Windows関連の記事一覧



20140314-Windows-Updateで邪魔な更新を消す-07

Windowsでは毎月Windows Updateがあり、セキュリティ機能の更新などが行われます。

さて、そのWindows Updateの画面ですが、こんな画面を見たことはないでしょうか(画面はWindows 8.1)。

「○個のオプションの更新プログラムが利用可能です」

20140314-Windows-Updateで邪魔な更新を消す-01


クリックして開いてみると、こんな感じで、Microsoft SliverlightやOSによってはBingデスクトップなどが表示されています。

そもそも最近はSliverlightは必要とされるシーンもあまりないので、インストールしなくても良いのですが、「○個のオプションの更新プログラムが利用可能です」と表示されていると、気になってしまいます。

20140314-Windows-Updateで邪魔な更新を消す-02


なので表示を消してしまいましょう!

手順は簡単です。


記事の続きを読む




20131215-Windows-ファイルの並び替え-00

私は仕事でも自宅でもWindowsを使うことが多いのですが、エクスプローラー(MacでいうFinder)でフォルダーを開いてファイルの並び替えをしようとしても、思った項目で並び替えができないことがあります。

例えばファイルの更新日時で並び替えをしたい場合など…。

今回は「並び替え」の項目に表示されていない場合の手順を紹介します。


※画面はWindows 8.1ですが、Windows Vista・Widnows 7でもほとんど同じです。

記事の続きを読む



20131208-Windows8-SkyDrive-00
画像出典:Windows8.1で新しくなったSkyDriveの保存先をmicroSDにする | Surface Online


みなさん、SkyDrive使っていますか?
SkyDriveとは、Microsoftが提供しているオンラインストレージです。いわゆるクラウドにデータを補完してくれるサービスです。


MicrosoftのSurface Pro 2を購入してSkyDrive 200GBを2年間無料で使える権利を手に入れてから、自宅のデータ環境を本格的にクラウドに溜める様にしています。

ブログ用の画像データ(主にスクリーンショット)や写真データなど、自宅のPCと、Surface Pro 2で編集するデータをクラウド環境に置いておくことで好きな時に編集作業ができる様になりました。


別にSurface Pro 2ユーザーではなくても、Microsoftに登録すれば、誰でも無料でSkyDriveが7GB使えるわけですが、Windows 8.1になって、SkyDriveが大幅に便利になったので、その良さを紹介しますね。

記事の続きを読む



20131027-Microsoft-Surface-Pro-2-01

以前からSurfaceは気になっていましたが、Microsoftが「明日からSurface 2発売するわ」(PC Watch)とかAppleみたいなことを木曜日(2013/10/24)に発表するので、慌ててその週末に買ってきました。

現在使用中のPCがCore2Duoで数年使っていて、さらにデスクトップだから持ち運べないし、UltraPCかなにかが欲しかったのですよね。そこにSurface Pro 2が登場したので購入したというわけです。


購入したところはビックカメラ新潟店。
ビックカメラさん、9/28にiPhone 5s予約して1ヶ月経つからそろそろ来ませんかね…。


購入モデルはSurface Pro 2でメモリ8GB+SSD 256GBのモデル。
価格は値引きなしの129,800円!
なお、ポイント還元はレシートを見ると1%のようなので、実質128,502円ということになりますね。


それでは早速パッケージを開けてみましょう。


上にあるSurface Pro 2のパッケージで右端が斜めに白くなっていますが、ここは中の箱になっています。
横に引き出すとSurfaceの文字が入った白い箱が出てきます。
シンプル!
20131027-Microsoft-Surface-Pro-2-02


記事の続きを読む



※記事旧タイトル「Windows8.1のスタートボタンで便利だと思った点」
20131021-Windows81のWindowsアイコン-00

2013年10月17日の20時からWindows 8.1へのアップデートが開始されました。
私も早速Windows 8から8.1へアップデートしました。

最初の画像はWindows 8でストアを開いたときに見えたアップデートへの画像です。
なぜかPreview…。

まぁそれはさておき、Windowsにスタートボタンが復活しましたね!
20131021-Windows81のWindowsアイコン-01
Windows 8.1のスタートボタンは「これじゃない!」という意見が多いのですが、唯一便利かも!って思えたものがあったので紹介します。

記事の続きを読む



20130417-Windows8ショートカットキー-04

みなさんWindows 8を使っていますか?


あまり使っていない…?
うーん、まぁそうですよね。


まだまだ普及率もそんな…という感じですが、Windows 8のマシンが今後増えていくことは間違いありません。

そこで、Windows 8を効率よく使うために絶対に覚えておきたいショートカットキーをWindows 8にちなんで「8つ」紹介します。
8つも覚えられない!という方は、最初の4つだけでも覚えておくとかなり効率よくWindowsが使えるようになるはずです。

記事の続きを読む



20130228-スリープを使う時に確認しておきたい設定-08


みなさん、Windowsのスリープの機能を使っていますか?

電源を完全に切るのではなく、スリープの機能を使うと「ソフトを終了させず、そのままの画面のまま、次回使用するときにすぐに前の状態に戻れる」ので大変便利です。

Windows Vista以降にはスリープとハイブリッドスリープがありますが、私は2秒程度ですぐに前の状態に復帰できる通常のスリープを使用しています。


さて、この機能ですが、Windows XPにもあるのですが、Windows XPでスリープをすると、復帰後の状態が不安定で周辺機器がうまく動作しない場合があるなど、あまりデキが良くありませんでした。

しかし、Windows Vista・Windows 7・Windows 8のスリープはそのようなこともなく、非常に安定した動作をしています。


この大変便利なスリープなのですが、設定によってはスリープしてもいつの間にかスリープが解除されていたりすることがあるので、そうした場合に確認しておきたい設定を紹介したいと思います。


記事の続きを読む



20130213-Windows8-スタート画面にピン留めする-00

みなさん、Windows 8使っていますか?
私は発売記念のダウンロード版で安く購入しました。32bit版。


結構快適に動いていますし、新しいスタート画面も、スマートフォンやタブレット端末に慣れている方なら、すぐに慣れるかと思います。マウスだとちょっと違和感を感じるのかもしれませんが、私はペンタブレットを使っているので…。


さて、そのWindows 8の新しいスタート画面にウェブサイトのブックマークをタイルとして置けることをご存じでしたか?
これはピン留めという機能で実はInternet Explorer 9からの機能です。

スタート画面のタイルとして置かれると、まるでアプリのような感じです。
登録したウェブサイトへアクセスしやすくなるので、ウェブサイトへ繰り返し来てもらうために設定しておくことをお薦めします。


このピン留めしたサイトですが、Microsoftが言うにはなんと15〜50%アクセス数が増加するそうですよ!(Windows 7+Internet Explorer9+タスクバーへピン留め)
Developers can utilize pinned sites to better connect their site with their users and promote their site’s brand directly in the Windows start screen. We found that sites that used this feature with IE9 on Windows 7 see anywhere from a 15 percent to 50 percent increase in site visits.
Pinned Sites in Windows 8 - IEBlog - Site Home - MSDN Blogs


今回はWindows 8のスタート画面へのピン留めに大切な設定で最小限必要なものだけ紹介します。
ものすごく簡単です!


記事の続きを読む




1月31日までのWindows 8へのアップグレードがお得なキャンペーンを使って、自宅のデスクトップPCをWindows 8にしてみました。

Windows 8へのアップグレード自体はあまり問題なくできたのですが(対応していないソフトは削除したけど)、使っていた無線LANのアダプターの認識がされずに大変困りました。

使っていた無線LANのアダプターはコレガ(Corega)の「CG-WLPCI54GL」というPCIスロットへ挿すタイプのものです(USB使いたくなったので)。

20130202-Wi-Fi-アダプタ-CG-WLPCI54GL-01

デバイスドライバーはWindows Vista用までしかないのですが、Windows 7で問題なく使用できていたので、Windows 8でも当然使えると思っていたのが間違いだったみたいです。内部的には結構デバイスドライバーの扱いが変わっているのかな…。


仕方が無いので、Wi-Fiアダプターを新しく買うことにしました。

Amazonでそんなに評価が悪くなさそうで、結構新しいタイプのものを探していたら、プラネックスコミュニケーションズのGW-USNano2を購入する事にしました。


こちらのレビューを簡単に。


記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索