DTP関連の記事一覧



20130721-印刷・インキのリッチブラックなどへの反応-00


先日書いた「「K=100は濃い灰色!」「リッチブラックはC90% M90% Y30% K100%」で印刷関係者が騒然」というブログ記事に、多く反響を頂き、はてなブックマークは680usersを超え(2013年7月21日現在)、30,000PVを超えたのでかなり驚いています。


有名サイトの記事で「これはちょっと違うのでは…」と思い、書き上げましたが、多くの人に届いて良かったです。


さて、色々反応を頂いているので、ピックアップして取り上げてみます。

反応はYahoo!リアルタイム検索で検索しました。


記事の続きを読む



20130715-K100は濃いグレー-00

Photoshopでやってしまいがちな10個の間違い」(PhotoshopVIP)で「K=100は黒ではありません」「K=100は濃い灰色」とあったので印刷関係者が騒然となった(一部)。


名指しはしていないけど、こちらのブログでも
K100%は「濃いグレー」か?

日本に限って言うならはっきりと、「いいえ。違います」
K100%はグレー???いいえ、「黒」です。それでもリッチブラックを使うなら… | やもめも

とある。(違ったらすみません)


そもそも、印刷会社が使用しているCMYKのインキは様々な色の傾向や特性があり、全く同じ色ではないということを理解しておかなければならないが、日本印刷技術協会(JAGAT)のJAGAT研究調査部 部長 郡司秀明氏の記事によれば、日本と欧米ではK(ブラック・スミ・黒)のインキの濃度がそもそも違うということを指摘している。
欧米のKの方が、日本より濃度が薄いのだ。
だから、PhotoshopVIPの記事の「K100は濃いグレー」というのは、「欧米では正しい」ことになる。
このため、下地の色が透けて見えない濃いブラックとしてのリッチブラックはC50、C60を含まないといけないと指摘されている。

欧米ではスミインキと言っても日本に比べて濃度が薄く下色をある程度透過するので、この彩度低下は日本ほど問題になりません。日本では「スミノセ」という言葉があるくらいですから、スミインキはスペードのエース並で、スミ下がどんな模様であろうと覆い隠してしまいますが、欧米では「リッチブラック」といってスミ下を処理しなくてはいけません。スミ下をC50〜60%くらいの平網にしないと、下地が透けて見えてしまうのです。だから欧米ではリッチブラックというスミ下処理も代表的なDTP常識と認識されています。
【カラマネ極意1】スミインキのインキ量がポイント - JAGAT


記事の続きを読む



20130605-DTP・印刷アンケート-01
出典:Voting by League of Women Voters of California


5月の最後にこんなツイートをしました。
なんというネット依存…(笑)。
まぁソーシャルメディアの力を信じてポストしたと言っても良いよね、今時なら (^-^;


すると数名からリプ(返信)が!
ありがとうございます!

記事の続きを読む



20130423-ビブロスフォントからOTFへ変換スクリプト-00

みなさん、ビブロスフォント(Biblos Font)使っていますか?

って使っている人はもはや古いQuarkXPressユーザーだけか…。
私も以前はお世話になりました。


ビブロスフォントですが、,澆燭い粉歐字が100まで使えて当時は「すげー」と思いました。
そのビブロスフォントを使ったデータを今度InDesignで組み直すときに、ビブロスフォントの丸数字をそのまま使うわけにはいかないので、Open Type Font(OTF:オープンタイプフォント)に置き換えようと思いました。

こんなの「検索と置換」で何とかなるかと思いましたが、なかなかうまくいかないのでInDesignのスクリプト(ExtendScript・JavaScript)を書くことにしました。

記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索