新潟関連の記事一覧



花の季節、草木の季節ですね。

というわけで、植物が豊富そうな福島潟に5月16日に行ってきました。

そうしたら、花も草も微妙な感じでした。どう微妙かというと、花はかなり終わりかけていて、花びらが落ちているものが多く、蓮などは全然これからで、見所が無い!という感じです。

野鳥の声を草木の中を歩くのが目的ならOKですが、花を見に行きたければ6月まで待った方が良さそうです。

というわけで、空気を読まずに写真レポート。


福島潟の通路の途中にわずかに咲いていた黄菖蒲(キショウブ)という花。

黄色が鮮明でキレイですね。

20150518-福島潟に行ってきた-04

20150518-福島潟に行ってきた-05


こちらの紫の花はカキツバタという花だそうですね。素人なのでアヤメっぽく見えるのですけど(汗)、アヤメはもう少し時期が後だそうです。

20150518-福島潟に行ってきた-02


花はこれくらいしかありませんでした。

記事の続きを読む




20141214-雪道の自動車運転-01

新潟もかなりの大雪が降ってきた。本格的な冬到来だ。

雪が降ってきた/積もっている時の自動車での運転で安全運転のために実行すべき3つのことを書いておきたい。


●昼間でもライトを点けろ

雪が降り始めると、とにかく道が見えない、車も見えないということになりがち。

特に田んぼの真ん中にある道は、降り積もった雪に風が加わると、地吹雪になって視界が無くなくこともしばしば。

そんな状況の時は昼間でもライトをぜひ点けて欲しい。


なぜか。

ライトを点けると、テールランプも点く。そのテールランプの赤が真っ白な景色の中では目立つからだ。

20141214-雪道の自動車運転-02

昼間ライトを点けることをしない人の言い分はこうだ。

「ライト点けなくても前が見えるでしょ?」

!? 何を言っているのかと。

事故というものは自分が起こすものと、他人が自分に起こすものがあって、いわゆる「もらい事故」を防ぐためにライトを点けるのである。

自分の車がここにいますよ!とアピールせずに、存在を認識してもらわなければ後ろや前から突っこまれても仕方がない。存在がないと思われているのだから。

自分が事故を起こさないようにするのは当然だが、事故を起こされないようにするのも重要だ。

記事の続きを読む



明日12月5日(夕方)に書籍『ソーシャルシフト』を執筆した斉藤徹さんが新潟で講演を行います。


書籍『ソーシャルシフト』は考え方や概念などが書かれていましたが、新作の書籍『ソーシャルシフト 新しい顧客戦略の教科書』では、読みやすい物語形式でソーシャルシフトについて説明されています。

『ゴール』などの物語形式でフレームワークを学ぶのが好きな人にはうってつけの書籍になっています。


今回私は楽天koboにて電子書籍版を購入しました。1111円(をクーポンで割引して購入)。

20141204-書評-ソーシャルシフト新しい顧客戦略の教科書-02

●目次

目次は以下の通りです。

  • プロローグ:地元スーパーはアマゾンとどう戦えばいい?
  • 第1章:炎上発生! 止まらない誹謗中傷の拡散をどう止めればいい?
      SNS時代の「新しいリスク」とコントロール
  • 第2章:「いいね!」のためにやるんじゃない!
      顧客と向き合う「真実の瞬間」
  • 第3章:ゲリラ豪雨! 電話もメールも通じない組織をどう動かす?
      これからの「ハブ&スポーク型」の情報ネットワーク
  • インターミッション:「組織と社員の未来」を実現したホールフーズマーケット
  • 第4章:「コントロール」と「任せる」。正しいのはどっち?
      現場の声をフィードバックできる「オープンリーダーシップ」
  • 第5章:ビジネスは「現場」が9割!
      「顧客体験価値」と「社員協働」のピラミッド
  • 第6章:北欧のイケアとインドの会社。共通する「強み」とは?
      ヒト・モノ・情報すべてを変える「ソーシャルシフト」
  • エピローグ:100年続く企業をつくれ!
  • あとがき:ソーシャルシフトの三段ロケット


●ソーシャルシフトってFacebook使えってこと?

先に書いてしまいますが、ソーシャルシフトというのはFacebookを活用しましょうとか、サイトの運用をFacebookへシフトしていきましょうという話ではありません。

ソーシャルメディアという言葉をよく聞くので勘違いしてしまいますが、元々の意味に立ち戻って、ソーシャルは社会と考えてもらうとよりよい理解が進むと思います。

記事の続きを読む



20140826-新幹線を新潟から東京まで朝乗って気がついたこと-06

というわけで先日8月19日にIllustrator CC(2014)の怖いスプラッシュスクリーンのライオンさんがエレベータで待ち構えるアドビシステムズさんへお邪魔してちょこっとお話しさせて頂いたワケですが、新潟から東京は新幹線を使いました。

11時には大崎の方まで…ということだったので、朝早くの新幹線に乗って東京に向かったわけです。その新幹線に乗って気がついたこと、それは左側の席には座ってはいけないということ。

理由は次の通り。

記事の続きを読む



20140615-コジマ・ビックカメラ-01

5月31日にリニューアルオープンした「コジマ NEW 新潟店」(新潟市中央区紫竹山1-6-10)改め「コジマ×ビックカメラ 新潟店」に行ってきました!

私はここの店舗がコジマだった時には来たことがなかったので比較はできませんが、印象などをレポート。

記事の続きを読む



知り合いのブログ記事「自宅周辺のLTEいつのまにかスピードアップしてました。」(圧倒的なスタイル)で新潟市の西蒲区にてソフトバンクのLTEの速度が30Mbpsを超えていた!という話があったので、自分の家の周辺ではどうなのかを調べてみました。

場所は古津駅駅周辺です。このあたりは大学生のアパートも結構ありますので、もしかしたら条件が悪いかも(言い訳)。


というわけで早速結果を。

電波強度の表示は3つ(3本)で、下りが13.16Mbps、上りが2.39Mbps。結構通信速度は速いのですね。

20140503-SoftBank-4GLTEの速度-新潟市秋葉区-01



少し場所を変えて(15m程)みたら電波強度の表示が4つ(4本)になったので再度通信速度を測定してみました。

記事の続きを読む



4月4日がT・ジョイ新潟万代で劇場版「IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」を会社帰りに見てきました。4月4日は金曜日。土曜日には映画の切り替わりということで、新潟での上映は最後でした(注あり)。


この劇場版は、初日に最速上映は見ずに、最速上映会の物販にだけ参加して、同じ日の舞台挨拶付き上映を見て(前売り券と料金が違うので前売り券は使用できず)その後、2回目は見ていないという感じで、ずっと過ごしていたのですが、流石に前売り券を使わないのももったいないし、最終日に来るプロデューサーさんたちをチラッと見たいなという思いもあって、前売り券で参加してきました。

20140405-アイドルマスター劇場版-01

記事の続きを読む



Facebookで流れてきた情報から。

20140312-ランドセルからバッグなどに…「メモラン」-06

ランドセルって小学生の時に6年間使うので結構頑丈ですよね。

それも使い終わったら使い道がないというもったいない商品。

思い出のたくさん詰まったランドセルを違う形に変えて、また使えるようになったらイイと思いませんか?

そんなサービスが新潟にあったのです。


なんとランドセルがこんな風に変わっちゃうのです!



記事の続きを読む



20131211-ツインバード-サイクロン掃除機のコード-03
画像出典:サイクロン スティック型クリーナー TC-E123SBK(ツインバード工業株式会社)


YouTubeを開いたら「3000円以内で買えるサイクロン掃除機「TWINBIRD TC-E123SBK」レビュー - GIGAZINE 3000円以内で買えるサイクロン掃除機「TWINBIRD TC-E123SBK」レビュー - GIGAZINE」で掲載されている動画があったので見てみました。


すると、なんかコードが無造作に床にあって、掃除がやりづらそうな感じ…。


サイクロン掃除機「TWINBIRD TC-E123SBK」で掃除をしているところはこんな感じ(YouTube)



TWINBIRD(ツインバード)のサイクロン掃除機はかなり前から使っています。
なぜか結構安くて、掃除をあんまりしない人にもオススメすることもあります。(ゴミが溜まるのを見るのがおもしろいのだ)

なので、使っていた経験から、コードはこうするとちょっと使い勝手が良くなるよ!というワザを紹介します。

記事の続きを読む



何年かぶりに新潟市秋葉区にある温泉「花水(かすい)」に行ってきました(行ったのは6月30日)。

20130702-秋葉温泉「花水」-01
画像出典:秋葉温泉 花水 〜かすい〜


あまりに久しぶりすぎてどういうシステムなのか忘れていたけど、入場料が900円で、建物内の買い物などはロッカーの鍵に着いているバーコードで一括精算というシステムだった。
それにしても、基本的に女性向けに運営しているからなのか入場料そのものが高いのが難点だな。
(いつも行っているのが湯田上温泉で夜に行くから、もっと安いのだ)

建物内はキレイで、ロッカーも大きめだし、温泉は露天風呂もあるし、ドライサウナもあるし、水深90cmくらいの深い風呂もあるし、なかなか良かったです。
水深90cmくらいの深い風呂の所は、壁に仕切られた狭い空間なのですが、足下にライトが照らされていて、座っていると水面の揺らぎがふわふわと映ってなかなか美しかったです。こういうのは男性向けの温泉ではないなぁ。うん。

それで、施設名が「花水」ということで花ですよ、花。建物の周りに結構咲いていたので、撮影してきました。また一眼レフ持ってこなかったのでiPhoneなのですが…(汗)。


なお、花の名前は詳しくないので、紫陽花しかわかりません(汗)。


まずは入り口でお出迎えしてくれる、白い紫陽花。


記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索