書体関連の記事一覧



20160321-Creative-Cloud-Typekitの日本語フォント-00

Adobe Creative Cloudの契約をすると、印刷やWebで使用できるフォントが選べる「Typekit」というサービスも使えるようになります。

Typekitって、欧文フォントは充実しているけど、和文フォントはほとんど無いよね?という印象がありました。

しかし、そんな時代は終わりました。

いつの間にやら、日本語書体がかなり増えていました!


実際の所、2015年10月から使えるようになっていたわけだけど、Typekitって最近まであまり関心がなかったもので(汗)

今日の基調講演の中で、日本視点からの注目ポイントとしては、Creative Cloudのフォントライブラリサービス「Adobe Typekit」へのモリサワ書体とグループ会社タイプバンク書体の追加が挙げられるでしょう。

日本時間の2015年10月6日から、Creative Cloud のサブスクリプションユーザは、追加費用なしでリュウミン、太ミンなど計20書体の一部ウエイトが使用可能となります。

Adobe MAX 2015基調講演レポート:さらに進化するWeb制作環境 すべてがつながるCreativeSync、レスポンシブデザイン対応のMuse、TypeKitのモリサワフォントサポートなど(Adobe Creative Station)


Webフォントを使い始めて、Typekitに関心が出てきたので、覚え書き的に現時点でAdobe Creative Cloudユーザーが使える日本語フォントを紹介します。


記事の続きを読む




株式会社マイナビ発行のムック「+DESIGNING」Volume 40(プラスデザイニング)の献本でいただきましたありがとうございました。

20151006-+DESIGNING-文字と組版、書体とフォント-02

今回の特集は「文字と組版、書体とフォント」です。


特集の項目は次のようになっています。

  • 気づけば変わる ビギナーから抜け出す、文字組み10の心得+α
  • デフォルト設定が起こす、文字組みの諸症状、解決します! Illustrator&InDesign文字組みトラブル10の処方箋
  • 組み始める前に必ず確認! Illustrator・InDesignの設定チェックリスト
  • デザイン&政策担当者必見! フォントメーカーに聞く、フォントの使用許諾一覧
  • ネイティブによる翻訳&チェックが高品質のカギ。多言語組版の現場から
  • 写真のしくみで打ち出す、美しい文字。写真植字の魅力
  • MORISAWA PASSPORTの歩みとこれからを考える
  • まとめてチェック! 新書体&開発中書体


ムックの内容を少し紹介しますね。

記事の続きを読む











ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索