書籍関連の記事一覧




●印刷にもWebにもそれぞれのルール

私はメインの業務が印刷データの処理を行うDTPオペレーションからWeb制作になってから、日が長いですが(とはいえ、つい先日も出力トラブルのあるデータの解析などをやっていましたが)印刷系のルールと、Web系のルールって、似ているようでかなり違うことを実感しています。


ここでよく勘違いされて困ることが、印刷系とWeb系でデザイン・制作をする際に、同じアプリを使用するということです。

IllustratorとPhotoshop、これは印刷でもWebでも必ず使うアプリです。

だから、印刷でIllustrator・Photoshopを使っていると、Webデザイナーになるのも簡単なのでは?と思ってしまいがちです。

そこが落とし穴!


印刷は印刷なりのルールがありますよね。


  • 裁ち落としを付ける
  • 画像の解像度は350dpiで
  • カラーはCMYKで
  • フォントはアウトライン化で
  • リンク画像はユニークなファイル名に

  • 他にもたくさんあります。こうしたルールが分かっていないと、「うわっ、データは来たけど結局手直しが必要…」とか「どこをどう直せばここが直るんだ?」とか「思ったカラーにならないけどどうするの?」とか、最終的にできあがる成果物(=印刷物)の品質に悪い影響が出たり、作業効率が悪くて後工程の人が納期や作業の面で辛い思いをしたりします。

    だからルールを学んで、品質を向上させ、作業がスムーズに流れるようにするのです。


    WebにもWebなりのルールがあります。

    そんなルールを現場のプロから学べる書籍が『プロにまなぶ現場の制作ルール84』(北村崇・浅野桜著、エムディエヌコーポレーション発行)です。

    20160416-プロにまなぶ現場の制作ルール84-01

    黄色い目立つ帯にはこう書かれています。

    PhotoshopやIllustratorでのデータの正しい作り方、納品するときの指示方法など、Webデザイナーとして“やるべきこと”と“やってはいけないこと”をまとめた、Webデザインの新しいルールブック。

    ルールを知ることで、Webデザイナーがどのような仕事と品質を求められているのかが分かる本です。

    記事の続きを読む




    大学の時の先輩が本を書いた、と本人から聞いたので早速楽天ブックスで購入して読んでみました。


    社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話[本/雑誌] (単行本・ムック) / 小林佳徳/著
    by カエレバ


    というか、ホリエモンこと堀江貴文さんのサイトで次のページは読んでいたのですが、その時は全然著者に気がついていませんでした(笑)。

    いや、だって本を書くとか思わないでしょ、普通。

    今日仕事に行く途中車で送ってもらってたら席に置いてあったので手にとってみた。「社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず?」って俺みたいな社長がいた会社ってあるんだな。。。って思ってパラパラめくってみたら、俺の話やんけ?笑。

    書評:社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話 | ホリエモンドットコム



    ●著者との関係は大学での部活繋がり

    私と著者の小林佳徳さん(えくしび・XBeeさん)とは大学の部活の先輩と後輩という間柄。

    大学では吹奏楽部にも所属していたのですが、いわゆるパソコン部にも所属していたのです。

    パソコン部の名称はEDP。「越後デンジャラスピープル」の略である(嘘)。

    書籍のP51〜52あたりに書いてあるが、持っているパソコン名で「DS高橋」「Aptiva(あぷ)」「ValueStar」と呼ばれるってのは、こういう部活ならではと言える。他にも「CP'」とか。(※念のため…XBeeはSHARP X68000 XVI・DSはNEC PC-9801 DSから・IBM Aptiva(DOS/V)・NEC PC-9821 ValueStar・CP'はCapcomのゲーム基板から)

    なお、私のハンドルネーム(スクリーンネーム)のjdashは、EDPで決まったワケで、名前が純一だから「J」でダッシュは「一」→「―」の読み替えと、当時大学内で散々使っていた一太郎dashの実行ファイル名「jdash.exe」から付けたもの。CP'も影響している気もするけど。

    記事の続きを読む




    朝日新聞の記事より、中小出版社がAmazonへ対し出荷停止に踏み切るというニュース。

    アマゾンは2012年から10%還元を始めた。これに対して緑風出版などは、10%もの還元は事実上の大幅値引きにあたり、小売価格を維持する再販契約に違反すると主張。サービス停止を申し入れてきたが受け入れられないため、5月から出荷停止に踏み切る。期間は半年間で、自社の出版物にサービスが適用されなくなれば解除するという。

    出版社にとってアマゾンはもっとも売り上げの大きい「得意先」だ。緑風出版の高須次郎社長は、「出荷停止には勇気がいるが、このままでは定価販売を守る街の書店が消えてしまう。書店トップのアマゾンは国内ルールを守るべきだ」としている。
    アマゾンに抗議、出荷取りやめへ 中小出版社:朝日新聞デジタル

    Amazonの10%ポイント還元は誰でも行われているのではなく、大学生などが対象のAmazon Studentというサービスで行われていますが、還元率が高く気になったので、どういう条件でAmazon Student会員になれるのかを調べてみました。


    記事の続きを読む



    電通には「鬼十則」と呼ばれる電通スタッフのためのビジネスの鉄則集がある。

    これは電通の四代目社長吉田秀雄さんが昭和26年(1951年)に書いたもの。書かれてから既に60年が経過している。しかしビジネスの金言といわれるものとしてたびたびこの電通「鬼十則」が出てくる。

    それはどんなものなのか、


    『電通「鬼十則」』(上田正也著・PHP文庫)を読むのは3回目。

    奥付を見てみると2006年の初版第一刷となっているので購入と1回目の読了はその頃だろうと思う。何年後かに、また鬼十則が気になって読んだ記憶がある。今回は身近なところで十則という言葉が出てきたので、鬼十則という十則もあったなという思いで読み始めた。


    まず鬼十則の十則を書き写しておく。

    一、仕事は自ら「創る」可きで与えられる可きではない

    二、仕事とは、先手先手と「働き掛け」て行くことで受け身でやるものではない

    三、「大きな仕事」と取り組め 小さな仕事は己れを小さくする

    四、「難しい仕事」を狙え そして之を成し遂げる所に進歩がある

    五、取り組んだら「放すな」殺されても放すな 目的完遂までは

    六、周囲を「引き摺り廻せ」 引き摺るのと引き摺られるのとでは永い間に天地のひらきが出来る

    七、「計画」を持て 長期の計画を持って居れば忍耐と工夫とそして正しい努力と希望が生れる

    八、「自信」を持て 自信がないから君の仕事には迫力も粘りもそして厚味すらがない

    九、頭は常に「全廻転」 八方に気を配って一分の隙もあってはならぬ サービスとはそのようなものだ

    十、「摩擦を怖れるな」 摩擦は進歩の母 積極の肥料だ でないと君は卑屈未練になる

    『電通「鬼十則」』(上田正也著・PHP文庫)


    記事の続きを読む



    20130121-神速Photoshop-レビュー-00


    神速Photoshop[グラフィックデザイン編]』という書籍が1月10日より発売されているので、この書籍を読んだ感想を今回は紹介します。(ちなみに神速は「しんそく」と読みます)


    この書籍は帯にも書かれていますが、時短テクニックの書籍です。
    速くできるのもプロの条件です。
    きれいでかっこいいは当たり前。プロなら速くていいものを。デザインの質を落とさず効率を驚くほど上げる、103本の時短テクニック。
    神速Photoshop[グラフィックデザイン編]


    表紙のカバーをめくると、「神速デザイン 五カ条」が書かれており、
    一、ショートカットを活用しよう
    二、最新機能を使いこなそう
    三、目的によってツールを使い分けよう
    四、「直し」に強いデータを作ろう
    五、面倒な作業は自動化しよう
    神速Photoshop[グラフィックデザイン編]
    と高速化の大原則が書かれています。


    「二、最新機能を使いこなそう」はキチンとキャッチアップしていかないと、せっかく新しいバージョンを使っていても「え? そんな機能いつの間にあったの?」ということになりかねません。
    「四、「直し」に強いデータを作ろう」は、実際のお仕事では、修正がない作業はほとんどありません。修正指示がある度に最初からやり直さなければならないというのは大変非効率です。

    こうした五カ条を意識しながら読んでいくと良いかもしれません。


    章立ては以下の通りとなっています。
    • Chapter 01:素材作りの神速テクニック
    • Chapter 02:ロゴ作りやテキスト処理の神速テクニック
    • Chapter 03:選択と切り抜きの神速テクニック
    • Chapter 04:色や明るさを調整する神速テクニック
    • Chapter 05:レイヤーの神速テクニック
    • Chapter 06:画像修正の神速テクニック
    • Chapter 07:自動化の神速テクニック

    さて、この書籍で紹介されている103のテクニックで気になったテクニックをピックアップして紹介します。

    記事の続きを読む



    YouTube logo
    YouTube logo by Rego


    Facebookのフィードを見ていてこんな書き込みが目にとまった。

    音楽って基本youtubeで無料でいいんじゃね。音質のいいのを聞きたい人、ライブに行きたい人はお金を払うって感じで。
    音楽って基本youtubeで無料でいいん...

    よくある提案ではある。
    • 【そこそこの音質】YouTubeで提供する。
    • 【より音質が良いもの】欲しい人はアップグレード料金を払ってもらう。
    • 【別の体験をしたい】YouTubeは撒き餌でライブで稼ぐ。
    いわゆるフリーミアムというものだ。

    このパターンの話って音楽業界の例しか聞かないし、ないのかな、と思っているとクリス・アンダーソン著『フリー』には音楽業界以外にも航空料金・車・講演会(←TEDの話)・大学の授業例の他、様々な例が載っている。


    これが書籍の文章書き・ライターだったらどうなるのかを考えてみた。

    記事の続きを読む



    今回は「『この春、貴方に届けたい珠玉のビジネス書』 by 北書店を愛する愉快な仲間たち 新潟市読書会」(関連記事)で私がPOPを書いてお薦めした『急に売れ始めるにはワケがある』(マルコム・グラッドウェル著/高橋啓訳/ソフトバンク文庫)について、まとめを書きたいと思います。





    サービスや商品を知らせるためにできること

    様々な商品やサービスが消費者に普及させるために、サービス提供者側が行えることは2つだけです。

    • 広告を使って知らせる
    • 口コミを起こす仕掛けを作る

    この書籍は、2番目に書いた「口コミ」の正体とは一体何なのかをわかりやすく解き明かしていくものです(※)。


    ※本当は口コミの事だけではなく、感染的に広がっていく話なのですがわかりやすく口コミという表現にします

    記事の続きを読む






    新潟市読書会という読書会があります。

    新潟市読書会は、主にFacebookで参加者を募り、毎月1冊課題図書を読んで意見交換をするというスタイルの読書会です。

    主に第一水曜日の夕方に新潟駅脇の「ときめいと」という施設で行っています。



    書店《売り手》と読書会《読み手》がコラボ

    その新潟市読書会と新潟市中央区医学町通で新潟市役所前(本当に真ん前)にある「北書店」とコラボレーション企画を立ち上げました。


    企画名は『この春、貴方に届けたい珠玉のビジネス書』 by 北書店を愛する愉快な仲間たち 新潟市読書会」


    コラボレーション企画の内容は、今回の企画の参加者がオススメのビジネス書のPOPを書いて、北書店さんに書籍の仕入れとPOPの掲示をしてもらう。

    そして、誰のオススメしたビジネス書が一番売れたのかという効果測定も行うというものです(ちょっとニュアンスは違いますが)。


    期間は2012年5月7日から…いつまでなんだろう…?(確認します)


    とにかく、この企画はおもしろそうなので参加してみることにしました。


    記事の続きを読む





    今回紹介するのは「第21回新潟市読書会『多読術』」で課題図書となっている松岡正剛さんの『多読術』(ちくまプリマー新書)です。



    今回は第三章を紹介します。

    • 第三章 読書の方法をさぐる
      雑誌が読めれば本は読める/三割五分の打率で上々/活字中毒になってみる/目次をしっかり読む/本と混ざってみる/本にどんどん書き込む/著者のモデルを見極める

    記事の続きを読む



    ブログ著者

    名前:(Google+のプロフィール)

    ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

    お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

    ブログ著者について

    サイト内検索