Bridge関連の記事一覧



Illustratorのバージョンダウン保存をしたら、落としたバージョンで開いて「別名で保存」しないとBridgeでの表示がおかしくなる


Illustrator使いの人で、知っている人は知っているのでしょうけど、えっそうなの?という事例があったので紹介します。


Adobe BridgeではIllustratorファイルを選択すると「アプリケーション」の項目に保存したIllustratorのバージョンが表示されます。

Illustrator CCからIllustrator CS6へバージョンダウンをした後に、そのファイルをIllustrator CS6で開いて保存しても、Bridgeでの「アプリケーション」の項目が「Illustrator CS6」にならないで、Illustrator CCのままになるというものです。


Bridgeの「アプリケーション」の項目を見て、バージョンを判定している方もいるでしょう。

この問題は「アプリケーション」の項目の信頼性にも関わるものです。


以下で実例を紹介します。

記事の続きを読む




ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索