広告関連の記事一覧



日経産業新聞を読んでいたら、1面の右上に人間には読めない広告がありました(2015年5月18日号)。

20150522-日経産業新聞の読めない広告-01



拡大するとこんな感じ。

【善は急げ】をもじって「善」の部分にQRコードが入っています。

これはクイズか? なんだろう? マカフィーだから…う〜ん、わからん(笑)。

20150522-日経産業新聞の読めない広告-02


QRコードを読み取って出てきたアドレスにアクセスしてみると…。

記事の続きを読む




Yahoo!の検索結果はGoogleと同じものが出てくるとよく言われていますが、広告周りや検索結果に挟んでくる自社サービスへの誘導などはかなり違います。

今回は、そんなYahoo!独自の検索連動型広告の話


Yahoo!の検索にて「損保ジャパン日本興亜」と検索したら、次のような結果が出てきました。

20141003-Yahoo-損保ジャパン日本興亜の検索-01

画像出典:「損保ジャパン日本興亜」の検索結果(Yahoo!検索)


ばばーんと、「損保ジャパン日本興亜」のバナーが表示されました!

そのサイズは492×277ピクセル!

結構大きなサイズで表示され、通常の検索連動型広告(下地が黄色くなっている部分)よりも上位に表示されています。

記事の続きを読む



これはYahoo!広告のスポンサードサーチの設定で初心者がハマりそうな罠なので紹介します(私はまだ初心者)。


●スポンサードサーチとは

Yahoo!のプロモーション広告にスポンサードサーチってありますよね。検索すると、検索結果と共に表示される検索連動型の広告のことです。

以下のピンク色の線で囲った部分ですね。

20140901-Yahoo!でワイモバイルを検索-01

画像出典:「ワイモバイル」の検索結果(Yahoo!検索)


●ターゲティング機能でピンポイントでターゲットを狙える

この検索連動型の広告のスポンサードサーチでは、設定で地域を指定して広告を表示したり、時間帯を指定して広告を制御したり、広告を表示するデバイスを設定したりする「ターゲティング」という便利な機能があります。


今回、問題となったのは「時間帯を指定して広告を制御」する機能です(曜日・時間帯ターゲティング)。

記事の続きを読む



ここしばらく作成していたグラシンペーパーグッズの販売サイト「グラシン工房」も8月1日にようやくリリースができて一安心といったところです(宣伝)。


…が、しかし、ウェブというものはリリースしてから育てるメディア。リリースしただけではダメです。コンテンツの追加やSEOのための調整、訪問者の動きなどからの直帰率・離脱率の低減などやることはたくさんあります。


やっていくことの中でまずはSEOを実際に行っていって、「グラシン封筒」やら「グラシン 雑貨」やら「グラシンペーパー」などのキーワード検索で上位に上がってこないと集客もままならないので商売にならないと思っています。

ということで、現状認識で検索していたら、ふと気になる表示が。


●広告の下にGoogle+のフォロワー数の表示

次のスクリーンショットはスマートフォンのブラウザーにて「グラシン封筒」でGoogle検索をして出てくるGoogle Adwords(検索連動型広告)です。

この楽天の広告の下に「Google+フォロワーは61,405人です」との表示が出ていました。

20140804-Google検索連動広告にGoogle+-01

記事の続きを読む



Facebookに毎日入り浸って何となく過ごしているjdash2000です、こんばんは。

Facebook広告って色々あると思うのですが、私が多く見るのは出会い系と、結婚系と、Amazonあたりですね。

出会い系は、恋愛関係を入力していないから特に出てくるのでしょうか。
Amazonは、フォローしている人や友達になっている人が言及した書き込みがFacebook広告として再利用されて流れてくる感じですね。


最近はFirefoxのAdBlock機能拡張(アドオン)で広告を消すことができるので、Facebook広告は基本的に消しています。
20131205-楽天市場のFacebook広告-07
画像出典:Adblock Plus


でも、ウェブ関係のお仕事をしていく上で、広告が分からない訳にもいかないので、たまにAdBlock機能拡張をオフにしてどんな広告があるのかをチェックするようにしています。


さて、そんな広告チェックで、今日は「これはひどい」と思えたFacebook広告があったので紹介します。


それは楽天市場の広告です。
先に書きますが、これはないわ。イケナイ広告です。
記事の続きを読む



20130717-Google-Adsense-非同期コード-00


ということで、「Google Adsense 非同期コードの提供開始 読み込みの高速化が可能に!」(+PlusOneWorld)の記事を見て、早速ライブドアブログでも設定してみました。


Google AdsenseのJavaScriptの非同期ロード版のコードは、まず、通常のコードを取得する方法と同じく「Google Adsenseの広告ユニット」の「コードを取得」をクリックします。
20130717-Google-Adsense-非同期コード-02


次に「コードタイプ」で「非同期(ベータ版)」を選択して「広告コード」に表示されるコードを貼り付けるだけです。
20130717-Google-Adsense-非同期コード-01


非同期ロードになると、何が良いのでしょうか?

記事の続きを読む



ひらめいた!のイメージは電球がよく使われますが、最近はフィラメントの電球なんてわからない人も多くなってきたのではないでしょうか。


本日(2013年5月8日)の日経産業新聞20面のクラボウさんの広告

出典:本日(2013年5月8日)の日経産業新聞20面のクラボウさんの広告より。


なるほど、最近はLED電球ですね。


先日「セル画の意味がわからない人たちも多くなってきたのでは」ということがTwitterで見かけましたが、同じ感じなのかも。(今時だもフレームなのかな?)

「チャンネル回す」もそうですね。

でも、「誤植」みたいに残るものもあるからなにが残るのかはわからないですけど。
記事の続きを読む



20121208-Twitter-地震-プロモーション-00


12月7日に三陸沖で大きな地震があり、震度5弱の揺れを観測した地域もありました。


私は会社の工場にいて、ディスプレイの左下にGoogle Chromeの機能拡張の緊急地震速報がぴょこんと表示されたので、地震が来るなと思いましたが、実際地震の波が来てみると、結構長い揺れだったので、これはちょっとやばいなと思ったりしました。


ウェザーニュースタッチで確認したらかなり広範囲で大きな揺れが観測されていたようだったので、相当大きな揺れの地震だったようです。
20121208-Twitter-地震-プロモーション-03


さて、地震と言えばTwitter、という感じで情報流通網として日本で確立した感じのあるTwitterでイイ感じのプロモーション広告がされていたので紹介します。(既に終了しています)

記事の続きを読む



HTML5 Fist by jasongraphix

気がつかないうちにHTML5の要素は活用されているのですね、と思ったので記事にしてみました。

Chrome・Firefox・Operaは自動アップデートするし、Internet Explorerも新しくなるし、やっと(?)HTML5が来そうな感じですね。(逆にスマートフォンの方がHTML5対応ブラウザの割合が多い様な…)



記事の続きを読む



(このエントリーは4/4頃に書かれたものです:公開してなかった(´Д⊂))

*メーカーはフリーの画像素材集を出すべき」なんて思っていたらBS 11で「TIGER & BUNNY」っていうアニメの紹介をやっていて、スポンサー付きのキャラクターっていう斬新なアイデアな設定になっていた(笑)。まぁ野球・サッカーなどではお馴染みなんですけど、アニメでやるとは…。


20110404-mos-02



思いっきりキャラクターの中に「BANDAI」「SoftBank」「FMV」「Pepsi」「DMM.com」「calbee」「牛角」とか入っている(笑)。それも放送はUstreamだ(笑)。いやはやすごいなぁ、こりゃ。ちなみに海外にも輸出するそうなので、プロモーションビデオだとスポンサーは外れています。現地でスポンサーを募って入れるんだろうな、それもおもしろいアイデアですね。
記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索