NICT関連の記事一覧



20170403-インターネット時刻合わせを日本標準時JSTのNTPに-00

朝、Windowsを起動したら時計が1時間早く進んでいてビックリしました。


確認してみると、Windows 10の標準で設定されている時刻合わせのサーバー(time.windows.com)に問題が発生しているようです。

この問題は、Windows標準ではない、日本の時刻合わせのサーバーに設定することで解決します。


早速、設定してみましょう。


●Windows 10でインターネット時刻のサーバーを変更する

Windows 10の設定画面では「時刻と言語」を開きます。

20170403-インターネット時刻合わせを日本標準時JSTのNTPに-01



次に下の方にある「日付、時刻、地域の追加設定」をクリックします。

20170403-インターネット時刻合わせを日本標準時JSTのNTPに-02



コントロールパネルが開くので「日付と時刻」をクリックします。

20170403-インターネット時刻合わせを日本標準時JSTのNTPに-03



タブを「インターネット時刻」に切り替え、「設定の変更」ボタンをクリックします。

20170403-インターネット時刻合わせを日本標準時JSTのNTPに-04



サーバーの欄に「ntp.nict.jp」と入力して「今すぐ更新」ボタンをクリックします。

このサーバーは「国立開発研究法人 情報通信研究機構(NICT)」のサーバーです。

20170403-インターネット時刻合わせを日本標準時JSTのNTPに-05



正常に同期されると時刻が正しくなります。

20170403-インターネット時刻合わせを日本標準時JSTのNTPに-06

以上です。



●Windows 7の場合の設定

なお、Windows 7での設定もNICTのページに掲載されています。

  1. [スタート]ボタン−[設定]−[コントロールパネル]でコントロールパネルを開きます。
  2. [時計言語および地域]をクリックします。
  3. [日付と時刻の設定]をクリックして、日付と時刻のプロパティを開きます。
  4. [インターネット時刻]タブから [設定の変更]で、[サーバ]に ntp.nict.jp と入力します。
  5. [OK]ボタンをクリックして、設定終了です。
NICT 公開 NTP サービス(NICT)



それでは、よいWindowsライフを。



●関連ページ

  • 公開NTP(日本標準時(JST)グループ)


NICTは馴染みがないかもしれませんが、電波時計と呼ばれる電波を使って時刻を合わせるための電波発信局も運営しているので、実は結構みなさん使っているのかもしれませんね。

記事の続きを読む




ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索