プラグイン関連の記事一覧



20160621-mtObjectLoopでブログの最新記事を表示する-00

●以前書いたテンプレートコードでエラー

以前、Movable Typeにてウェブサイトのサイドバーにブログの最新記事●件を出す方法として、以下のブログ記事を書きました。

この中で、mt:MultiBlogタグとモディファイアの「ignore_archive_context="1"」を組み合わせて使ったテンプレートコードを紹介しました。

<mt:BlogID setvar="blog_id">
<mt:MultiBlog blog_ids="$blog_id" ignore_archive_context="1">
    <mt:Entries lastn="○○">
        個々のブログ記事の情報を出力するテンプレートタグ
    </mt:Entries>
</mt:MultiBlog>


このテンプレートコードで、正常に動作していたのですが、とあるページを見てみると、ダメなページがありました。

正常に構築できていなかったページはカテゴリーアーカイブのページです。


会社のDTP情報のサイトなどは、月別アーカイブとカテゴリーアーカイブのテンプレートコードを一つにして使用して体裁を一緒にしているのですが、月別アーカイブは正常に構築されているのに、カテゴリーアーカイブは正常に構築されていなくて、内容が最新ではありませんでした。

エラーに気がつかなかったのは公開のタイミングが「公開キュー経由」の構築だったからです。

公開のタイミングを「スタティック」にしてみると「Can't call method "id" on an undefined value」というエラー表示。

20160621-mtObjectLoopでブログの最新記事を表示する-01

記事の続きを読む




20141212-Adobe-Media-EncorderでWebM動画変換をする-05

WebM形式の動画って需要があるのでしょうか…といきなりネガティブな書き出しですが、直近のお仕事でWebM動画があった方がいいかもしれない案件があったので(主にFirefox方面)、WebM動画を作ってみることにしました。



●WebM形式動画に対応しているブラウザー

WebMってどのブラウザーで対応しているの?という疑問がありますが

  • Chrome
  • Firefox
  • Opera

が対応しています。SafariやInternet Explorerは対応していないです。

デスクトップOSの標準ブラウザーが未対応です(^-^;

なぜこうなっているのかは以下のページを読むと分かります。


記事の続きを読む



20131213-Firefox-YouTube-HTML5-06
画像出典:W3C HTML5 Logo



FirefoxでFlashを使っているサイトを開くと、結構な割合でこんなダイアログが出ませんか?
20131213-Firefox-YouTube-HTML5-01

警告:プラグインの応答がありません
 Shockwave Flashプラグインがビジー状態か応答を停止している可能性があります。今すぐプラグインを停止するか処理が完了するまで待機していてください。
 [待機] [プラグインを停止]



これで「待機」をクリックしても、多くの場合、Firefoxが「応答なし」となって、結局プラグインを停止することになるのですが、「応答なし」となっている間は、何もできないので、結構イラッとしますよね?


Flashを使っているページを開くのが怖いわ…と思ってしまうくらいです。


といっても、Flashプラグインがないと閲覧できないページもまだまだ多いので、Flashプラグインを外すわけにもいかないと思っているので、Flashをわざわざ使わなくても良いページはFlashを使わなくすることで、「応答なし」になるリスクを減らすことができます。


Flashを使っていてメジャーな所といえば、やはりYouTubeでしょう!
YouTubeの動画の多くは最近Flashプラグインを使わなくても見ることができます。


その設定を紹介しますね。

記事の続きを読む



20130409-MovableType-mtignoreタグ-00
出典:テンプレートタグリファレンス | MovableType.jp

CMSのMovable Type(MT)には、テンプレートで<mt:Ignore> 〜 </mt:Ignore> のタグで囲まれた部分を無視する機能があります。

一時的にテンプレートの一部を無効化したいときとか、修正するときに前のテンプレートをそのまま残しておきたいとか、コメントを書くときなどに使用しています。

コメントを書く場合は以下の様に使っています。

<mt:Ignore>● ココカラ 変数代入</mt:Ignore>
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
<mt:Ignore>● ココマデ 変数代入</mt:Ignore>


HTMLを使って以下の様にコメントを付けても良いのですが、出力されるHTMLもコメントが出力されてしまい、あまり格好の良いものではありません。つまりダサイ。(プラグインのmt:HTMLMinifierで圧縮すれば消えますけどね)

<!-- ココカラ 変数 -->
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
<!-- ココマデ 変数 -->


この便利な<mt:Ignore>なのですが、いつ付けたコメントなのか、またタグの間がながなくなった場合に、どの処理を無視しているのかがわかりやすくならないかな…と常に思っていました。


日付に関してはタグの間に日付を入れておけばそれはそれで良いのですが、ちょっと微妙な感じもします。
<mt:Ignore>2013/04/09 ココカラ 変数代入</mt:Ignore>

なので解決策を考えてみました。
記事の続きを読む



20130222-Firefox-PDFをGoogleDocsで開く-00
Firefox 19でPDFの文字が表示されない・文字化けする場合の設定」 という記事を書きましたが、Acrobat・Adobe ReaderのPDFプラグインは重くて使うのはちょっと…と思っている方もいることでしょう。


今回はFirefoxの機能拡張を使ってPDFをGoogle Docs Viewerで開く方法を紹介します。


Google Docs Viewerを使用することで、以下のメリットがあります。
  • プラグインを使用しないため、PDFを結構早く開けます
  • プラグインを使用しないため、クラッシュの可能性も低くなります

また、他にもメリットがありますが、それは記事の後半で紹介します。


記事の続きを読む



20120409-jQueryで画像スライドショー-00


jQueryのスライドショーのプラグインって色々ありますね。

会社のサイトでは様々なサイトで紹介されているプラグインほど大がかりなものはなくても良いかな、と思って「jquery「slideswitch」で簡単にスライドショーを実装|衆」に掲載されているスクリプトを使用しています。ありがとうございます。


今回はこのスクリプトを勝手に解説します。

記事の続きを読む



20111212-movabletype-plugin-00

Movable Typeで外部の方へ確認用のアドレスを書き出すためのテンプレートを作成するエントリーを2回に分けて書きました。


個人的には今後の仕事に生かせそうなネタかな…なんて思っております。



さてこの機能ですが、似た様なことができるプラグインってまさか無いよな…と思っていたらありました(汗)。


記事の続きを読む



20111124-movabletype-canonical-00

みなさんMovable Type使っていますか?


早速なのですが、今回は管理しているページの正しいアドレス(URL)を検索エンジンに指示してあげようという話です。


検索エンジンに各ページの正しいアドレスを伝えることはSEO上重要です。
その際に正しいアドレスでリンクをしてあげることも重要ですが、linkタグのrel="canonical"を利用することでも対応できます。


このlinkタグのrel="canonical"はGoogleなどの検索エンジンが、そのページの正しいアドレスが何であるかを指し示す指標として利用されているようです。

特にGoogleはこのlinkタグのrel="canonical"の値をかなり強く利用しているようです(これは今までの経験から)。


今回はMovable Typeでサイト運営する上で、linkタグのrel="canonical"のhref属性にセットするアドレスを正しく入れるためのテンプレートや方法を説明します。

実は単純にテンプレートを作ってしまうと微妙に違ったものがセットされてしまいます…。

記事の続きを読む



先日「*MovableType 4で編集画面にタグの一覧&クリックしたらタグの欄に入るようにした - DTP+印刷営業メモ」というエントリーを書いたのですが、株式会社スカイアークシステムさんのページを見ていたら、なんかほとんど同じことをプラグインを入れるだけで簡単に実現できるってのをぴろり上西さんが10月5日に公開していました


*記事編集時にマウスクリックだけでタグ付けを行える:EasyTagSelector | Movable Typeプラグイン配布 | MTエンジニアブログ | スカイアークシステム


泣ける…。


画面はこんな感じ。
MovableTypeエントリー編集画面


ただ、このプラグインは「最近よく使われているタグ」を表示する設定になっているので、タグをたくさん使用するブログの場合は「なんかタグが見つからないんですけど!」みたいな事態になりかねません。

これではせっかくの良い機能が台無し。


MovableTypeのプラグインはたいていPerlで書かれていると思うので、テキストエディタで開いてみましょう。
EasyTagSelector

↑の画面で言うところの136行目から、タグの表示を30個に絞るルーチンが記載されているので、もしタグを全部表示したかったら、ここを削除するか、「30」と書かれている部分を「9999」とかにしておけば良いでしょう。


あと、
んー、枠的にはクリックしたらタグが最初に挿入される方がいいのかなー。

今は最後に挿入されるようになっているけど、タグが多いと見えづらいし…。
*MovableType 4で編集画面にタグの一覧&クリックしたらタグの欄に入るようにした - DTP+印刷営業メモ

の所に書いたようにタグをクリックしたときにタグの先頭にタグが入るようにしたい場合は、74行目あたりにある


tagsv += '<$mt:var name="auth_pref_tag_delim"$>' + tag;






tagsv = tag + '<$mt:var name="auth_pref_tag_delim"$>' + tagsv;


とすれば良いのではないかな?

これでMovableTypeのタグ入力も楽々ですね。

Let's enjoy MovableType!


関連ページ


*MovableType 4で編集画面にタグの一覧&クリックしたらタグの欄に入るようにした - DTP+印刷営業メモ
*記事編集時にマウスクリックだけでタグ付けを行える:EasyTagSelector | Movable Typeプラグイン配布 | MTエンジニアブログ | スカイアークシステム
記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索