Windows8関連の記事一覧



20140507-OneDriveで今すぐ同期する-06

画像出典:Microsoft OneDrive(Microsoft)


Windows 8.1になって、OneDrive(旧名SkyDrive)が標準で使えるようになりました。(参考:SkyDriveがWindows 8.1で便利に/すぐにSkyDriveにデータをアップする方法

このOneDriveは、いわゆるクラウドにファイルを保管するサービスなのですが、以前は同期がすぐに始まらず、iPhoneやAndroidのアプリでOneDriveのフォルダーにファイルをアップロードしても、Surface Pro 2のOneDriveに同期されず、もどかしく思ったことも多々ありました。

20140507-OneDriveで今すぐ同期する-01

Windows 8.1になって、同期のタイミングは随分改善されましたけど、それでも「今すぐ同期をしたい!」と思う事もあるでしょう。

実はできます。

記事の続きを読む




Windows 7・Windows 8にはタスクバーの右端にポイントする(マウスカーソルを移動させる)と、画面上のウインドウが一時的に消えて、デスクトップを表示させる機能があります。

20140502-Windows7-デスクトップの表示-01


クリックではなくタスクバーの右端に移動させるだけで、その位置にマウスカーソルがある時だけウインドウが隠れます。

※クリックすると「一時的に」ではなくなります。もう一度クリックするとウインドウが戻ってきます。

20140502-Windows7-デスクトップの表示-02


この機能は「プレビュー」と呼ばれ、デスクトップが見れるので、壁紙やデスクトップ上のアイコンを見る機能…というわけではなく、ガジェットという機能があった時代に天気やカレンダーの予定をさっと見るための機能だったのです。

Mac OS Xのウィジェット表示をWindowsなりに再現したと思っています。

プレビューを使用してデスクトップを一時的に表示できます。この機能は、デスクトップ ガジェットやフォルダーをすばやく表示する場合や、開いているすべてのウィンドウをいったん最小化して再び復元したくない場合に便利です。
プレビューを使用してデスクトップを一時的にプレビューする

しかし、ガジェットはセキュリティ上の問題で廃止されたので、もはやこの機能は「壁紙を見る」「デスクトップ上にあるアイコンを見る」しか意味が無くなり、実用性はほとんどありません。(デスクトップ上のアイコンを見ても中身が見れるわけではないので)

このため、思わぬ時に右端にマウスカーソルが移動した際に「ウインドウが突然消えてしまう」という現象を停止させる方法を紹介します。突然ウインドウが消えるとビックリしますからね。

記事の続きを読む



ということでテンプレートのカスタマイズが非常に自由度が高く、テンプレートタグがMovable Typeにもの凄く似ているライブドアブログを使い始めてから10年が経ちました。

管理画面でブログを始めた日を見てみると、2004年 3月28日からとなっています(それ以前の日付のエントリーは日付を操作したのだと思う)。


そんなつきあいの長いライブドアブログですが、なんだかんだでライブドアブログで用意されたテンプレートを自分なりに修正して使用してきました。今まで自分の力で最初からテンプレートを作ったことがなかったのです。

最近はBootstrapで会社のページを作ることが多く、だんだん慣れてきたので、練習がてらライブドアブログもBootstrapで作ってみるか!と突然思って作ってみました。

20140423-ブログの新しいデザイン-09

画像出典:Bootstrap


ただ単にBootstrapでライブドアブログのテンプレートデザインを作るのも芸が無いので、bootmetroというWindows 8のModern UIっぽいCSSやウェブフォントを利用して作成してみました。

20140423-ブログの新しいデザイン-10

画像出典:bootmetro

記事の続きを読む



《対象はWindows 8.1 Update適用OSです》


Windowsを使っているユーザーで、タスクバーを上部に持ってきている人ってある程度いるのではないでしょうか。勝手な想像ですが、Macに触ったことあるユーザーであれば試してみる価値はあるかもしれません(特にWindows 7までは)。

20140416-タスクバー表示-01


先のWindows 8.1 Updateで、モダンアプリ(Windowsストアでインストールできる全画面型のアプリ)を使っていても、タスクバーを表示できる機能が搭載されました。

タスクバーを下にしている人はマウスカーソルを画面下端まで持ってくると、タスクバーが表示されます。


ではタスクバーを上にしている人はどうなのか。

記事の続きを読む



20140409-Windows81-Update-01

ということで4月9日の午前4時頃からWindows 8.1 UpdateというWindows 8.1からUpdateするプログラムが配布され始めました。いつものセキュリティー改善・ドライバーアップデートなどのWindows Updateと違って、OSの動作が色々変わるアップデート(更新)です。

ScreenClip


4月9日の朝に早速インストールしてみました。

再起動を含めたインストールが終わるまでの時間はダウンロードの時間を除けば大体20分でした。通常のWindows Updateの様な更新も他に含まれていたので、こんなもんでしょう。

記事の続きを読む



Windows 8には検索の機能が付いていますが、使ったことがある人がどのくらいいるか謎です(笑)。

でも、この検索の機能は意外と高機能で便利なのです。


Windows 8.1 Update適用したWindows 8マシンであればスタート画面の右上に虫眼鏡の検索アイコンが表示されているので、クリックすると、検索機能が使えます。(もしくはWindowsキー+QキーでもOK)


この検索機能はインストールされているアプリやドキュメントを検索できます。

試しに「ffftp」と入力してみます。私のSurface Pro 2にはFFFTPがインストールされているので、アプリが表示されました。

それも検索が終わると、検索結果にフォーカスが当たっているので、下の画面で言えばFFFTPのアイコンが選択された状態になります。そのままEnterキーを押すと、FFFTPが起動します。これは便利。

ScreenClip


インストールされているアプリを探すだけでなく、通常のインターネット検索もできます。

記事の続きを読む



20140314-Windows-Updateで邪魔な更新を消す-07

Windowsでは毎月Windows Updateがあり、セキュリティ機能の更新などが行われます。

さて、そのWindows Updateの画面ですが、こんな画面を見たことはないでしょうか(画面はWindows 8.1)。

「○個のオプションの更新プログラムが利用可能です」

20140314-Windows-Updateで邪魔な更新を消す-01


クリックして開いてみると、こんな感じで、Microsoft SliverlightやOSによってはBingデスクトップなどが表示されています。

そもそも最近はSliverlightは必要とされるシーンもあまりないので、インストールしなくても良いのですが、「○個のオプションの更新プログラムが利用可能です」と表示されていると、気になってしまいます。

20140314-Windows-Updateで邪魔な更新を消す-02


なので表示を消してしまいましょう!

手順は簡単です。


記事の続きを読む



20131215-Windows-ファイルの並び替え-00

私は仕事でも自宅でもWindowsを使うことが多いのですが、エクスプローラー(MacでいうFinder)でフォルダーを開いてファイルの並び替えをしようとしても、思った項目で並び替えができないことがあります。

例えばファイルの更新日時で並び替えをしたい場合など…。

今回は「並び替え」の項目に表示されていない場合の手順を紹介します。


※画面はWindows 8.1ですが、Windows Vista・Widnows 7でもほとんど同じです。

記事の続きを読む



20131208-Windows8-SkyDrive-00
画像出典:Windows8.1で新しくなったSkyDriveの保存先をmicroSDにする | Surface Online


みなさん、SkyDrive使っていますか?
SkyDriveとは、Microsoftが提供しているオンラインストレージです。いわゆるクラウドにデータを補完してくれるサービスです。


MicrosoftのSurface Pro 2を購入してSkyDrive 200GBを2年間無料で使える権利を手に入れてから、自宅のデータ環境を本格的にクラウドに溜める様にしています。

ブログ用の画像データ(主にスクリーンショット)や写真データなど、自宅のPCと、Surface Pro 2で編集するデータをクラウド環境に置いておくことで好きな時に編集作業ができる様になりました。


別にSurface Pro 2ユーザーではなくても、Microsoftに登録すれば、誰でも無料でSkyDriveが7GB使えるわけですが、Windows 8.1になって、SkyDriveが大幅に便利になったので、その良さを紹介しますね。

記事の続きを読む



ということでSurface Pro 2を購入しまして、もう3週間が経ちました(開封写真レポートはこちら)。

さて、Surface Pro 2にはデジタイザーペンという操作用のペンが付属してきます。
20131120-SurfacePro2のデジタイザーペンの代わり-01

このデジタイザーペンなのですが、Windows 8スタイルで使うWindowsアプリでは指でのタッチ操作を基本にして作成されていることが多いので、あまり必要ありません。あると便利なアプリもありますけどね。

ですが、デスクトップアプリ(いわゆる以前からあるWindowsのソフト)を使用する際には、UI(ユーザーインターフェイス:いわゆる操作画面)がマウスでの操作を基本としているので、クリックやタッチするパーツが画面上でかなり小さいことが多くあります。設定で、ある程度大きくすることができますが、パーツだけではなく他の部分も大きくなるので、情報を表示する領域自体がかなり小さくなってしまい、操作感が悪くなってしまいます。

このため、デスクトップアプリを使う場合にはデジタイザーペンが必須なのですが、本体内にデジタイザペンが内蔵できないのが難点です。
本体の脇の電源ポートに磁力でピタッと装着されるのは格好が良いのですが…
20131120-SurfacePro2のデジタイザーペンの代わり-10



いかんせん、カバンの中にSurface Pro 2を入れていると、電源ポートにデジタイザーペンを装着していても、外れてしまうのですよね…(外れないくらい強力に装着されたら普通の時に外れなくなってしまいますしね)。


デジタイザーペンが本体に内蔵できないので忘れてしまった!
先日そんな体験をしましたが、そんなときに代わりに使えるペンを偶然発見したので紹介します。


記事の続きを読む



ブログ著者

名前:(Google+のプロフィール)

ケータイ好き。ガジェットが好きでiPhoneやらAndroidなどを所有。Surface Pro 2も持っている。

お仕事は印刷会社で営業・広報活動・DTPオペなどをしています。要は何でも屋さんです。最近は印刷関連より、自社のウェブサイトを制作するお仕事がほとんど。使用しているCMSはMovable Type。

ブログ著者について

サイト内検索