Skype関連の記事一覧



20130314-Skype定額新料金-00

みなさんSkype使っていますか?

Skypeの携帯電話・固定電話宛の通話料金が2013年3月11日から改定されて、かなり安くなりました。
今回改定されたのは、月額固定料金で一定の時間通話できるプランです。


改定された金額を見てみると、携帯電話・固定電話宛の電話が60分話せるプランが月額400円となっています。
20130314-Skype定額新料金-01
出典:Skypeの月額プランがお求めやすくなりました。月額プランで固定電話と携帯電話への通話代を節約しましょう!


つまり携帯電話宛の電話料金が約6.7円/分となります。
これはかなり安いですね。

Skypeから電話へ掛けるときは「非通知」になってしまうことは以前の「050 plusとSkypeのどちらが電話料金が安くてお得か調べてみた(比較グラフあり)」でも書きましたが、この月額固定プランも同じく、「非通知」になります。
なので、用途は少し考える必要はありそうです。(相手が出ないことも考えられるので)


前と同じくSkypeと050 plusの携帯電話宛の通話料金を比較してみました。

記事の続きを読む




20130302-Skypeout-電話料金-00
 出典:Skype - Google Play の Android アプリ


みなさん、Skype使っていますか?

Skypeは固定電話や携帯電話へ電話を掛けられる機能(以前はSkypeoutと言っていました)がありますが、インターネット経由の電話ですが、なかなか音質も良いです。


このSkypeでの電話ですが、国内の携帯電話への通話料金が17.5円/分となっています。

私はソフトバンクの回線でiPhoneを契約しているのですが、単なるホワイトプランの契約だと、20円/30秒なので、約半額になるので結構使っていました。


が、よくよく明細を見てみると、その認識が間違っていることに気が付きました。

記事の続きを読む



20121116-skype-6-アップデート-00


みなさん、Skype使っていますか?

Skypeはいわゆる無料電話の先駆けみたいな存在で、なんだかんだでお世話になっています。

最近は無料電話というより、メッセンジャー的な使い方や、巨大なファイルのやりとりや、有料電話(ケータイや固定電話に電話する)などで使うことが多いのですが…。

それにしても最近のSkypeはiPhoneの3G回線でも音質がかなり改善されていますね。
以前使ったことがあるけど、音質がなぁ…と思っていた人は再度試してみて下さい。イイ感じです。



さて、そのSkypeですが、デスクトップ版のアップデート(更新)をメニューから行おうとしても、「ご利用のSkypeは最新版です。」と表示され、アップデートできないことがあります
20121116-skype-6-アップデート-01


私は、Skype 5→Skype 6.0へのアップデートができませんでした。

Skypeはアップデートすると要らない機能が付くとか、動作が不安定になるとか色々言われますが(苦笑)、それでも最新版を入れておきたい人のためにアップデートする方法を紹介します。

記事の続きを読む



20120901-050-plus-vs-skype-00


先日、知り合いのケータイにたわいもない電話をしようと思って、iPhoneからSkypeoutを久しぶりに使ってみました。(相手はフィーチャーフォン、いわゆるガラケー)


SkypeoutというのはSkypeの機能の一つで、普通の電話にSkypeから電話を掛けられるという機能です。(電話代は有料)


Skypeは自宅のWi-Fi(無線LAN)から接続していたのですが、かなり音質も改善されていましたね。普通のケータイで話すのとほとんど変わらない十分な品質でした。音声も全く途切れることもなく。


そんな話をFacebookに書いたら050 plus(iPhone用アプリ)とどっちがお得なのかを聞かれたので、調べてまとめてみました。


記事の続きを読む




Skypeアイコン

Skypeには普通のIM(インスタントメッセンジャー)の機能と、Skypeユーザー同士の無料通話ができる電話の機能と、同じくSkypeユーザー同士でテレビ電話ができる機能があります。

無料だし、まぁ親会社はeBayだし(一応ね)、とても良いです。


*Skypeのダウンロードはこちらから〜


無料の機能以外では、有料で固定電話や携帯電話に電話を掛けられるSkypeOutの機能や、固定電話や携帯電話からSkypeに電話を掛けられる(つまりオリジナルの電話番号を持てる)SkypeInという機能があります。


このSkypeInですが、そろそろ期限が切れますというアラートがSkypeからメールで送られてきました。おっと、そんな時期か。もう2年もSkypeInを使っているんだなぁなんてアカウントの履歴を見て思いました。

↓アカウントの履歴を見ると更新は今まではどうやら4,000円のようです。

SkypeIn値上げ-01


…が、更新しようとしたら「7,500円」と表示されました。

あれ?…一応Skypeのページで確認しておくか…ということで「*Skypeで無料通話&インターネット通話」のページによれば、今SkypeInを12ヶ月分購入しようとすると、やっぱり7,500円だそうです。


SkypeIn値上げ-02


え?…去年の価格の約2倍!?

ありえん。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


これは何かの間違いだ。Skypeの本拠地は確かヨーロッパだから、きっとユーロが値上がりしたんだよね?とか思ってみた。(単純にユーロの価値が2倍になっていれば日本円では2倍の価格を払わなくてはいけないため)


そこで「*Yahoo!ファイナンス - EURJPY=X」でユーロのここ2年間の動向を見てみると↓次のような感じになっていました。

SkypeIn値上げ-03

う〜ん…。( -д-)


確かにかなり値上がりしているようには見えるけど、2006年2月を1ユーロ=140円、2008年2月を1ユーロ=160円としても、1.2倍はないわけで、全然2倍にはなていないので、通貨の価値の変動によるものではなさそうですね。


となると、Skype側の普通の値上げということになりますわな。残念。


1年間で4,000円だったら、月に300円ちょっとなので、まぁいいかなぁ(iモード使用料みたいな感じで)と思えたのですが、1年間で7,500円だと、月に500円を超えるわけで、何か感覚的に嫌ですね。(^-^; 貧乏チックですみません。

もうちょっと安くなりませんかねぇ…とか思ったので、今回は更新を見送りました。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


単純にオリジナルの電話番号を取るならSkypeじゃなくてWindows Live Messengerになっちゃいますけど「*Windows Live Call™ by ドットフォン | IP電話」の方が月に210円(年2,520円)なのでお得ですよね…。むむむ。


記事の続きを読む



コメント欄に対して言及するのもアレなんだが。
DTPの勉強会
DTP初心者です。勉強会本当に参加したかた。距離の問題?(正直いうと$$$の問題)大阪までいけない。次回の勉強会ネットカメラ発信でも(すくなくても)音声公開していただけないでしょうか?SKYPE系の通信方法もあり、日本全国のDTPにこまっている皆さんも大歓迎!!世界の皆さんも大歓迎!?
InDesign居残り補習室 「DTPの勉強部屋」 ブログ、スタート

Podcastということも良い発想ですねぇ。

ただ、DTP関係の話だとどうしても画面の移り変わりとかどうなってんの、とかが欲しくなることが多いと思うのでそこをどうするかが問題かなぁ。VidePodcastといってもファイルサイズとか転送量の問題とかが発生しそうですしねぇ。

コメントに出てくるSkypeですが、Skype 2.5βではSkypecastという100人まで通話に参加できる機能があります。コレを使えば、音声だけですが、非常に多くの人たちがリアルタイムに参加することができますね。(SkypecastってのはShoutcastとかLivedoorねとらじの双方向版だと思えば良いと思う)

うーんビデオかー。それを実現するには、まぁ簡単なのはWindows Media エンコーダーでストリーミング配信することかな。設定だけ見れば結構簡単そうに見えるけど、ビデオなので帯域が問題かも。(^-^; あとMacの人見れないし…。(あ、SkypecastってMac対応していないや…ゴメン)


1対1ならYahoo!メッセンジャーのVideo機能とかがあるのでいいのですけどねぇ…。


新潟ではあんまりDTPの勉強会なんちゅうのは聞いたことがないので(メーカーさんのはたまにあるみたいですが)、こういうのが遠隔地でも参加できればとても良いなぁと思いました。


もし勉強会の内容の配信が「有料」とかなるのであれば(回線費用や手間などを考えれば多少は仕方がないだろうね)個人でも導入できるマイクロペイメントの「はてなポイント」や「Livedoor POINT」を使うと良いかもしれませんね。


■関連ページ



ラジオ日経では既に放送にSkypecastを使ったみたい!
すごいね。ちなみにLivedoor動画ニュースLive!ではSkypeを使っていますよー。



人にあげられて、リアルマネーに還元か、物を実際に買えるのは以下の2つ以外に何かあるのかな?

記事の続きを読む



Skype Livedoorインターネットの無料電話ソフトといえばSkypeですがSkypeをWindowsMeのマシンに入れようと思ったけど、どうやらSkypeはWindows2000以降の対応らしい。
対応OS: Windows 2000 Professional, Windows XP Professional / Home Edition
livedoor ダウンロード

気にせずインストールしてみようと思った(笑)。

結果としてはインストールの画面は文字化けが起こっているけど「I Agree」っぽいところや「同意します」みたいなところを勘でクリアすればすんなりインストールできました。


自分のアカウントでログインして、コンタクトリストがきちんと表示されることや、SkypeInできちんと電話を受信して音声通話もできました。


でもきっとWindowsMeだとOS的に不安定なんだろうなぁと思ったり。長時間通話しても大丈夫かどうかは不明。


あと、マシンがAMD K6-IIIのマシンなので貧弱。音声通話やチャットくらいなら良いけど、Skype Video機能は無理だろうなぁというところ。(試していない)


使ってみて何か気づいたら追記しますー。

記事の続きを読む



Skypeビジネスマンといえば電話は切っても切れない関係にあるもの。お客様とのアポイント取りを始め、クレームの電話から何から電話を使わない日はないだろう。

電話の料金というのは意外に高くてNTT東日本の料金表(ntt-east.co.jp)を見てみると、20km〜60kmの距離の場合、3分間で30円(昼間)(税込31.5円)、60kmを超えると40円(税込42円)だ。(佐渡と新潟って離れているが隣接地域扱いなのだな)

IP電話というのも最近流行っている。有名どころはYahoo!BB Phone(yahoo.co.jp)ではないか。こちらは全国3分7.5円(税込7.875円)とかなり安い。NTT東日本の20〜25%という価格設定だ。何でもIP電話にしたら良いのではないかなどと思ってしまう。しかし、現実的には会社の中でIP電話を導入しようとしたら内線をどうするか、など難しい問題が出てくる(この問題に対してはIP電話提供会社から様々なソリューションが出されている)。私が勤める会社でも交換機の関係でIP電話化は頓挫したままのようだ。

さて本題だが、Skype(skype.com)というソフトウェアがある。これはP2Pの技術を利用したIP電話だ。

SkypeはYahoo!メッセンジャーやMSNメッセンジャーやICQのようにユーザー間で通話を楽しむこともできるが、SkypeOutという機能を使用すると、国内の固定電話やケータイに電話を掛けることができる。PCからケータイに電話するなんて変な感じだが、これが本当に可能だ。

Skype StoreからSkypeOutを利用する権利(電話料金)を10ユーロ・25ユーロ・50ユーロ単位で購入する。8月8日現在1ユーロは約135円だから、一番安い10ユーロは1350円だ。これなら気軽に購入できる。ただし購入にはクレジットカードが必要だから注意が必要だ。

SkypeOutのクレジットを購入すると、Skypeのスタート画面に残りのクレジット数が表示される。こうなれば国内国外に電話することが可能になる。以下は何カ所かに掛けてみた結果。

(1)自宅:固定電話[NTT東日本]
音声は良好。
1分あたりの通話料金は3.645円(0.027ユーロ)だ。1分以内でも3.645円。

(2)自分のケータイ:PHS[DDIポケット]
音声は良好。
話してみてわかったが1秒程度遅延がある。使用上では特に問題はない。
1分あたりの通話料金は21.195円(0.157ユーロ)だ。1分以内でも21.195円。

(3)人のケータイ:FOMA[NTTドコモ]
ケータイ端末側(受信側)では音声がもごもご聞こえると言われた。PC側はそれなりといったところ。
1分あたりの通話料金は21.195円(0.157ユーロ)だ。1分以内でも21.195円。
FOMAなのに音が悪いのか? 電波状況によるかもしれないが…。

(4)人の家:固定電話[NTT東日本]
留守だった。
留守番電話になったが、「3秒以内に切ったので無料」だった。(Skypeの画面にそう表示される)なんとなく逆ザヤっぽくなる気がするのは気のせいか。

(5)人のケータイ:CDMA1x[au]
ケータイ端末側(受信側)では音声がもごもご聞こえる。昔のケータイのようだ。PC側はそれなりといったところ。
CDMA1x側の端末で通話を切ってもSkype側できちんと切断しないと繋がった状態のママと認識され課金されるようだ。

Skypeの自分専用のページにログインすると「Call List」の中に通話先の電話番号・通話時間・料金(単位料金も)が表示される。なかなか便利だ。使用後すぐに反映されるので、すぐに今使ったばかりの電話料金を知ることができる。先ほどの「3秒以内に切ったので無料」「きちんと切断しないと繋がった状態のママ」もこの画面で確認をした。

Skypeを使用する上で大きな問題がある。それはかけた側の電話番号が表示されないことだ(番号を持っていないのだから当然といえば当然)。非通知ではなく「通知不可能」という様に表示される。このため、相手先の電話によっては着信拒否になり通話ができない場合があるので要注意だ。実験の際には着信拒否を何度も受けたことを記しておく。

また、アドレス帳といったものは存在しない。フレンドリストはあるが、あくまでSkypeのユーザーを登録するリストだ。Skypeのユーザーではない単なる電話友達はリストに登録できない。


電話料金についてはてなダイアリー - 中妻穣太の日記 Skype話その5・SIPの概要と将来性(hatena.ne.jp)では以下のように述べられている。

必ずしもSkypeが一番安いとは限らないのですが、従来のIP電話の場合は、同一のISPまたは提携しているISPのサービスでないと無料で通話できなかったりするわけで、「みんなSkypeに入ればいいじゃん」というほうがはるかにわかりやすいですからね。厳密な価格比較よりはこのわかりやすさに惹かれて、Skypeに流れる人は多いかもしれません。


確かに現在はNTT vs KDDI vs Yahoo!BBみたいな構図になっていて無料で電話できるのは誰?みたいな感じになっている。

SkypeにはPCが必要という条件が付いているが、電話する人たちが全員Skypeが入っていれば電話が必要なくなる。ただ、メンバー間の通話だけだったらMSNメッセンジャーやICQでもできる。

Skypeはそういった音声チャットができるソフトウェアとIP電話を融合したソフトウェアとして存在しているのだが、ソフトウェアの操作上、まだ融合はしていないように感じる。現在のIP電話のようにIPで電話できるときはIPで、ダメなら普通の回線で電話するといった動きのように、アドレス帳に登録しているユーザーにSkypeで通信できない場合は登録してある電話番号に掛けるなどの動作を流れるように行ってくれれば(警告は出た方が良いのかも知れないが)、Skypeを使うだけでボイスチャットと電話の切り替えを意識することなく使えることができるのではないか。(知らないうちに課金されている恐怖はあるかもしれないが)

また「Skype話その5・SIPの概要と将来性」の中の紹介にあったIT Proの「人気沸騰のインターネット電話「Skype」,日本で使うメリットはあるか?」(nikkeibp.co.jp)(閲覧には無料のメンバー登録が必要)に国内でSkypeを使用する場合のわかりやすい料金比較がでている。これを見る限り国内の電話(ケータイを含む)ではあまりメリットが感じられない。ただ、海外への通話料金は一律1分0.017ユーロだからこれは他のIP電話の料金よりも大幅に安い。

国内の電話はIP電話を導入しているところと比較しているからメリットが薄く感じられるわけで、私の家のようにNTTが回線を検査しに来たときにADSLで96kbpsしかでないようなエリアはフレッツ純正のIP電話に対応していない/動作保証されていない(今は平均300kbps/最高600kbps)。ちなみにOK Web Communityの「F-ADSL(8M)で実測800〜500kbでIP電話導入は?」(okweb.jp)(F-ADSL=フレッツADSL)を見る限り、IP電話を使う場合上下共に300kbpsは最低限確保しなくてはならないようだ。

私のような平均300kbpsのようなエリアでもSkypeならIP電話として使うことができる。電話を実際掛けてみて調べた結果、Skypeは26kbps程度で通話できるようだ(音声がない場合はほとんどパケットは流れない)。これならメールやWebを閲覧していてもほとんど影響がない。Skypeはこうした低帯域なユーザーへのIP電話の提供も可能にしている点で非常に評価できるのではないか。

最後になるが、Skypeでの通信の設定はほとんど不要だ。最悪ポート80番が空いていればよいようだが、普通はルーターの設定やファイアウォールの設定を気にすることなく使用できる導入の簡単さも評価できる。

導入が簡単で低帯域でもIP電話ができるSkypeには今後も注目をしていきたい。

#ちなみにSkypeで固定電話やケータイに電話する場合は「+81」+「掛けたい相手の電話番号の最初の「0」を取った番号」で掛かります。
#ケータイが090-12345678だったら「+819012345678」だし、固定電話が「0250-12-3456」だったら「+81250123456」だ。
EZLIB-Log 携帯アプリ&海外携帯電話情報: SkypeOutを早速試すを参考にさせてもらいました)



【2004/09/11追記】
なんでSkypeoutの通話は「通知不可能」なのかなぁと思っていたらケータイWatchの記事に書いてあった。国際電話は全部「通知不可能」なのね。納得。

auの国際データローミング TELECOM ASIAでデータローミングの実力を探る(impress.co.jp)
国際電話経由となるため相手先には「通知不可能」と表示されてしまう


記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索