなさそうです。

こうした検索時のキーワードは以前は比較的楽に取得できていました。


現在は、Googleの検索サービス利用時のSSL化によるセキュリティ向上対策を行った結果、検索キーワードが取得できなくなっています。

日本ではGoogleとYahoo!の利用率が半々ですので、Googleがダメでも、Yahoo!の方のキーワードを取得することができます。

とはいえ、今後Yahoo!がSSL化する可能性もあり、今後は検索キーワードが完全に取得できなくなる可能性も否定できません。



●他に左右されないサイト内検索からキーワードを取得

つまり、他のサービスが方針転換したら、検索キーワードが取得できなくなるということになり、これではサイトの訪問者のニーズを安定的に知ることができません。

逆に言うと、自分たちのサービス内で検索キーワードを取得できれば、他のサービスに左右されずサイトの訪問者のニーズは安定的に知ることができるというわけです。


そこでサイト内検索の登場です。

サイト内検索を使って頂くには、まずそのサイトに辿り着いていることが基本になりますが、その点はSEOを頑張って頂くとします(そこまでここで含めると長くなるため)。

そのサイトに訪問している方が、サイトを一通り見た時に「求めている情報はこのサイトにあるのかしら?」と疑問に思った時に利用されます。

つまり、サイト内検索で使われたキーワードは検索エンジンのキーワードと同じく、訪問者のニーズを表しています。


それではサイト内検索の実例とGoogle Analyticsの設定を見てみましょう。




記事の続きを読む



20130317-Googleパンダアップデート2013年3月-00
Googleは検索結果の品質向上のため、アルゴリズムなどを随時アップデートしています。
低質なコンテンツは検索結果に出てこなくするような改善を行っています。(パンダアップデート・ペンギンアップデートと業界では呼ばれています)


しかし、そのアップデートは各サイトの死活問題にもなることも…。


それで今度のアップデートは3月15日か3月18日という情報が「海外SEO情報ブログ」に掲載されていました。
米サンノゼで開催されているSMX Westで、GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏がペンギンアップデートとパンダアップデートの次回の更新についてセッションのなかで言及しました。

具体的には次のような予告になります。

  • ペンギンアップデート: 2013年中
  • パンダアップデート: 今週金曜日 (3/15) か来週月曜日 (3/18) ※現地時間
次のペンギンアップデート更新は年内に、次のパンダアップデート更新は今週末にも実行か | 海外SEO情報ブログ

そうなのかー、ふむふむ…週明けに注意ですな…と思っていたら、なんかわからんけど、それより前に検索エンジンから検索結果の変動をくらっていたようなのでご報告。

記事の続きを読む



FC2ブログは使わない方が良いかもって話。
使っている人には申し訳ない話ですが…。


そう思ったのは、FC2ブログのコンテンツをFacebookでシェアしようとすると、たまに以下のような「セキュリティチェック」のダイアログが表示され文字を入力させられます。

これは特定の人のFC2ブログだけではなく、他の複数人のFC2ブログでも発生しています。
(他のサイトのシェアではこのセキュリティチェックのダイアログが表示された記憶はほとんど無いです)

20130109-FC2ブログ-Facebookセキュリティチェック-01

つまりFacebook側ではFC2ブログのコンテンツを「怪しい」と考えているのではないでしょうか。

この警告が出るとはっきり言ってシェアするのも面倒だし、いいや…って感じになるのは仕方が無い話。

記事の続きを読む



Key Note
Key Note by william.neuheisel


SEOの話の中でよく出てくるメタタグのキーワードはheadのタグの中に以下の様に記述します。

<meta name="keywords" content="(キーワードをカンマ区切りで列挙)">

このmetaタグのkeywordsの項目は実はGoogleへのSEOには効果がないことはご存じでしたか?
もちろん、日本のYahoo!の検索結果もコアエンジンにGoogleを利用しているので基本的には無意味です。


この情報は信憑性も何もGoogleの検索エンジン担当のマット・カッツ(※)さん自身が発言していることなので間違いがありません。

※NHKの番組「スーパープレゼンテーション」の第1回目で出てきたあの人だ


記事の続きを読む



20111124-movabletype-canonical-00

みなさんMovable Type使っていますか?


早速なのですが、今回は管理しているページの正しいアドレス(URL)を検索エンジンに指示してあげようという話です。


検索エンジンに各ページの正しいアドレスを伝えることはSEO上重要です。
その際に正しいアドレスでリンクをしてあげることも重要ですが、linkタグのrel="canonical"を利用することでも対応できます。


このlinkタグのrel="canonical"はGoogleなどの検索エンジンが、そのページの正しいアドレスが何であるかを指し示す指標として利用されているようです。

特にGoogleはこのlinkタグのrel="canonical"の値をかなり強く利用しているようです(これは今までの経験から)。


今回はMovable Typeでサイト運営する上で、linkタグのrel="canonical"のhref属性にセットするアドレスを正しく入れるためのテンプレートや方法を説明します。

実は単純にテンプレートを作ってしまうと微妙に違ったものがセットされてしまいます…。

記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索