Adobe関連の記事一覧



Adobeが関わっているセミナー・イベント(主催以外も含む)の一覧ページをTwitter経由で知ったので、こちらでもお知らせ。

こんな感じのページです。

20140531-Adobeセミナー・イベント一覧-01

画像出典:イベント : 月別(Adobe)


知りませんでした。大きなセミナー・イベントしか掲載されていないようですが、大都市圏近郊の方はご覧になってはいかがでしょうか?


あとは補足です。

記事の続きを読む




2014020-Adobe-Creative-Cloud-次期版-05
画像出典:Adobe Creative Cloud(Adobe)


印刷関係のデザイン・DTPでAdobe Creative Cloud(CC)を使用しているユーザーに気になる情報があったので紹介する。


InDesignのプラグインなどを制作されているL.C.S.の川村さんのブログにて、Creative Cloudの次のバージョンへの言及があった。

Creative Cloudのアプリケーションの次期メジャーリリースはMac OS X 10.7以上が必要になるという。

10.6上で使用されている現行バージョンはそのまま使用し続けることができる。

10.6はMacユーザーの数パーセントを占めているという。

時期や現行バージョンとどのように同居するのか等のアナウンスはまだ無い。

Creative Cloud 次期版 - Yahoo!ジオシティーズ

Adobeは第一四半期決算を発表し、Creative Cloudが好調だと云う。

Creative Cloudの次期アップデートにより、CS6が陳腐化して見え、顧客は更にサブスクリプションモデルへ移行するだろうと云う。

Creative Cloud 次期版(2) - Yahoo!ジオシティーズ


次のCreative CloudがMac OS X 10.7以上が必要というのは、以前からDTPでMacを使用しているユーザーには結構ダメージが大きいのではないだろうか。そんなツイートをしたら、4Favs(お気に入り)と21リツイートとなった。DTP関係者の関心の高さが伺える。

2014020-Adobe-Creative-Cloud-次期版-01

画像出典:"『Creative Cloudのアプリケーションの次期メジャーリリースはMac OS X 10.7以上が必要』DTP作業者で死んじゃうところもあるんじゃないだろうか(´д`) / “Cre…” http://t.co/8VFH0RSJi4 #Creative_Cloud #Mac" - @jdash2000 (笹川純一@DTPオペ)(Favstar)


DTP関係者で色々な事情でMac OS X 10.6を使うユーザーも多いのでは。


記事の続きを読む



20130430-Adobe-Creative-Cloud-00
出典:アドビ クリエイティブ クラウド | Adobe Creative Cloud


Creative CloudでDTPに関わる人達は本当に幸せになれるのか?ということを考えました。


Creative Cloudの最近の改訂でCS6まではいつでも使用できるようになりました。
Creative Cloudは“CS6以降のアプリケーションがいつでも全て使えるサービス”となります。

つまり、いつCreative Cloudに加入しても、CS6を最も古いバージョンとして、どのバージョンにも、いつでもさかのぼってご利用いただけるようになるという事になります。
Creative Cloudは”CS6以降のアプリケーションがいつでも全て使えるサービス”となります。
これは大きな変更です。

今まで、Macを新規に購入して、数多くのバージョンが混在するDTPの世界で、なるべく多くのバージョンに対応しようとすると、かなり大変な労力を必要としました。
古いバージョンのインストーラーの用意と、ライセンスの用意。

そしてその労力に見合った対価があるかというと、正直微妙な部分もありました。

この古いバージョンに関しての気苦労をAdobe CS6以降は考えなくてもよくなるというのは、システム管理者、そしてシステム拡張を提案する側の人間からすれば、かなり気が楽になります。


Adobeのブログからは表現が微妙ですが、同一マシンで複数バージョンの起動が認められるのであれば(同時起動じゃ無くても構わない)、DTPをする人達が懸念しているお客様の制作バージョンと受け取り側のバージョンの違いによるデータ崩れが基本的になくなるので、より安定的な出力環境が構築できます。
お客様に「バージョンXXに落として渡して下さい」と言わなくても済むようになります。
(データの扱いを分かっている人はこのバージョンを落とすという言葉がいかにいい加減な言葉かはご理解頂けるでしょう)


しかし…Apple次第でこのCreative Cloudの意味も大きく変わってきそうです。

記事の続きを読む



20130321-複数OSへPhotoshopインストール-00
出典:computers by Mark Mrwizard, on Flickr


Adobe Creative Cloudのライセンスの関係で「購入したソフトウェアは何台までのコンピュータにインストールできますか」のページを見ていて気がついたのですが、「複数のOSを搭載した1台のPCでの使用ライセンス数について」というリンクが目に入りました。

Q:複数のOSを搭載した1台のPCにPhotoshop などのCreative Suite製品をそれぞれインストールして良いですか?

A:いいえ。ソフトウェア使用許諾契約書では、1つのPCにソフトウェアを1部コピー(インストール)し、使用することが規定されています。

例 1 )
2台のPCにそれぞれWindows XP と Windows 7 をインストールしている場合それぞれのPCにインストールできます。

例 2 )
1台のPCにWindow XP と Windows 7 をインストールしている場合ライセンスは 1 PC につき 1 ライセンスなので Windows XP もしくは Windows 7 のどちらか1つにしかインストールできません。


※ セカンダリのライセンスとしてホームまたはポータブル環境へのインストールが認められていますが、それを同一のPCに適用する事はできません。
複数のVMWareやハードディスクなど、一部以上インストール可能な場合には別途ライセンスが必要になります。
複数のOSを搭載した1台のPCでの使用ライセンス数について

Windows XPとWindows 7というパターンはよくありそう。注意しないとですね。

あとは1台のMacにMac OS XとWindowsがインストールされている場合もNGとなるのでしょう。1台のPCなので。

これってAdobe Creative Cloudメンバーシップでも同じなんでしょうかね?
それだと2台同時起動OKにしても色々面倒そう。(そもそもインストールできないから)


ライセンスの緩和を期待したいですね。


記事の続きを読む



20130321-Adobe-Creative-Cloud-2台同時起動-00
出典:ADC OnAir - Adobe Developer Connection 提供のUSTREAM番組


蛯原天さんがかわいい。(上の画像の一番左の方)


それで、先日「【改善】Adobe Creative Cloudでは2台のマシンに入れたソフトを同時起動が可能に。ライセンスを近日改定。」という記事を書きましたが、Adobe公式のチャンネルで発表もなくて(青森で岩本さんが言っていたぽいけど…)どうなってんだろう…と、ADC OnAirのUstream放送を見たら、3月14日のADC OnAir Newsの中で発表されているっぽいですね…。

誰でも確認できるAdobeの中の人(轟さん)の音声の発言はこれが初なのかな。
(いや、まぁTwitterは前回掲載した感じなんですけど)

記事の続きを読む



20130317-Adobe-Creative-Cloud-ライセンス改定-00
出典:アドビ クリエイティブ クラウド | Adobe Creative Cloud

なんだかMac使いの人には良いのかもしれない。




今後のAdobe Creative Cloudのソフトのライセンスは、例えば2つのOS(マシン)にインストールして同時起動OKだそうな。(同一ユーザーね)


つまり、Macの仮想マシン上でWindowsを動作させて、そのWindows内でIllustratorを起動し、MacでもIllustratorを起動してもOKということだ。
え? そんなことする状況はは開発の現場くらいしか無い?


んー…だったら、Mac2台にInDesignをインストールしておいて、2つのマシンでPDF書き出しをするとか。まぁ、これなら実際のDTPの現場ではありそう。(フォントの環境を揃えるとか他の問題もあるけどね)


記事の続きを読む



20130130-Adobe-Creative-Cloud-グループ版-01

Ustreamでの番組「Adobe Creative Cloudグループ版を今すぐ導入すべき5つの理由」から。

Adobe Creative Cloudグループ版についての質問。

Q:社内だけではなく社外(協力会社、外注先、受注元など)に期間限定で使用権を割り当てる事は可能ですか。

A:はい、Creative Cloudグループ版であれば、可能です。
※太字は筆者

これって結構凄くないですか。


例えば、社内のデザインでAdobe CS9(仮称)を使っていたとします。
出力を依頼する印刷会社にAdobe CS9が無くても「Creative Cloudグループ版の使用権割り当てとくから」と言われたら、その印刷会社ではAdobe CS9を使って出力ができてしまします。


これからは「ソフトウェアないんですよねぇ〜」という言い訳ができなくなりそうな予感(苦笑)。


いやはや怖い時代です。
それでは。

記事の続きを読む



20130130-Adobe-Creative-Cloud-過去バージョン-00

ちょっと良い方向にAdobe Creative Cloudが動いてきたかもしれませんよ。


Ustreamで「Adobe Creative Cloudグループ版を今すぐ導入すべき5つの理由」という番組がありました。

この番組の中で質問に答えるコーナーがあるのですが、質問で過去のバージョンの扱いをなんとかしてくれ!(意訳)というものがありました。


記事の続きを読む



20121128-Adobe-Creative-Cloud-アップグレード-00

なんだかよくわからないのですが、とにかくAdobe CS2(Creative Suite 2)ユーザーには朗報なキャンペーンをAdobeがいつの間にやらやっていました。


簡単に書くと、2012年11月30日まではCS2ユーザーはAdobe Creative Cloudを月額3000円のお得なコースに加入できますよ、というキャンペーン(月額3000円は初年度のみ)。

CS3・CS4・CS5・CS5.5ユーザーへの優待とは何だったのか。


好意的に考えて、CS2ユーザーはパッケージ版でCS6にアップグレード・バージョンアップできないから、新しいバージョンにするナイスなチャンスですね。


記事の続きを読む



Software Freedom Day Singapore 09
Software Freedom Day Singapore 09 by ruiwen


AdobeのIllustratorやPhotoshopは実は2台までインストールすることが可能です。

同時に使用することはできませんが、例えば自宅のデスクトップ型PCにインストールして、持っているノート型PCにもインストールすることができます。

アドビ製品のエンドユーザー使用許諾契約では、以下の条件の元で1人のユーザーによる2 台のコンピュータへのソフトウェアのインストールを許可しています。

  1. 2 台目のコンピューターはポータブルマシンまたは自宅で使用するホームコンピューターである。
  2. 1 台目と 2 台目のコンピュータで、該当する Adobe ソフトウェアを同時に起動しない。
  3. 2 台目のコンピュータでソフトウェアを使用できるのは、1 台目にライセンス認証をしたコンピュータでソフトウェアを使用するユーザーに限定される。

よって、1つの製品につき、2台のコンピュータでのインストール(ライセンス認証)を完了できる仕様になっています。他のユーザーに2台目のコンピュータでそのソフトウェアを使用させることは、エンドユーザー使用許諾契約に違反します。
購入したソフトウェアは何台までのコンピュータにインストールできますか


2台のコンピューターまでOKなら、MacとWindowsでもOKなのかな?と思ったら同じページに書いてありました。

CS6製品のみ対象
Adobe Creative Cloud メンバーシップ / サブスクリプション製品では、MacおよびWindowsの両方をダウンロードし、プライマリーコンピュータとバックアップ用コンピュータとにインストールすることができます。その場合、ご自宅でMacを使い、職場ではWindowsを使っているような場合、両方に製品をインストールすることができますが、両方が同時に起動していないことを条件とします。
購入したソフトウェアは何台までのコンピュータにインストールできますか


それではAdobe Creative CloudはMacのBootCampの様な1台のコンピューターにMacとWindowsがインストールされている状況で、どちらのOSにもIllustratorやPhotoshopなどをインストールすることができるのでしょうか?

記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索