ブックマークレット関連の記事一覧



20120813-iPhoneからGoogle+へ共有ブックマークレット-00

Google+使っていますか?


まだまだGoogle+人口も少ないのでウェブで「Google+へ投稿」とか「Google+で共有」みたいなボタンがないページもたくさんあります。残念ですが。


そこで以前ウェブページをどこからでも共有できるように「Twitter・Facebook・Google+・Evernoteでシェア・共有・保存するブックマークレットをまとめて紹介」という記事を書いたのですが、ここで紹介しているGoogle+へ共有するブックマークレットがPCでは動作するのですが、iPhoneでは動かないことがわかりました。


すみません。


なので、Google公式情報を元にiPhone用のブックマークレットを作ったので紹介します。


記事の続きを読む




20120714-Opera-Mini-00

Opera Mini使っていますか?


低速な回線の時にも、Operaのサーバー経由で色々データを加工して、そこそこのスピードでウェブを表示できるOpera Miniです。

Opera Linkを使えばデスクトップのOperaとiPhoneのOpera Miniのスピードダイアルなどを同期することができて便利です。


それで、先ほど「iPhoneのSafariで見ているページをChromeで開くブックマークレット」という記事を書いたのですが、ふと、これSafariからOpera Miniに飛ばすにはどうしたらいいのかな…と思って調べてみました。


Opera大好き!という方にお薦めの記事です。

記事の続きを読む



20120714-Chrome-for-iPhone-00

Chrome for iOS使っていますか?


私はiPhoneにインストールして使っています。
ブックマークや閲覧の同期が便利なので、ASUS Transfomer TF201とWindowsのChromeで同期して使っています。

iPhone(iOS)・Android・Windowsと、OSの壁を意識させずにあっちで見たページを後でこっちでも…というのは意外と便利ですね。


さて今回はiPhoneのSafariで見ているページをすぐにChrome for iOSで見るという技の紹介です。



記事の続きを読む



20120613-bitly-sidebarをクロスポストクライアントとして使う-00

短縮URLが簡単に作れるサービスのbit.ly、使っていますか?


このbit.lyの短縮URLはブックマークレットの「bit.ly Sidebar」を使うと簡単に短縮URLが作成できます。
このbit.ly Sidebarですが、実は単なるTwitter・ Facebook の投稿クライアントとしても使えるのをご存じでしたか?


というか、bit.ly Sidebarのブックマークレットが先日のbit.lyのリニューアルで入手不可能になってしまったので、今更この話題はないだろう…とも思うのですが、既にbit.ly Sidebarのブックマークレットをインストールされている方はまだ使用できますので書いてみました。


記事の続きを読む



20120610-ソーシャルメディアブックマークレット-00

色々あってあるウェブブラウザーの設定がちょっと飛んでしまった笹川です。
凹むわ…。


それで、よく使っているソーシャルメディアへの共有のブックマークレットを紛失したので、メモ代わりにブログに書いておきます。


今回紹介するブックマークレットは以下の通りです。

  • 見ているページをTwitterで共有する
  • 見ているページをFacebookでシェアする
  • 見ているページをGoogle+で共有する
  • 見ているページをEvernoteに保存する
  • 見ているページの短縮URLを作成


記事の続きを読む





今回はGoogleのSNSサービスであるGoogle+へ「今見ているページを簡単に共有できるブックマークレット」の紹介をします。


元ネタはGoogle+のkengoさんのポスト。
この Bookmarklet なかなかよさそう。 Google+ に見ているページを投稿できる!

Simple Google+ Bookmarklet by AJ Batac
sanbo-n E - Google+ - この Bookmarklet なかなかよさそう。 Google+ に見ているページを投稿できる!

確かに便利なのだけど、少しばかり直してから使うとイイネという話です。

記事の続きを読む



20110630-facebook-00

Re: Facebookの画像をブログやHPに貼りつけて使用する方法」という記事を書きましたら速攻「AC」さんから以下のコメントが入っていました。

alertじゃなくて、promptを使えばコピペ楽にできませんかねぇ

javascript:prompt("Facebook",document.getElementById('fbPhotoTheater').getElementsByClassName('spotlight')[0].src);

javascript:prompt("Facebook",document.getElementById('myphoto').src);
*Re: Facebookの画像をブログやHPに貼りつけて使用する方法


た、確かに…(笑)。

でもこのままだとちょっと問題があったので少し追加して公開します。

記事の続きを読む



20110630-facebook-00


写真のアップロードは基本的に枚数無制限なFacebook。

これって結構すごいことだと思いませんか?


無制限ですよ!無制限。


とにかくじゃんじゃんアップロードしたくなっちゃいますよね(クラウドへバックアップ的な意味も含めて)


それで、アップロードした写真をただ単にFacebook内だけで使うのはもったいない!…そう思う人がいてもおかしくはありません。

Facebookの写真を外部ブログやホームページで使用してみましょう。
*Facebookの画像をブログやHPに貼りつけて使用する方法|佐渡の洋食屋店長のブログ

ふむ…なるほど。
FacebookのCDNの画像ファイルに直リンクするという方法が書いてある様だ。


ただ、書いてある方法だと枚数が多いといささか面倒!


なのでそこに書いてある方法以外の方法をWeb屋さんらしく(ぉぃ)考えてみた。

記事の続きを読む



20170208-今すぐGmailのメール作成画面に移動-01

Gmailは便利なんだけど、Gmailからメールを作成するために、わざわざGmailの受信トレイのページを出して、「メールを作成」をクリックするのはちょっと面倒。

時間もかかるし、ササッとメールを送信したいですよね。


さっさとメールを作成する画面が開けばいいのに!って思います。


そんな悩みを解消するブックマークレットが「インスパイア気になるページをGmailで送信 - Fascinated by Mozilla FireFox .」と言うページで紹介されていました!…と思ったらブックマークレットじゃなくて、アドレスでした(^_^;



こんな感じで「to=」のあとにメールアドレスを入力しておけば、送信先が自動的に入力されます。便利〜。


これで気軽にGmailが送信できますね。 (´▽`)


本当は「su=」の後に文字を入力しておけば決まったタイトルが入ったり、「body=」の後に文字を入力しておけば本文の所に予め文字を入れたりすることもできるのですが、日本語が入るとURLエンコーディングしないとダメだったりするので、やりたい人は頑張って入れてください(;´Д`)

記事の続きを読む



livedoor blogで編集していて気がついたのですが、一度「公開」設定にしたものを再度編集して、保存をすると再構築が完了しました、という画面が表示されて終わってしまう。

livedoor blog編集後の「再構築が完了しました」

これは困る。

どういう風に困るかというと、結構前のエントリーで間違いがあって修正したいとか、追記したいとかいうときに、修正したエントリーがきちんと表示できているかどうかを確認するときにエントリーを表示するのが結構面倒だからだ。

Movable Typeみたいに、保存後に同じ編集画面に戻ってきて、なおかつ以下のような「エントリーを確認」というものがあれば、修正後のエントリーの確認が簡単にできる。(TypePadはなぜかこの「エントリーを確認」の実装が遅くて困った)是非実装して欲しい。

MovableType3.2の編集画面

idの値が「http://blog.livedoor.jp/username/archives/」の後に入って「.html」が付くだけなのだから、実装としては難しくないと思うのだが…。

livedoor blog編集画面への要望


とか、愚痴を言っても仕方がないので、「再構築が完了しました」と表示されたページの2ページ前のURLから、idの値をJavaScriptで取得して、あとは「http://blog.livedoor.jp/username/archives/idの値.html」をlocation.hrefに設定するというブックマークレットを作ろうと思ったのですが、
Historyオブジェクトは読み出し専用の文字列の配列です。配列の各要素は、ブラウザが以前にアクセスしたURLになります。この配列の内容はNavigatorのGoメニューで表示するURLと同じです。セキュリティやプライバシーを保護するため、UniversalBrowserRead特権がないと、この配列の内容を使えません。
UniversalBrowserRead特権がない場合、または、Navigator 4のセキュリティモデルをサポートしていないブラウザの場合、Historyオブジェクトの使い方は非常に制限されます。この場合でも、JavaScriptはlengthプロパティを使ってHistoryオブジェクトのURLリスト内のエントリ数を知ることができ、またメソッドのback()、forward()、go()を使って配列内のURLに再度アクセスすることはできますが、その配列からURLを読み出すことはできません。

JavaScript
とのことなので、どうやらhistoryオブジェクトに入っているURLの値は読み取れない模様。。・゚・(ノД`)


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


仕方がないので、編集する画面で、編集しているエントリーに飛ぶブックマークレットを作成。(^-^;

「再構築が完了しました」のページにいるときは2ページ戻るだけ。エントリーの編集の画面にいるときは、ブログのエントリーを表示するという、2段構成にしてあります。この前もそういう書き方したなぁ(^-^;

なので「再構築が完了しました」のページで1回ブックマークレットを発動させて、ページが変わったらもう1回ブックマークレットを発動させると公開設定ならばめでたくエントリーの確認ができるようになるというわけです。

まどろっこしいやり方ですが、良い方法があればお教え下さい。(・◇・)ゞ


ldbエントリー確認

javascript:if(location.href.match('^http://cms.blog.livedoor.com/cms/rebuild/finish')){window.history.go(-2);}else{if(location.href.match('^http://cms.blog.livedoor.com/cms/article/edit')){location.href='http://blog.livedoor.jp/jdash/archives/'+location.href.replace(/.*&id=(.*)/g,'$1.html')}}

※http://blog.livedoor.jp/jdash/archives/ の jdashの部分は各自ユーザー名に変更してください。

#あ、「内容を確認」を押した後だと変になっちゃうな(^-^; もう1回「戻る」ボタンを押して、ブックマークレットを発動させてください。(ぉ
記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索